51qnqglq4zl

数理で「脳」と「心」がここまでわかった! 囲碁や将棋で、AIが人間に勝利を遂げた。 2045年、人工知能が人間の能力を超える「シンギュラリティ」は、本当... 続き

コメント

人工知能について、その生い立ちと基盤となる理論について解説された本。脳の神経構造を理論構築がなされているが・・・パーセプトロンやニューラルネットワークなど、いまいち理解できなかった。本書の解説自体は分かりやすいのだが、根本的な思想について、私自身、腑に落ちていないと思った。もう少し統計とかを勉強してから、本書を再読したい。

読者

Aaa13f88 30e4 46ad b552 929a4e48ef2aIcon user placeholder

甘利俊一の本