伊藤永之介の本

(100)朝

(100)朝 田山花袋

『そばの花咲く頃』は作中で時間的な朝の景色は表れないのだが、それでもこのテーマで選ばれたその意味が粋。