51mlqjm62kl

市民運動が嘲笑の対象にさえなった80年代以降の日本で、めげずに、愚直に、地道に、そして極めて民主的な、市民運動の王道を歩んできた「一群の人々」がいた。 ... 続き

コメント

陰謀論的な内容なのかもしれぬと、最初は眉に唾をつけて読んでいたが、相応の論拠や傍証も示されており一定の納得感が得られる。
読み物としてまず抜群に面白いのだ。一気に最後まで読んでしまった。

本書では40年間、愚直なまでに同じ主張を執拗に繰り返し、意図した成果を獲得し続けている人々の姿に焦点があてられている。請願や陳情、署名活動、正当な民主主義の手続きを踏みながら、着実に民主国家としてのこの国の基盤を叩き潰そうとしている勢力の存在が明らかにされてくる。

彼らの主張の多くは時代錯誤であり荒唐無稽なものが多い。ただ忘れてはならないことは、彼らは高度に組織化された「多数派」を装ってくるということ。
一般人が何を出来るのだろうと暗澹たる気持ちにならざるを得ないが、おかしなこと、道理に合わないことに対しては、それはおかしい、間違っていると声を上げ続けていく必要がある。

知っておかないとなあと購入、着手。3/26読了。

読者

07b27cb7 6c1f 4301 a6be e20e6e4d312258841a62 2ef2 4f57 bcde 5bef0b76f8f5Be0069f7 ce86 43a9 a757 5ffc8d686da1Bafdd940 9630 4adb 88a3 0c65c6d3b014C9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbb60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a8357ed4e58d 9d5f 4957 8879 5c3defc58ffc17d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9 8人

社会

51z24hckbwl
B9c44fb7 ce7a 4f0a 90d4 9e7900cee825

aker_log

書店員+みつばち古書部//SF/…

P19 ぼくの理解では、商業メディアが最初に取りくむことは、「恐怖を売ること」だ。そして恐怖はぼくらのこころの奥底に不安感を埋めこむ。続いて、消費文化がぼくらに安心を買いもどす方法を丁寧に示してくれる。

3日前

41dnitlamkl
C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4

Fu-Mi

人生意気に感ず だから気の向くま…

読了

7日前

51fm1%2bhmhdl
5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

ヘンリー・ルー・ルーカスは結構な大物という事になっていますが、もちろん確定していない部分も結構あります。今回は2017年夏のヴァニラ画廊でのコレクションを見た事で、それもオーティス・トゥールの絵の強さがずば抜けて感じられたので手に取った次第ですが、残念ながら非常に「新潮45」的なノンフィクションに見えてその実は結構なフィクショナルな作品じゃないかと感じました。せめてタイトルを『死の腕』という不確定な部分ではないものにして欲しかったです。これでは愛犬家連続殺人事件の「共犯者」山崎永幸著と同じように、かなり怪しい感じがします。 インタビュアー兼著者でもあるマックス・コールという人物のクリスチャン視点でもあるので、どこまで本当のことなのか?翻ってより分からなくなってきました・・・ 表紙にも360人という人数を挙げていますが、実際捜査をして明確になった212件(この本の数字を信用するなら)を表紙に掲げるべきなんですが、その点もゆるいと言わざるを得ません。 また、何でダークサイドからライトサイドになったのか?という1番気になる部分が全然理解出来ませんでした・・・いくらなんでも簡単すぎやしないか?と。 あくまで、ヘンリー・ルー・ルーカスの、視点から見た真実を語られたインタビュアーが再構築した読み物、というのが妥当な判断だと感じます、私には、ですが。

12日前