村西てんがの本

教え子がAV女優、監督はボク。(1)

教え子がAV女優、監督はボク。(1) 村西てんが

高校教師をやめた西寺先生 元々映画が好きで昔は撮るのもやった事がある 友人に再会して彼の会社を手伝う事にしたが AV撮影の会社だった 生活のために働くことにしたが そこへ元教え子で休学した久原さんが働きにきた 久原さんはいい子だけど 内面には今まで気付かなかった部分があったようだ AV業界は自分には縁のない世界だけど こんな世界もあるんだと勉強になった