新着

51bmlxtbpyl

青山さんらしい、フェティッシュ

51wthg3jaul

優しい、優しい物語。

E04ef991 bbd5 473a 8e42 8865ecad167723b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593A4a00c23 4740 4b7b b247 7658a77e7ab1A4ffc1e0 e632 4f8f 8fbb bff7e759bfa8Icon user placeholder94402930 96d7 44d6 83c9 dfab76562456279e4c3d 4f48 4384 87de 10f0379cd9fa 24
513s2ikzkrl

「こんなこと、あらへん」ってモノが出てくるけど、力技で読ませる。ハラハラドキドキなエンタテインメント。こら映画になるわ。敵が味方になって、味方が敵になる。車に詳しいと、より楽しめます。

51cxq7bxtfl

糸さんとペンギンさんの生活に、新しい家族が加わってより賑やかに。 異国への旅、日々の暮らし、そして愛しいあの子にきゅん、きゅん、きゅん。

34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60B2b65203 e353 46ce aa95 7343420197f2
518xfkxlvul

「エリート対人民」の構図から、国民投票の功罪、リベラルな排外主義などポピュリズムの特徴が理解できる 「大衆迎合主義」「人気取り政治」の一言では片付けられない

Aca0a973 32e8 4dc9 b7cb 8c43a57bcfad705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5Df666e33 81f5 42b6 822d cc89f9604ffbFc9e2477 6cde 48d2 afbf 55a354b6958d
51eqqehywjl

モンスター映画を優生学の観点から読み解く下りは非常に面白い。同じ方法でゾンビ映画も解読してほしい。

415gqphr34l

人生は偶然だけど必然で 何か得る為に何かを失う 逆もあり

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d54692462d e698 4e50 8343 f3ac63fbbe39F70eca95 2013 4a38 aa88 170ef7168a417f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f075657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b0138e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b182360558373 bd9b 4ace 80fd 49a13e1d6437 31
51mtofxaojl

謎解きでありながらリアルな人間味が最後の最後まで保たれている、この完成度に唸る

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d8975de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d620524815 481b 4956 91f7 1c1b547a5fcf8b7860a2 b7da 4034 8526 123aab367db522f9e151 9e48 475e 9cdf bf208c4feb8aC809003c 4098 417f b14a 9fff7f291423F3b5a593 5048 4cd4 a692 f53f11d2bcef 15
514bclhrzgl

あいだn

41ju89mlyll

昭和36年、用務員だった大島吾郎は塾の共同経営を赤坂千明から誘われます。本書は、夫婦となった吾郎と千明のおよそ半世紀の悪戦苦闘を描く家族三代の大河小説です。 この小説の第1の読みどころは、半世紀の中でめまぐるしく変わる文部省の教育政策に学習塾がどう対応してゆくかです。詰め込み教育への批判、ゆとり教育への転換、その方向修正の中で学習塾=家族は翻弄されてゆきます。 私事ですが、学生の頃、小さな学習塾でアルバイトをしていました。お父さんが塾長、お母さんが経理部長。朝は自分の子どもを学校に送り出し、昼は教室のメンテ、雑務、家事、夜は4時から9時近くまで授業、授業の後は父母からのクレーム処理、休日は補習授業や学力テストなどなど。一般の家庭とはかなり違う学習塾経営には、小説の題材になるようなネタはたくさんあるように思います。 本書も、夫婦間の葛藤、多忙ゆえの親子のすれ違いなど、学習塾を経営するために発生する問題を淡々と描写します。これが、第2の読みどころです。 個人的に気に入ったのは最終章。教育格差をめぐる青春小説といった印象です。最後の1ページは、ベタかもしれないけど、目頭が熱くなりました。吾郎と千明の人生が濃縮された秀逸なラストシーンと思います。 本書はハードカバーで472ページ。扱いにくい重さです。それでも読了後は登場人物と別れるのが辛くなりました。お勧めの★★★★。

07b27cb7 6c1f 4301 a6be e20e6e4d3122883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e040939620f395 e7c1 42bc 985b a7b96fc9b8ba24ee37b3 d336 4ae0 9ee6 87bc0b59a2560ba9c308 95c0 49cf 96cd 16a395c0bdd8Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001C884075b 2545 45fd bfa7 4779d2f2e5f4 43
51pxic2wh l

standで見つけた書籍、図書館にあったので借りて読む。「インターネット、こんなもんだっけ?」という閉塞感の何故についてのひとつの回答。夜明けにはまだまだ時間がかかる感じがするのは「権力者がニュースっぽいものを垂れ流したり相手を認めない」状況が大きく見えたからか。そして、メディアへの怒りを感じている人がしかしそれを肯定するように収益持たせているアイロニー。

8fbc0717 76b9 4e15 a15c 8aabb7a07a2aA7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a
516nywx90ql

こんなにも失うことが切ないなんて、なんと幸せなことだと思ったのだ、この一言につきる。

40fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf6528909bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8
61jltdklkml

2017/06/26 読了 和製異世界ファンタジー。出版されるのを楽しみに待っている本。とっても面白いのですが、出版されるまでの間が長いので、辛いものがありますね。もう一度、最初から読み返してみようと思います。 さて、今回は『雪哉』がなんだか「イヤなやつ」に思えてきました。

51szwu3tg1l

一気読みしてしまった。誉田哲也さんの傑作

65d881a7 fa14 4e34 b06b 2dfb907942bc84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b576cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5B44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f8243
516ozuuwhfl

コルトピさん…

51tmre278ml

私にとっての「スルメ本」である。これまで文庫を二冊、ハードカバーを一冊、そして今日、デジタル本を購入。今日は訳あって出張なんだけど、JR車中でガタゴト揺れながら読む、というのが一番相応しいような気がする。 はい、読了。何度読んでも良い。村上春樹の旅行記のなかで一番好き。

705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600bBe3807a6 ec38 42ae b99b 14e7294097deD12499a3 7577 4a9e 9ed0 5c28fedebfaf28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31
次のページ