岩崎航の本

震えたのは

震えたのは 岩崎航

強がる弱さを捨て 弱みを恥じぬ強さがここにはある。 あとがきでコロナに触れる本も増えてきました。 この時期だからこそ読む本もあります。 是非、旬を手に取って欲しい。 筋ジストロフィーと共に生きる岩崎さんの詩は、堂々としていて真っ直ぐ心に入ります。

いのちの花、希望のうた

いのちの花、希望のうた 岩崎健一

傍らに置きたいほん。 哀しいとき、行き詰まったときに、ちからを もらっています。 自分が大事にしているひとにも贈りたい!