Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41yznoo4tql

唯一の身内である母を突然亡くしたアキコは、永年勤めていた出版社を辞め、母親がやっていた食堂を改装し再オープンさせた。しまちゃんという、体育会系で気配りので... 続き

コメント

アキコとしまちゃんのように、日々真摯にお店と向きあうけど無理はしすぎない、こだわりすぎない、感情的になりすぎない、この良い力の入り具合がとても勉強になります。
良い力の出し方、抜き方を身につけていきたい。

やっぱりお店出したいなあ。

主人公が営むサンドウィッチショップでバイトしている、朴訥なんだけど可愛らしくて、気がきく働き者の「しまちゃん」みたいな女のひとになりたい

日々の暮らしやお店の在り方に迷い、戸惑いながらも、私はこのスタンスなんです!と胸を張れるのは並大抵のことじゃない。かっこいい。
ねこのたろちゃんがかわいくてかわいくて、、、後半はなみだなみだです。

かもめ食堂もそうだけど、映画などで先に観た後、面白くて原作を読んでみた。
食べ物も美味しそうで楽しい。
日常的な物語の中に、ハッとさせられる事が多く、自分の日常を振り返ってしまう。

ちょっと頑なでも、自分のペースで、自分の信じるようにやれたら。

猫のたろちゃんが死んじゃったあとの主人公の心のポッカリが、心当たりがありすぎて、おいおい泣いてしまった、、、お風呂場で読んでいてよかった…

職業とか趣味とかいろいろあるけど、将来どうしていこうか考えるきっかけのひとつになった。

どうしても食の物語に弱いみたい。主人公のように、自分の心地いいと思える仕事をして強く生きていきたい…と

アキコさんの日常に関わる全ての考え方がとても好き。肩の力を抜いて、ちょっとお気楽なくらいが、自然と力が湧き起こるのかもしれない。無理しなくったって、真っ直ぐに生きていれば、自然と自分の成すべきものが見つかるはず、と前向きになれる。

のほほんとした気持ち。美味しいスープが飲みたい。
しまちゃんがとても好きで、こんなお店があったらちょくちょく顔を出したいなあ。
たろちゃんの鳴き声が、平仮名で書かれているのにリアルなネコの声という感じで文字ではなく音として立ち現れてくるのもまた魅力。

パンとスープのお話かと思いきや、意外と日常系。
早期退職した人がお店を開くお話。
のんびり気ままに好きなことして働けるのは羨ましい。
たろちゃんが死んじゃうところでホロリ

読者

Icon user placeholderBd9b1b17 01a5 422a a632 0c8fd23f1cb2433331f6 49d0 4ef6 bbd1 ac6344930d4138aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21D9d323a6 513c 444d 8019 e13a5f028f1d72bd644d ce2a 40d6 a7ac 8e86ff408f8f11c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce834ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60 19人

群ようこの本

41bjbb7vctl

姉の結婚 群ようこ

Bd9b1b17 01a5 422a a632 0c8fd23f1cb2

muuuupi

Going for Ph.D

一気読み。お金に関するあれこれ。 ほんとに現実ってそんなかな〜?みたいなものもあれば、ああやっぱりそんなんなんだ……みたいなものもあった。 難しく考えるものではなくて、ざーっと読むのにいい、かな。男性登場人物は基本的に情けないか、嫌な奴という風に出来てるのは、群さんの癖?

16日前

516aw193oql

働かないの―れんげ荘物語 群ようこ

1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8

persimmon1a

専ら室内生息し、ネットか惰眠を貪…

「れんげ荘物語」の続きということだったけど、だいぶつまらなかった。 なんか震災後無理やり書いた感が… 会社辞めて、れんげ荘を見つけて、実家を出て、れんげ荘の住人に出会って…と一応の動きがあった初巻に比べて、定住してしまったから仕方なくはあるんだけど、何もなくて飽きてしまった。 刺繍にハマるってのがあると言えばあるんだけど、その刺繍がイマイチどういうものか頭の中でうまく描けず、そこのパートはほぼ流し読み。 このシリーズでひとつ疑念は、母親をあそこまで極端なキャラに設定する必要あったのかなと思う。同じオンナ同士ソリが合わない母娘はいくらでもあるし、会えば、面と向かって恥さらしなんて言うまでのキャラにするのは極端すぎると思った。

21日前

Dff94a99 b9ca 4556 9326 3460233ee3caC7a7291f ee4b 4dc7 ae5c fa99dc408c9968400bb6 0285 4159 a455 8ec533e6c88f 9
51d63dfoqvl

ミサコ、三十八歳 群ようこ

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

私は、田舎暮らしだし、一流企業に勤めてる訳でもない。 主人公ミサコとは全然違う生活をしている。 キャリアも貯金もないけれど、私が三十八歳のときどんな生活をしているのだろう。

約1か月前

51p20bqvavl

れんげ荘 群ようこ

1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8

persimmon1a

専ら室内生息し、ネットか惰眠を貪…

昭和観念に凝り固まった外を知らない母親はいないし、一流企業勤務でもないから完全ではないけど、かなりキョウコとかぶる境遇の自分。中年、独身… なぜか運良く1年前今の会社に転職できたものの、そうでなければ主体的に選んだキョウコとは違い、不可抗力で貯金切り崩しおばさん生活だったろう。 ただ、別に世の中誰もかれもがいわゆる世間的にきちんとした職で、きちんとした定期収入を得、家庭を築き…わたしは負け惜しみではなく違うと思う。本人が心地よければ、とんでもなく人様に迷惑かけない限り、どんな生き方だってOKってのが本当だと思う。 れんげ荘は自然環境的になかなかキツそうだが、人間関係的にはコミュ症の私もやってけそう。ただしやはり思ったのはキョウコも厳しくしつけられてきたから挨拶や礼儀はきちんとしていて、これがこういう生活をするにあたって不必要な他人からの疑念を防ぐ。大事だ。 奇人変人で理解不能だろうからと読まなかったけど、森茉莉の「贅沢貧乏」をとりあえず読もう!

約1か月前

88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21 15