Btn appstore Btn googleplay

新刊

最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法~

最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法~

7443d686 bd10 4fa7 8670 08aa13a31f2c

東村

啓発本をよく読んでいたけど最近は…

慢性的な疲労を解決するために、睡眠や運動、食事など、色々なアプローチがある。しかし、それでも改善しないということもあるでしょう。 そもそも、なぜそういうアプローチがあるのか。そもそも、なぜ現代人は疲労しているのか。「そもそも」から考えてみませんか。 そのフレームワークを知ると、疲労回復の手段が明確になります。一網打尽にしてやりましょう。

約6時間前

真説・佐山サトル タイガーマスクと呼ばれた男

真説・佐山サトル タイガーマスクと呼ばれた男

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

タイガーマスクとして一世を風靡したプロレスラーであり現在のMMA(総合格闘技)の礎を築いた佐山聡。系統的に言えば自分は佐山先生の孫弟子になるのだが、プロレス引退から総合格闘技「修斗」創設その「修斗」との決別に至る経緯は不明な点も数多くあるだけにその時代に多くを割いた本書は「いま、ここ」を知るにあたって貴重な一冊となった。 佐山聡に強く感じるその悲劇性とは ①プロレスラーとして天才であった ②総合格闘技を競技化しようとしたが天才由に時代の先を行き過ぎ理解されなかった ③そのコンセプトだけを換骨奪胎した疑似格闘技が登場 し社会現象までなってしまった ④発明者であったが経営者でなかった。 総合格闘技が全くない状態から競技化を推し進め一から作り出した、先人の努力にはここからの敬意を表する。オープンフィンガーグローブの特許を取っていれば今頃は・・・、修斗との決別にここまで触れたというか可視化されたのは初めてでは?もちろん真相は藪の中というか羅生門なのだが。 「第15章 修斗との決別」忘れたい過去であってもしっかり向き合う中井祐樹先生の「ぼくらはもう限界みたいな感じでした。全てを変えなきゃいけない時期に来ていた。新しい時代に行かなきゃいけないと思っていた。あのときぼくは若気の至りだったのですが、(佐山を)外すべきだと頑なになっていました。今でもとんでもないことをしたと思っています。だけど後悔はしていない。あのときはそうすべきだと考えていたからです。 ただ自分は先生を外すことに賛成した。それは言い続けなくてはならないと思っています」p.483 という覚悟にグッと来た。こうあるべき大人の姿勢を見習わねばと思うと同時に「いま、ここ」と立ち位置を確認した。

約9時間前

このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年

このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

おもむろに出てきた感のあるサリンジャーの短編集。これも9編で構成されていて内6編が「ライ麦畑で~」のサイド・ストーリーと後日談、1編がデビュー作、1編がデビュー二作目、最後の「ハプワース~」が作者が世に出した最後の作品、という構成。ホールデンとヴィンセントのコールフィールド兄弟を取り上げた6編の中には兄弟の後日談が含まれており、タイトル作の「このサンドイッチ~」にはヘミングウェイのような舞台設定とトーンを感じた。デビュー作と二作目については良くできている、というか上手すぎるかな、という感想。そして問題の最終作だが、これは「フラニーとズーイ」が代表作のグラース兄弟もので「ナイン・ストーリーズ」の「バナナフィッシュに~」の主人公である長兄が子供の頃に書いた手紙、という仕立てになっている。正直なところ長過ぎるし意味不明だし7歳の子供が書いた手紙にしては、という感じだし...でこれだけは正直なところかなり読みにくかった。こういう作品しか書けなくなったのであれば筆を折ったのもわからないでもないかな、というのが正直なところ。全体的には一通りサリンジャーのメジャー作を読んでいる人であればじゅうぶん楽しめる内容だと思います。

約9時間前

脳には妙なクセがある

脳には妙なクセがある

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

敬遠しがちな脳科学という学問を、身近な話題を取り上げて楽しく説明してくれる一冊 「ヒトの心は、脳回路を身体性から解放して得られた産物です」 なるほど!

約11時間前

07461343 e33e 4999 85ab 9a913ba0324aBa875266 6514 44ef b47f 93d47ed7e6a0Icon user placeholder 14
歪んだ波紋

歪んだ波紋

Eb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66a

(ㆀ˘・з・˘)

(c" ತ,_ತ)

短編集ではあるが、全ての話の登場人物が大手新聞社に繋がっており、新聞記者、また元新聞記者達が騙し騙され操り操られ、既存メディアと新しく出てきたネットメディアの喧嘩が心躍らせる。 新聞がネットニュースに殴られたかと思うと、次の話ではネットニュースが元新聞記者に殴られる。 最後の短編において、ラスト「記者は現場やで」の言葉に目を覚ました主人公の行く末も読みたいと思わされた。

約18時間前

Fafd6f3d 78f3 4fdc 93d0 c073cc2ad00a9bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13ed

集中力の落とし穴 森博嗣「集中力はいらない」

集中力はいらない

そもそも集中力とは何かという形而上的な話から始まり、常識的に考えられている集中力の概念をひっくり返すような内容でした。 まず1つのことに囚われすぎてしまう事に集中力の落とし穴があると著者は提起しています。それと同時に、複数のことを決めた時間の中で行うことは人間の性質的にも世の流れからも有効であると言っています。 特に印象に残る考えは、これからの人間世界にAIが入って来た時、真っ先に淘汰されるのが集中力を基本とした機械的な労働であることです。そして、人間に求められるのは集中力とは逆の分散的なマルチタスクであることです。現に、社会の中でおよそリーダーと呼ばれる立場の人間はこれができているそうです。

3日前

Cae080f4 0cd6 4474 8f44 c18c76bce3bdA940d353 4ee9 4397 b0f4 6d15ab731512Eb99d8be 08bd 483a a0cf b724a1456ac9Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9Dbd9413e d059 40e8 b24a d4cedc5e0fd9Icon user placeholderF5a1d64f b949 49a2 97d6 2c704537cff0 75

素敵なデザイン 甲斐みのり「お菓子の包み紙」

お菓子の包み紙

2018/8/17読了 紀伊国屋書店の包装紙に見覚えがあって、自分で持ってる本にも同じカバーを掛けてもらっていた。道理で見覚えがあるはずだ。安野光雅さんのデザインだとは知らなかった。 他にも資生堂の花椿ビスケット缶や銀座千疋屋の包装紙などメジャーなデザインのものから、地方の銘菓のものまで、色々な包み紙や手提げ袋、箱や缶などが収録されていて、見ていて楽しい。 山の上ホテルや金谷ホテルの紙袋がとても素敵なデザインだった。いつか行きたい。

2日前

A592e757 1ff2 451a b354 d2d0cf5402329b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935dIcon user placeholder33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad11315807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5deIcon user placeholder 12

漢詩とエッセイ 小津夜景「カモメの日の読書 漢詩と暮らす」

カモメの日の読書 漢詩と暮らす

最初本の題を見たときは内容どんなものだろうと思いましたが、少し面白そうな感じがあったので。著者は海外に住む日本の俳人。古今東西の漢詩を今の日本語に訳したり、漢詩の内容や漢詩を詠んだ人について説明したり、著者の日常のことを書いたりしています。漢詩が題材で取っ付きにくいかなと思いましたが、漢詩の訳や説明、著者のエッセイも柔らかくて面白い。そして著者は漢詩が大好きなんだろうなということが文章からにじみ出している感じがする。しかし冷静に見るとユニークな本だと思います。ちくまプリマー新書的な感じ。漢詩とエッセイ、そして色々なことへのリスペクトが詰まっている本。

2日前

仕事に傾ける熱 安野モヨコ「働きマン コミック 1-4巻セット」

働きマン コミック 1-4巻セット

お仕事漫画って結構ある方だと思うのですが、働きマンはそういうのとは違って、お仕事紹介ではなく、仕事に傾ける熱だったり、逆に仕事で失うものだったり…舞台は週刊誌でありながら、さまざまな仕事に共通するものを題材にしているので、実際に働いている方々には身に染みる思いで読むって場面も多いのではないかなと感じました。 また、結婚か仕事か(または、恋愛か仕事か)など、女性特有の悩みもあって、そこを言語化してくれてるので(友人の結婚式のシーンとか)…不意に自分はどうなるのか?と思い直させてきます。 でも、暗くなりがちな部分を主人公が打ち破ってくれます(恋人関係のウジウジはアレですけど笑)。

4日前

48909f13 5e9b 4772 8e48 1168c29c8e91A940d353 4ee9 4397 b0f4 6d15ab7315125f72718f e0f7 4273 8f67 eb5ecd35b91c7fc36ae6 39a3 435f b6b2 b56e7d6507e6Bd9c3047 95cb 4fc9 8849 25ba7cb544a6Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699db03e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d2200 8

結婚を意識 石井希尚「この人と結婚していいの?」

この人と結婚していいの?

27歳、付き合っている彼氏と結婚を意識しています。ということで買ってみた本。 面白い!! あー、分かる分かるの連続。 そうなんだよ、分かってくれないんだよ。 とか思いながら読破。 男性はいろいろ気遣わなきゃいけなくて大変ね。

4日前

Cae080f4 0cd6 4474 8f44 c18c76bce3bd9c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afdE1cb097e a132 49fe 8bba b9f1958ca525F51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d4F88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3Adf95fb0 70d1 40d5 988f 39699dd36aacEbc1bd3e 5501 4208 b0b2 dc02bdf61662 22

トリックスター 猪瀬直樹「ミカドと世紀末―王権の論理」

ミカドと世紀末―王権の論理

トリックスターを自認していた故山口と、後に無残な道化芝居を演じることになった猪瀬の対談。大帝であった明治天皇を補完する道化・影として大正天皇がいた。昭和天皇はどちらの役割も演じたヌエ的な存在であり、次の天皇は必然的に大正天皇の役割を担うだろうと予言されてます。確かに今上天皇は昭和を補完する役割を担ってきましたが、自ら引き受けたところが違うのではないか。そして生前退位は完全にこの二人の予想外であり、「恩赦というのは、天皇が死んだことによる」祝祭空間だという主張も根底から崩れてしまうのでした。さて平成の次は。

4日前

吹き替えよりも 太田直子「字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ」

字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ

2018/8/15読了 映画を映画館で観るのが好きだ。 吹き替えよりも字幕で観る方がより好きだ。 そんなわけで、字幕を付けてくれている翻訳者の方々の仕事に少なからず興味があったのだけど、この本は新書なので映画翻訳の基本的なことは押さえつつ、字幕の仕事現場で様々な立場でのアプローチ、「言葉」に対する拘りや発注者側からの意図的な改変などに納得しきれない現実なども書いてあって、どんな仕事も悩みは尽きないんだなーと面白く読みました。

4日前

Icon user placeholderC415a8f9 e461 40b8 80e0 f85c0cfd0715B3fd0ffa e716 4bd9 b3c4 c042a9d231240e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39cEdd4dd46 50d5 4ca7 a0bd 485a7e7e2e573e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be216d55b6 4975 4a24 a010 8a8358413949 27

文芸

真夜中のギャングたち

真夜中のギャングたち

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

柴田元幸さんの翻訳、というだけで手にとってみた。作者は南アフリカ出身の少し尖った感じの作家。別の作品を読んだことがあるがショートショートというか短いものだと1ページ、長くても5ページ程度の作品が特徴的な作家。本作品はタイトルそのままでノワールというか暗黒街の面々を主なテーマにしたショートショートが47編。リアルな物語というよりもどちらかというと幻想的な作風かと。個人的にはファンタジーが苦手なのでいまいち乗れなかったけども…面白い作品だったとは思う。

約9時間前

オーディンの末裔

オーディンの末裔

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

一作目が面白かったドイツのミステリ。評価が高かったみたいでいつの間にか邦訳も三作目まで出ていたのでとりあえず二作目を。ナチスの台頭で職場を追われたユダヤ人の敏腕警官が主人公。ゲルマン人と結婚していたので辛うじて強制収容所送りを免れていた主人公。前作でゲシュタポから連続殺人の捜査に協力を強制され、問題を解決しなければ殺される、解決しても秘密を知ったとして殺される、という状況から辛うじて逃れ、名前を変えて潜伏している。本作では潜伏に力を貸してくれている女医が強制収容所の医者をやっている別居中の夫を殺した容疑でゲシュタポに逮捕されてしまったため容疑を晴らすために奔走する、という話。ミステリとしても良くできているのだが敗戦間近のベルリンの雰囲気が実に良く書けていて素晴らしかった。三作目はついにソ連に占領されたベルリンが舞台のようで、これも早く読みたい。

約9時間前

コミック

つるまき町 夏時間

つるまき町 夏時間

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

chisato

旅好き

コマツシンヤさんの別の本を買う予定が見つからず、こちらを購入。今夏休み期間だし、ちょうどいいかなって笑 そしたらこれが大当たり!これから先、夏が来るたびに読み返したくなりそうな1冊でした。 主人公は小学生のミツル。彼の素直でおっちょこちょいでちょっと猪突猛進なところが原因で世界がピンチに! 別にドキドキハラハラの大冒険!と言うわけではないのですが、大人の目線からだと「いいよねー、夏休み!こんな夏休みが夢だったなぁ笑」なんて思ったり。なんだかあの頃の妄想がそのまま絵になってるみたいで、とても懐かしい感じがしました笑

1日前

E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59eDdd9403f f3d5 4a33 8d9e 8248de1fa986874d4fa5 381f 468b bbba b668c3c1826d

Icon twitter border Icon facebook border 本のニュースを配信中!

文庫

怖い絵

怖い絵

D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810

くろ

ミステリー小説、特に海外作品が好…

歴史の記録という点以外で元々美術作品に大して興味がなかったのですが、様々な絵画の作成過程やその画家の背景を元にした中野さんの語りがとても興味深く、違った角度で絵画というものを知るきっかけを与えてくれました。 この本を読んでいる最中に、折しもパリへ行く機会がありルーブルとオルセーに立ち寄ったのですが、美術館内で借りられるオーディオガイドによる解説より本書解説のが幾分役に立ちました。 旅行好きなので有名作品に触れる機会が度々あるのですが、本書のおかげで絵画の楽しみ方を学ぶことができ、人生が少しばかり豊かになった気さえします。

約1時間前

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac8993b6a4 f119 42f0 8d92 9761a0f04c1dBb0b5db3 204b 486f a93b 668539339fe3 21
身体能力を高める「和の所作」

身体能力を高める「和の所作」

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

「体」についてたくさんのアプローチがされている現代、つまりそれは、「体を使う」ことが下手くそだということの裏返しのように感じる。 室町時代から現代に続く体系化された所作からも、沢山のことが学べる。 薄めの本だが、中身は濃い。

約7時間前

24249490 c6b8 4eef a753 5e6fc02be7393fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b
太陽の塔

太陽の塔

1e251ad4 6e1a 4aaf be54 1a999663ecf7

Takateru Sasaki

雑食です。

この本の帯にもあるよう、まさしく全ての失恋男子に捧ぐ本であろう。 この主人公は実にアホである。また、友人もアホであり、そんな彼らの日々にニヤニヤさせられるのであるが時折自分もそうであったなぁと思わされる。 しかし、そんな彼らも悩み考え必死に生きているのである。 ぜひ読み終えた後には冒頭の二文を読み直して欲しい。そして最後には「男でよかった」と思うのではないであろうか。

約9時間前

Icon user placeholder7dd9c019 9e7f 48f4 9295 4b1b5e2f4635A44b76da 93a8 4762 b65d 75360242e4dd 97

新書

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa

高橋太介

最近読書の素晴らしさに気がつき、…

表題の通りであることは間違いありません。『嫌われる勇気』以前に出た入門書の位置付けだと解釈しました。 内容は非常に明快で予備知識なしでも難なく読むことが出来ます。学問ということでとっつきにくいと感じる方もいらっしゃるでしょうが、一読の価値がある一冊であることに間違いありません。

4日前

F64adade 26bd 472c ac66 0aa7661a28f07a773f20 16b4 4863 823f 2f9b203983b64375b273 a374 4f98 8c20 cb4fb3e16ea5 20
昭和の怪物 七つの謎

昭和の怪物 七つの謎

Eb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66a

(ㆀ˘・з・˘)

(c" ತ,_ತ)

東條英機も石原莞爾も吉田茂も充分に怪物だが、一番謎めいているように思えた瀬島龍三が、その謎多き怪しげな存在感故に、この中では一番怪物に思えた。 また、理由はどうあれ東條のような人間に国を任せたことは、本当に悲劇であり笑えない喜劇であると感じた。 二度とあってはならない。

5日前

33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892faIcon user placeholder
哲学の謎

哲学の謎

Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09

こんにャく

( ¨̮ )

会話形式で話が進んでいくので読みやすいし、軽めに読める。 これを読んでると、視覚や感覚を考えるとキリがないことに気付かされるし、考えると面白い

6日前

1d5586ae 5320 49a4 909a 337ef92532aaC9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892faA9dc6633 f1a2 499f 9323 2b97ee39c315 20

ビジネス

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

A9504c83 10b8 4512 a256 3f075c9db531

Yoshi Yasumoto

本を読むこと、勉強する事に逃げて…

ファイナンスはわかったようで、未だにわからないと思うスキル。実務で使うことが少ないからなのか。 考え方はすごく同意。でも、自分はまだまだPL脳だ。 特別付録の「これだけは押さえておきたい!会計とファイナンスの基礎とポイント」はとてもわかりやすいと思います。

1日前

暮らし

やらない理由

やらない理由

E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c

toko

最近読書量が落ちてるのが悩み

挫折ではない。やらないことにより、損失を防いだという英断なのだ。素晴らしい一冊!

8日前