Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41e1pd oz3l

セシルはもうすぐ18歳。プレイボーイ肌の父レイモン、その恋人エルザと、南仏の海辺の別荘でヴァカンスを過ごすことになる。そこで大学生のシリルとの恋も芽生える... 続き

コメント

繊細で自意識過剰、誰かを深く敬愛する傍らで、軽蔑もする。圧倒的な自己中心的さが、少女の感情の揺れ動きそのものなのだと感じる。
少女だけではない。男も女も、軽薄だろうと知的だろうと。

サガンの「不足よりも過剰であるべき」ということばがしっくりくる。

陶酔も共感もできないけど、またいつか読んでみよう。

国や文化は違えど、その年齢で想うことはやはり同じなのかな。

南仏の熱っぽさとセシルの気怠いクールさが、河野さんの訳でみごとに表現されていた。「悲しみ」のなかにある心地よい生ぬるさ。

だいすきな一冊。
和訳の語感に、みょうに惹きつけられた。

エディプスコンプレックスというか少女の不安定な感情というか、、
頭で理解するというより、感覚/感情で理解するという感じの話。

南仏の夏が詰まった物語。主人公と同じ年頃に読んだからこそ、わかることがあったんだと、大人になって読み返して知る。

女子高生特有の残酷さが繊細に描かれていたと思います。

移ろう感情に任せると
だいじなものも失くしてしまう。

久しぶりに触れた海外文学。わりにさくさく読めた一冊でした。

「完璧なもの」に対する少女の残虐な破壊が描かれている。
悪い少女なのではない。誰もがその反抗心とエゴイズムを胸に抱えているのです。

ファザコン小説。愛するということは必要とすること。誰のことも必要としない人は人を愛することができるのか。

ずっと読んでみたいと思っていたが読まずにいた本。朝吹登水子さん訳の方も読んでみたい。

情景や感覚の描き方が繊細できらきらと輝いているからこそ、少女セシルのみずみずしさは、彼女がかじったオレンジの汁でさかむけがしみるように、心にもしみた。
自分にも確かにあったあの頃を思い出せる、無知ゆえの未来への希望と、表裏一体の仄暗さ、背伸び、清い悪事。

大好きな一冊。原書で次は読みたいですね。

自分では分かり得ない少女の心の機微が捉えられてよかった。翻訳感が満載ではあるが、一読の価値があると思います。

まだ十代のサガンが書いた愛や嫉妬は、ガラスの十代よりもよろしく哀愁よりも、ずっと世知辛くて狡くて賢い。

読者

842b13a3 69d2 47ba baa9 ca6023211f0fAfbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b0e7d4462 298c 445e 9eef 21c105fe706b705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5Picture8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7faEe01c2f2 d31c 48d5 b6cb 3532c28619e8 36人

フランソワーズ・サガンの本

51p7t9l565l

一年ののち フランソワーズ・サガン

E07498ab 0ef6 486e ae49 958cd84b9e34

もしもしブックス

ミステリー/サスペンスと日本/海…

サガネスクを存分に味わうには、やっぱり「ジョゼ」3部作。まずは第1作「一年ののち」!虚無の香り漂う初期の傑作。 ”われわれはまたもや孤独になる、それも同じことなのだ。そこに、また流れ去った一年の月日があるだけなのだ”(ベルナール/第11章より引用) 大きな事件は起きず、ひたすらに登場人物の恋愛、嫉妬などの「感情のやりとり」が続くこの小説は、当時は賛否両論だったそうですが、これこそが、サガンの真骨頂だと私は考えています。 この男女たちの恋が、交わり、もつれて、その先には何があるのでしょう。透き通るように淡々と語られていく物語の中で、繊細な「感情のやりとり」を心のアンテナを最大限に張りつめて、よく味わいながら愉しむ小説だと思います。 この作品はジョゼを主人公とする3部作の第1作目。この世界観に惹かれたら第2作「すばらしい雲」、そして最終章の「失われた横顔」へと読み進めてはいかかでしょうか。 サガンの小説は短いものがほとんでなので、続けて長く読むことができ「サガネスク」を存分に味わえる貴重な三部作だと思います。

7か月前

64142c52 9253 46a9 9da4 4c1d9bfa364f712a6dde 0281 4cff 8610 2b01636254b3B339c751 5ed9 4f7e ba6d 367c7bee4694
51pzwzgyj3l

愛をさがして フランソワーズ・サガン

F4e9bcaf 5a59 43c6 81c8 67ae6310da05

MOMOKO

喜劇といえば喜劇。 死や人生というやや重いテーマで、わたしのすきなサガンではない。 途中でなんども読むのをやめたくなって、惰性で最後まで読んだ感じ。 訳者がちがうから?「悲しみよ こんにちは」のときのように惹きつけられるものはなかった。 ライ麦のホールデンなら「be so phony」とか言い出しそうなそんな話。

約2年前