51hrbdjzcol

アメリカ大陸の先住民はなぜ、旧大陸の住民に征服されたのか。なぜ、その逆は起こらなかったのか。現在の世界に広がる富とパワーの「地域格差」を生み出したものとは... 続き

コメント

P354 大陸が東西に広がっていること、あるいは南北に広がっていることは、農業の伝播のみならず、技術や発明の広がっていく速度にも影響をおよぼした。

地形や気候といった環境が文化に与える影響を見ている本。
誰もが少なからず持っている、国籍による優劣を計るものさしが粉々に砕け散る爽快感。

結局全ては環境によるものだとするなら、やはり神なんてものは存在しないと思った。人類史はトライアンドエラーの繰り返し。

最高に面白い!お金が無くって、文庫になるまで待ってて、失敗した。

焦点の絞り方に感銘を受けた

教科書に書いてあることを事実としてそのまま受け入れるのではなく、なぜそうなったのか、どのように起こったのか、とことん考えさせられる。
あと20年くらい早く出会いたかった。

読者

49056272 c385 418d 8e32 da9a8cebab972c144179 394e 42df a05f 5d380807297cIcon user placeholderC61f400c 71e0 437e b2bb 1d23c05725e4Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311E3ae656b 89a1 48db 9b5d 86eed26786e5566582a3 d526 4a43 a87a 1ae5380ae684Icon user placeholder 25人

ジャレド・ダイアモンドの本

銃・病原菌・鉄 上巻

銃・病原菌・鉄 上巻

73de1256 17a4 4d9a 895d f8544061d541

Kana

もともと読書メーターでレビューを…

仕事が大変な時は、スケールの大きい、たとえば人類の歴史に思いを馳せるのが私なりのストレス発散法。上巻は表題の3つのうち病原菌しか出てこなくてびっくり。専らその前提となる大陸の植生や気候が狩猟採取民になるか農耕牧畜民になるかという運命をどう分けたのかが圧倒的な分量で語られています。ともすれば退屈な史実の羅列もどうしてなかなか文章に躍動感があって面白い。シマウマがなぜ家畜にならなかったのか、肥沃な三日月地帯がどう恵まれていたのか、次々疑問が解決されるのが楽しく、千年単位で綴られる人類の軌跡に圧倒されるばかり。

約2年前

人間はどこまでチンパンジーか?―人類進化の栄光と翳り

人間はどこまでチンパンジーか?―人類進化の栄光と翳り

B2380b4a 127d 4f09 abad 8522096599b7

はやし

岩波大好物

むちゃくちゃ面白い。確かに普通の本屋にはないし、五千円はちょっと高く思えるかもしれない。でも間違いない。ジャレドダイアモンド最高傑作。俺のオールタイムベスト10(*_*) 「ヒトという種が、短い間に 単なる大型哺乳類の一種から世界の覇者へと どのようにして変化し、 また、その進歩を一夜にして ふいにするような能力を どのようにして身につけることになったのか。」

約2年前

F066bc6d 6529 4a17 a125 c0007edde0ce22b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e7