新着

51tdvd5svol

私好みのグロさ。虫が苦手な人にはオススメはしません。

41k7dymdbtl

名美が手に入らず、これだけ見た。 後味の悪さ、女の魔術

51rh5rbup%2bl

何かしらの事象を解釈するとき、ロジック・ファクト・数字によって理解をする必要性を一貫して説いた本。 そしてそのような"本物の思考力"は、人とのコミュニケーション、長年淘汰されることなく市場に残り続けている偉大な古典をはじめとする本、そして旅によって身に付くという。 近年問題化されるている長時間労働の原因は、戦後製造業でアメリカに追随しようとしてきていた高度経済成長期の労働形態が根付いてしまっているからだとのこと。 上記の問題をはじめ、日本の国際競争力の低下や社会保障制度についても、仕組み一つで中長期的には抜本的な改善が見込まれるというのが著者の考えである。 いずれの場合もradicalかつsimpleに本質を捉えている筆者らしい論説であると感じるとともに、そのような思考方法を身に付けなければとの思いに駆られた。

51e3e77j9hl

日本という国の存続が不安になる。全てを信じるには自身の知恵が足りないが、知恵をつけ、何が本当なのか、自分自身で見極めなければならない。

41nec0rcskl

「ワム!の〈ラスト・クリスマス〉をゴーストライターとして作曲したいという日本人がいるんです」、その事実を追い求めるノンフィクション風小説。とっても面白かった!音楽好きな本好きにオススメです!

41631c2jsel

完全な恋愛小説ではないけれど、きゅんとしたり涙が流れたり、切なくて苦しくなったり、いろいろと考えさせられたり。読みがいのある一冊でした。

Ee0afcc0 4d0a 4ebf 966d 9cd1e480d48a42efc644 a74b 4417 9cb6 591a185787dcE7b02377 24b8 4102 a5af b06d83291547
51 dhtit8kl

さすが、ロングセラー!伝えたいことがシンプルにまとめられています。自身のミニマリスト生活に役立てたいと思います。

C2febbcc 4b82 467d 906a b7ec91b4e49547447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55F1b968dd cc5a 433a 8632 090204ea5fa3
41uvnamb9jl

なるほどなと感心する感じの作品 主人公の大路さん元ミュージャンなのに性格面で親近感が湧く

51xopav6udl

映画は創るもので売るものではない、と考えていたが、あまりに浅はかなことに気付かされた。もののけ姫がとんでもない興行収入をおさめたが、ご当地ごとの宣伝をしたりするプロデュースが背景にあったのだ。 映画プロデューサーという仕事がこれほどまで映画に影響を及ぼすのか、知ることができて良かった。

C2989750 b708 44a7 8e24 715bfdb978c37cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa541c99d01 a47b 4885 bf48 5bcbf83debe2
51bgp jhpzl

M中先生のHPにあったので、さっそく購入。これはもうテーマだけで、面白いだろうと直感。日本語訳も読みやすいっす。 --- さきほど読了。註釈が全体の1/3を占めるのは?だけど、それなりに面白かった。

9a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093Maman putain6 normal6bcc80d6 103b 4757 8705 6b5c52e76b7b8e1ddf2c 72c3 4b5c bf9b 8244c0c8f9b7A73a0f26 27a7 49dd 901a 667fc76114b9
61jbhavxuxl

ホームズ色の強い読本でした。 『バースデーの夜に』の店長の頭ポン、がほのぼのしていいなーと。年齢の割に大人すぎるホームズの「子ども」な面がチラ見えで。

51rzwdh%2b5nl

中学生は いちばん微妙な年齢で イジメも 自分はやりたくないけど みんなと足踏みそろえないと 標的が自分になってしまうから みんなと同じようにしてしまう 夜だけ化け物になってしまう あっちーも クラスの嫌われ者の矢野さんに バレてから 夜だけの友達になって 友達になればなるほど 昼間の自分と夜の自分の違いに悩み始める ほんのちょっとの勇気で ほんとの自分でいられる、正しい自分でいられるんだけど 狭い世界の中で イジメに耐えるのは なかなか大変なことだと思う

90cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8aC3369fa1 ad1f 45d3 809f 260e13a5fbdb239f4c4d 98d6 4af3 97ed 749e32b111ecBb6260b0 aeac 40ea 8bfb 40feab30df2cC9d3ecda e237 4c6e 8047 5fc4b5307b53Ffd5fefc 5b3f 40e0 989f 3095febea780Ad228ae1 9d47 4d0b 9b0b b9896aacfca9 37
41bx0fuafil

イスラエルに住むユダヤ人の小説家、エトガル・ケレットの、息子が誕生してからの7年間を綴ったエッセイ。 テロが続くテルアビブでの生活。それでも彼の筆に悲惨さはなく、温かさやユーモアで溢れて、楽しく読めた。ミサイルが落ちてきて伏せなければならない場面では妻と子供とパストラミ・サンドイッチごっこをする、等。 イスラエル、ユダヤ人、これまで自分はどこか色眼鏡で見ていた気がするが、そこにも日常がある、そんな当たり前のことにも気付かされた。 舌のガンで、数ヶ月の延命になる化学療法と、成功率が低い上、成功しても苦痛を伴う切除手術を提示されたケレットの父は迷わず切除手術を選ぶ。その時の台詞にグッときた。 「わしは人生を愛しとる。もし人生の質が良ければそりゃ結構。質が悪けりゃ、それはそれで仕方ない。えり好みはせんよ。」

E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59e88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3cCfc6598d c915 4739 9e9b 7ccd367d7ca9C71cc80d e588 4c3b 80f5 85c8b62b389dD487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f98699418fda1 aaae 4a9b a72c 09f9386830449b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 12
61qqdty2bql

なんかストーリーが、どっかの童話っぽい気がして。 いいマンガだけれど、版が小さくて字が読みづらいのが困ったところ。 年寄りにはキツイぜよぉ。(笑)

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e19c8c8cfe 3a93 40ed ba26 46e1ada38306B0948682 fb76 460b ab9a 2d813f086c1e4cb42ad7 d553 48e0 adfd e602f4cccfa36c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626bE829a2b0 dcc1 4eaa 879f 53e0982a8bc7E505536c 2a3d 4a1d b718 98a7201cd928 9
31sbybl7gfl

これまで読んだ恋愛小説の中で、一番ぐっときた。この人の文体が合うんだろうな。ま、人それぞれだ。

51jzpjud7 l

短編と短編の繋ぎ方がなんとも絶妙で、長編を読んでいるようでした。これに連なる、連作小説「鏡の花」読むのが楽しみになりました。

31nn%2bdervsl

こんな会話する中学生おらん。大学生ならなんとか。悪くはないけど。 ---- さきほど読了。最後は少し泣けた。なかなか良いです。

458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c268ccd10b c5d4 43a4 a518 816c05b071dfA0cdfa53 e259 4f1c 96c0 2fe3163259e15efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5fB57f11c6 acb1 407b a113 99c31b7fb7ea2269fd78 70c6 4cd3 964d 71156b40eb8dD41068d7 ce14 4c37 9bcb 46deb28e8826 9
41vpsy7duul

強く、強く生きたいと切に願う

51dvgae6ftl

少し前の作品の雰囲気を感じつつ、読み終わったあとに今まで味わった事のないような気持ちになりました。 今までは物語に共感の様なものを受け取ってその空気に居心地の良さを感じていましたが、今作は作者に具体的に個人的に励まされた気持ちになり、不意を突かれたようでなんだか泣けてきました。

Fde97e63 084b 420f 83e6 70a12951ba1bF3143f54 537d 40eb afda 6015c83d8d86Fa1c9161 7df5 436b a6c6 a82075dd37943bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc662Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd7d39bca3 0899 4b2b bac7 f4ebfb2e29db55835a67 3b1f 41cf bd64 5485196d434c 54
51elx3%2be80l

穏やかなのですが、凛とした強さがある小説。今の自分がやっていることは無駄ではないと後押ししてくれる、美しい小説だと思います。

80c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f6930794fee9 42fa 41ca 8766 63230b8d1a3354b61ab2 431f 4207 86f5 192676cadd173bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc662F3784693 6bf0 4c24 a78c 01ce22fe97668b21d536 8a5d 457e ae55 24cd1f5026d4Bf4e2ee2 617d 4a6a a4b6 639432801b62 104
次のページ