木下昌輝の本

まむし三代記

まむし三代記 木下昌輝

斎藤道三の祖父、父、道三本人の三代記の体を取ったフィクション。日本全国を立ちどころに滅ぼすこともできるという武器「国滅ぼし」を三代の親子がいかに用いたのかを解き明かしていく。 みたいな感じの内容なんですが、語彙が少なく、文章が稚拙で、構成は強引。伏線の張り方も雑なので「国滅ぼし」が何なのかは中盤くらいで勘付いてしまいます。読むには値しませんでした。本当に綿密に時代考証が行われた、司馬遼太郎や井上靖的な斎藤道三小説があれば読んでみたいです。ありましたっけ?

金剛の塔

金剛の塔 木下昌輝

ありきたりな歴史小説ではなかった。 謎は謎のままであるのが面白かった。

絵金、闇を塗る

絵金、闇を塗る 木下昌輝

この異様な人物が実在の人物だったとは…… 絵金の生涯ではなく、絵金の絵に噛みつかれた人達の話です。 血飛沫を描いた残酷絵で、いったい天才絵師は何を私達に伝えようとしたのか。 「後世に残るのは作品ではなく、絵を見た人の心に残る」のだそうです。 暗闇と蝋燭に映し出されて、本物の絵になるという不思議な作品。現在、お祭りもやっているそうなので見に行きたいです。

決戦!関ヶ原

決戦!関ヶ原 葉室麟

2019/05/31 読了 『歴史・時代小説縦横無尽の読みくらべガイド』からの選書。関ヶ原の色々な切り口が面白い。お気に入りは木下昌輝の「怪僧恵瓊」。対する葉室麟の「孤狼なり」が三成側の解釈。映画「関ヶ原」のシーンが頭の中を駆け巡った。

人魚ノ肉

人魚ノ肉 木下昌輝

無さそうな話が、 ありそうに書かれています。 坂本龍馬が人魚の肉を食べたなら! こうなるんでしょうか?

宇喜多の捨て嫁

宇喜多の捨て嫁 木下昌輝

戦国の梟雄として名高い宇喜多直家の生涯を描いた連作短編集。貴重な宇喜多モノである。 宇喜多直家は戦国マニア的には有名人だけど、悪名の方が名高くて、一般層への浸透はイマイチ。大河ドラマの『軍師官兵衛』では、陣内孝則が演じてたよね。 権謀術数を駆使し、身内すらも使い捨てるその生き様は、決して最初から望んだものではなく、一族が生き残るための最善手を選び続けた因果なのだと判る。 傷口から血膿が絶えず滲み出てくる業病に取り憑かれながらも、最後まで貫く無双の抜刀術の冴えが哀しい。

8
秀吉の活

秀吉の活 木下昌輝

就職、結婚、転機…キャリアとライフステージと言う珍しい観点から、迷い悩む"凡人"秀吉の生涯を描いた意欲作。 いかに単に"生きる"のではなく"活きる"のか。 戦国武将と言う生き方にうんざりし、引退に憧れながらも、信長の死によって逃げる事が出来なくなり、天下人の責務を果たしつつもを徐々に歪んでいく悲哀。 秀吉の非常に現代的な描き方だが、こう言う一面もあった人なのだろうなぁと思わせる説得力がある。

天下一の軽口男

天下一の軽口男 木下昌輝

上方落語の祖とも言われる米沢彦八の物語。 こちらを原作とした舞台が上演されると聞き、 先に舞台版を観劇したのですが、 どちらも趣が全く違って。 舞台が彦八の半生といった感じで、 原作は正に一代記。 大衆の為の笑いを目指した彦八の物語が 換骨奪胎され、 更に大衆の為の舞台になったのだなぁと しみじみ思いました。

宇喜多の楽土

宇喜多の楽土 木下昌輝

作者のデビュー作「宇喜多の捨て嫁」が面白かったので続編を手に取ってみた。前作で父親が権謀術数の限りを尽くして築いた五十万石超を若くして引き継いだ息子を主人公に据えた本作。強大な隣国毛利に対抗するため秀吉の傘下に入り秀吉の養女である前田利家の娘と結婚し果ては大老の一人に取り立てられるなど外向きの栄達の裏で味わう苦悩が描かれている。全体的には心優しく英邁な主人公が父親が目指した流浪の民も安心して暮らせる楽土を実現するために苦悩し続けた様が好意的に描かれている。史実を踏まえるといろいろ突っ込みどころはあるものの小説としては優れていて面白かった。それにしても関ヶ原で西軍の主力として戦った結果、八丈島に流された宇喜多一族を縁が切れたにも関わらず明治になるまで支援し続けた前田家は立派。

10
決戦!新選組

決戦!新選組 葉室麟

士道に殉じた壬生浪たちを描く、六人の作家による競作長編!

宇喜多の捨て嫁

宇喜多の捨て嫁 木下昌輝

同時代の梟雄には例えば松永弾正がいて、こちらは気軽に領民を燃やしたりするので全く洒落にならないのだけれど、どうやら直家はノリが違うなと感じた。 理不尽な死を強いることの方がずっと多かった時代に、とことん「死」に意味を押し込めた武将だったのかなと思った。 持ち切れないほどの非業を噴き出しながら毒を喰らい続けた戦国の梟雄、宇喜多直家は静かに格好良かった。 ただ、この人の親戚にだけは死んでもなりたくない。

11
天下一の軽口男

天下一の軽口男 木下昌輝

「宇喜多の捨て嫁」が非常に良かった作者の作品だったので手にとってみた。宇喜多の〜、が重苦しくダークな作風だったが本作は上方落語の始祖を扱ったこともあり軽妙な作品に仕上がっている。 主人公が笑いを追求しようと思った動機、江戸と大阪の芸風の違い、芸人同士の足の引っ張りあいや話芸の追求など、どれも素晴らしく巧みに描かれていて素晴らしい。 力のある作者ということが分かったので他の作品も読んでみたいと思った。これはおすすめ。