穂村弘の本

絵本の冒険 「絵」と「ことば」で楽しむ

絵本の冒険 「絵」と「ことば」で楽しむ 小野明

0148 2019/10/03読了 絵本を描くのが一番難しいかもしれない。子供騙しなんて通じないし、見開きで15ページほどの本でも細かい設定必要だし、子供が飽きずにずっと見てられる本ってとても難しいと思う。 しかし親が(大人が)買えば売れるという…。 絵本はしばらく読んでないけど、はじめてのおつかいはまた読み直したくなった。 当時は深く考えながら読んでいなかったから、この本の中で4ページほどだけど読み込んでいるのを見て、気になった。 冒頭の五味さんと荒井さんの対談も面白かった。この2人の絵本もよく読んでいたなあ。 祖父江さんの文字の絵本も気になる。 「ふ」、たしかに書き方たくさんあるから悩む。

これから泳ぎにいきませんか: 穂村弘の書評集

これから泳ぎにいきませんか: 穂村弘の書評集 穂村弘

穂村弘さんの書評集。週刊文春で月に1回載っている穂村さんの書評を何回か読んだことがあり、この本も面白いだろうなと。僕は前のめりな気分でこの本を読みました。書評が曲芸的で、展開が全然予想できない。「この説明だから、こういう結末になるんだろうな」とか考えて読んでいる余裕がない。どこにたどり着くのかわからないスリリングな感じ。最後まで穂村さんに主導権を握られているな、という気分にも。色々書きましたが難しい本ではないと思います。読みやすい。けれどもこの本は読みごたえも内容もかなり凄いのではないかと。

15
現実入門

現実入門 穂村弘

自分が体験した中にちょいちょい出てくる妄想が面白い

蚊がいる

蚊がいる 穂村弘

自分が言葉にできないもどかしい部分が、穂村さんの言葉になってもう一度自分に共鳴している気分。思ったことをそのまま書いている、あー分かる。だったり、それは分からないな。だったり。

15
猫なんて!

猫なんて! 角田光代

総勢47名の作家による猫話 猫との距離感、間合いがそれぞれでおもしろい 犬派ですが、猫もいいなあ… なんて笑

9
鳥肌が

鳥肌が 穂村弘

ようやく読了。いつも穂村さんのエッセイは同じ感想になるんですが、言葉にしにくい感覚をここまで適切な言葉に置き換えて表現しているのがすごい!今回も頷きまくり。 何時間、何日もかけて繊細に作られた切り絵作品がテレビで紹介されているのを見ると、自分が手渡された時グシャッとしたい衝動に駆られるんじゃないかって、ソワソワします。出演者の方々は自分フラグを抑えているのかなぁ。どうだろう。

20
君がいない夜のごはん

君がいない夜のごはん 穂村弘

かっこいい食べ物ってなんだろう に対して、思わず本を閉じて自分で考えてしまった。かわいい食べ物は想像できるけどかっこいい食べ物って難しいなあ。 考えれば考えるほど、しょうもないかもしれないけど、人生は楽しいと思える本でした。

〆切本2

〆切本2 森鷗外

作家の〆切と家族との係わりなど、前回とはまた違った切り口で面白かったです。子母澤寛の文章に猿出てくるの、なんかの比喩かと思ったらほんとに猿飼ってた

10
暗黒グリム童話集

暗黒グリム童話集 多和田葉子

童話といいながら さすがに子供には読ませられない内容でした 暗黒って言ってますもんねぇ

8
人魚猛獣説

人魚猛獣説 穂村弘

とにかくおもしろい。皆さんの短歌センスある〜すごい。 フレンドリーの偏差値、わかるなぁ。最初は「こんにちは」って言ってくる店員さんに戸惑うよね。。。 ココアのための十五キロが輝いているという話、ほむほむ節炸裂な解説でとてもわかりやすかった。 自分じゃ言葉にできない、センスで感じ取っているような部分をいつもバチっと言葉にしてくれていてとても心地よいです。 もはやスタバ上級者な穂村さんがちょっと感慨深いです。

もしもし、運命の人ですか。

もしもし、運命の人ですか。 穂村弘

ほむほむの思考の内、恋に特化したものだけを覗けるエッセイ集。おもしろい。かなりマニアックで個人的な部分をついている。フィクションかノンフィクションかは分からないけれど、私だったら、ここまで他人に覗かれたら恥ずかしい。

19
はじめての短歌

はじめての短歌 穂村弘

エッセイで穂村さんに出会い、穂村さんの短歌とは何なんだろうと思って手に取った本。 すごく読みやすい!スルスルと読めてしまって、面白かった。なんだか自分にも短歌の気持ちが備わった気がした。 言葉にできるようでできない、生きることと生き延びることの違い、この本について人に説明しようとしても私には言葉にはできなかった。 なので是非読んでみて欲しい。

18
美容文藝誌 髪とアタシ

美容文藝誌 髪とアタシ ミネシンゴ

弊社の髪とアタシ第4刊。 特集は「BAD HAIR」です。 髪にまつわるたくさんの話を聞いてたら104Pになりました。 カルチャー色が強まった第4刊、よろしくお願いします。