安生正の本

レッドリスト 絶滅進化論

レッドリスト 絶滅進化論 安生正

バイオハザード的展開を期待して購入。 中盤?まで読み進めても中々敵が現れず、方向違う事に気付く。 序盤、中盤部分はサラッと終わらせてほしかった。 災害に見舞われる焦りや恐怖を煽る描写が期待していた程無かったのが残念。 扱うテーマは身近でリアルな割に、読後に残る印象が薄く感じた。

ゼロの激震

ゼロの激震 安生正

作者のゼロシリーズ三作目です。タイトルにゼロが付くだけで、それぞれ別の話なので、どれから読んでも大丈夫です。 今作は関東地方で突如として火山活動が発生し、東京に迫る噴火の危機に立ち向かう男たちの信念と誇りが描かれています。ただのパニック小説ではなく、なぜ火山活動が起きたのかという謎を解き明かす話も同時進行していきます。 主要な登場人物に女性はおらず、男臭く、熱い物語です。「俺たちにしかできない」という使命感で、自らの命すら顧みずに進む(中年)男たちの生き様に痺れます。 印象的なシーンが多く、ぜひ映像化してもらいたい作品です。

生存者ゼロ

生存者ゼロ 安生正

第11回このミステリーがすごい!大賞受賞作です。 よくあるパンデミック作品と思いきや、なんと!そうだったのかーと、思わず声をあげる展開に。 対処方法が分かるまでは本を閉じられない!と、一気読み。 登場人物はアニメ並みに濃く、怒涛の展開の中でもブレる事なく読みやすい。 映像にすると、エグいかなぁ。。。

11
生存者ゼロ

生存者ゼロ 安生正

パニック小説と言うのでしょうか。 何が起こるのか、どうなるのか展開が気になって一気読みでした。 結末は絶対言ってはいけません!

45