岡本綺堂の本

玉藻の前

玉藻の前 岡本綺堂

藻は色んな男をたぶらかしてこの世を掻き回そうとしているけど、そんな中でも千枝まへの恋心(恋心なんてかわいいものじゃないが)がまさってしまうのが妖怪ながらもいじらしいものを感じましたー 千枝松も師匠と藻の間で揺らぎながら最後は藻を失ってしまったことを後悔する…とても切ないです。 殺生石のシーンは岡本綺堂お得意の心中ですね(あの場面で2人は永遠に一緒になれたと捉えるべきでしょうか?) これは怪奇小説ではなく恋愛小説だと私は思います

半七捕物帳 01 お文の魂

半七捕物帳 01 お文の魂 岡本綺堂

派手な立ち回りはないが、江戸の風情を折り込みながら、大川の様に流れていくものがたり。

中国怪奇小説集 新装版

中国怪奇小説集 新装版 岡本綺堂

夜な夜な集まって、一人一人が、お話を披露する構成。中国古典の怖い話や不思議な話がたくさん。優れた作品!おもしろいよ。読んでみて!