新着

百貨の魔法

百貨の魔法 村山早紀

連作短編集 「桜風堂ものがたり」の姉妹作 幼いころからある場所が たくさんの人々の思い出になっているのに 時代の流れで 存続が難しくなって そこで働く人達の努力だけじゃどうにもならない時がある だけど 本作の中の 魔法の猫のように 夢のような奇跡を願うなら 素敵な場所は残してあげたいなぁ

4e07ff7e ee03 4f33 b077 dabc26cee278014253d4 6080 4951 9119 24735184a6960f28473c 3252 477d 8948 35ddae9277ae27714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c08747837d0d2 4f51 4354 ae4c 60c046b1cb5b
か「」く「」し「」ご「」と「

か「」く「」し「」ご「」と「 住野よる

人の心の動きを、それぞれの形で察知する能力を持った5人のお話。心の全てが分かるわけではなく、むしろ知ってしまうことにより逆にもどかしい青春が展開されます。 裏面のQRコードは、先に確認することをオススメします。

6a5f817b bfc9 4d14 b154 5a6e79a3ee9cFa8448b4 f8b2 42e4 96c9 25345ba78bb7Deacc136 9e16 4020 aabe 38676499e2b0Ad47faf1 f79d 468f 9bd2 444ce25056feA837d294 39a7 490f 84c6 f331de32340d301f23c6 d1f9 4b6f bbfb 0eee52d3a7f89e66700e 2e7e 41db aeeb c94aa48d43a9 61
本日は、お日柄もよく

本日は、お日柄もよく 原田マハ

大好きな本に出逢いました。 もし読むか悩んでいるなら 今すぐ読んでほしい。 『ことば』 が持つ可能性をあらためて 感じることのできた作品でした。 良くも悪くも。 そして、OLがひょんなことから スピーチライターという道を進んでいく ほっこりあたたかく 目頭が熱くなる感動の物語。 ここから下はメモです。 ネタバレがあるので見たい人だけ見てください。 スピーチは1人でも多くの聴衆の耳に入って初めてスピーチになる。1人でも多くの心をとらえてこそ、スピーチは完結する。 ・静 スピーチの原稿を始める時、スピーチをはじめるとき。心にこの文字を浮かべる。それが基本。 あくまでも、静かに、けれど心を打つ入り口を作る。 ・披露宴のスピーチはメモを読まない。 ゆっくりしゃべって5分 ・決して最後まで泣かないこと 言葉っていうのは魔物だ。 人を傷つけも、励ましもする。 聞くとは、話すことよりもずっとエネルギーがいる。だけどその分、話すための勇気を得られる。 聴衆に向かって最初に問いかけるのは、聞く者の興味を喚起するのに最も効果的なスピーチ手法 答えて欲しいことと真逆ここおをわざと問いかける ディベートのときは、できるだけ具体的に例を盛り込む 困難に向かい合ったとき、もうだめだ、と思ったとき、想像してみるといい。3時間後の君、涙がとまっている。二十四時間後の君、涙は乾いている。二日後の君、顔を上げている。三日後の君、歩き出している ほんとうに弱っている人には、誰かがそばにいて抱きしめるだけで、幾千の言葉の代わりになる。そして、ほんとうに歩き出そうとしている人には、誰かにかけてもらった言葉が何よりの励みになる。

9d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb1850d2cbd21 dd74 45aa b6f9 a0077e2bf824Icon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad11307ea0989 5b9b 4ff5 ab31 a9b038fff99bIcon user placeholderIcon user placeholder 139
雪国

雪国 川端康成

10代で読み、そのあまりにも有名な冒頭のみが記憶に残っていつの間にかこの作品の本質をどこかに置き忘れてしまっていた。若い感性で読むにはあまりにも成熟した小説であった。 で、今回再読して、なかなかこの小説を描写する言葉を持たない。日本的とか抒情的とか評したところでその本質を語ってはいない気がする。伝統美とか愛と宿命の哀しさとか、間違っていないまでも陳腐な形容の蒸し返しにすぎない。 できるなら、ある程度の経験を積み重ねた成熟した感性と、しかもまだ未知のものに対する貪欲さを失っていない未熟な感性を両方兼ね備えたタイミングで読みたい小説だ。早すぎることもなく、遅すぎることもなく。

Icon user placeholder78c1f2ef abd0 4abd 9b8e 0438493686509b18d833 ff64 4461 98e0 418d0b78ed2aA20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32B23ccc5f e7f6 46e0 bce1 20390055438c3a428398 5e4b 4ca2 8439 3add50ce7d302c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f86 30
チュベローズで待ってる AGE32

チュベローズで待ってる AGE32 加藤シゲアキ

12/15読了 チュベローズで待ってる AGE22 第1部から続いて、第2部。描き下ろしだからページ数多かったんだと最後まで読んで気付きました。 色々気になるところもあったし、展開が読めなくて、でもそれを考える暇が勿体無くてページを捲っていたら読み終わってた。もう少しゆっくり読めば良かった…なので、これから2回目をゆっくり落ち着いて読もうと思います。 これから読む方には、主要登場人物の相関図を見ないことをおすすめします。

桜の花の紅茶王子 11

桜の花の紅茶王子 11 山田南平

大好きだった紅茶王子の続編。 過去の人気作品の続編は多いけど、玉石混交、質はまちまち…悲しいことにただの既存ファン向けのつまらない作品も多い中、本作はかなりよくできてる!と思う。前作ファンのツボを押さえつつ、この作品としてもきちんと成り立っていて面白い。 山田南平の描く学校イベントがとにかく楽しそうなんだよね〜〜。紅茶王子では文化祭も体育祭も憧れだったなー。高校生男女のわちゃわちゃした感じも憧れ感と楽しそう感がイイ。 11巻ということで、佳境に入ってきましたが「人間になる」という切り札は前作で使ってしまったので、どのようにハッピーエンドに繋げるのか…。気になる。

蛇行する月

蛇行する月 桜木紫乃

2017/12/15 “幸せに”について戦う女性たちの話 私なりの幸せを探したい

Icon user placeholderA20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32142bcb0c 85db 42ee b120 28cb868483b8Icon user placeholder0b28d5ca 1fbf 4de9 a5e1 a2dcda9273d8429c8591 da90 4e12 a454 e5c09940abbf5da99c02 fdfe 4bcc b4d9 4fad765a56c0 9
チュベローズで待ってる AGE22

チュベローズで待ってる AGE22 加藤シゲアキ

12/13読了 週刊SPA!で連載されていたものに大幅な加筆修正を加えたという第1部は、約10ページ毎にタイトルが付いてるので、読みはじめやすいと思う。今日はここまで、って区切りをつけられる。(暇もないぐらい読みきってしまったけど) 私は、彼の小説を「ちゃんと読めた」のはこれが初めてで、正直読みきれていないピンクとグレーはこれから先もページを開かずにいると思う。ごめんなさい。 ジャニーズの、アイドルの、NEWSの、加藤シゲアキ。 そういうのを抜きにしてとりあえず手に取って、最初の9ページだけでも立ち読みしてほしい。ただホストになるだけなのか…きっと続きが気になります。

R帝国

R帝国 中村文則

2017.12.14 この国への痛烈な批判。中村さん、テーマが大きくなるにつれ、小説としての面白さが薄くなっていく印象が・・・

Icon user placeholderC6babf18 4a1d 4470 91fe 0ebd639a94d0Icon user placeholder7eea9519 6f57 41e9 a60b d25374c2ec9eE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc2074007b0a4b4f 15bb 459d 81b7 1f8ea60901d2F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 35
次のページ