Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41gc3tjczzl

コメント

夢を叶えるために必要な事柄を、ストーリー仕立てで描いたセルフコーチング本。現実の認識、解釈、捉え方が変われば、日々の出来事の色彩が増える。そんな本でした。

正しい目標設定のやり方を学ぶ本です。
目標やゴール、夢の意味や相互関係を理解することで、モチベーションを保ちながら無理なく行動し、それを達成できる方法が、わかりやすく解説されています。
先生と生徒役の主人公の会話が中心となるのでとても読みやすいです。
まずは行動ですね。三日坊主になりがちな私には大変ためになる内容でした。

目標、目的、ゴール、夢、ビジョンといった言葉を、今まで曖昧なまま使っていたことに気づきました。

コーチング!
スキルが散りばめられてる。

読者

Icon user placeholder7d7163b5 7acc 40ef 97e7 94d13d92a926Db368b33 063d 40bc 9c44 092a2c8028ba74152db9 0bae 4b7b b9f5 1e89f1f42b482ed440e6 5da7 42a0 8ba6 7bb876da7d50B06cae1c 191d 4277 8d5b 931ea7bac2d70323be6f ebcd 4a91 9b7f 9c19f76878777752d868 111a 427d a373 429bf31b08fc 9人

人文

なくなりそうな世界のことば

なくなりそうな世界のことば

Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797

やし太郎

なかなか本を読む時間が最近は取れ…

日々の過ごし方や、物事への感じ方が異なると、「えっ、こんなことにまで、単語を割り当ててるの?」と驚くばかりです。たとえば…ウェールズ語の「HIRAETH」なんて、「もう帰れない場所に、帰りたいと思う気持ち」だそうで、これは日本人ならば通じやすくて、「わかるなあ…」と思いそうです。 そしてなによりも、この本の構成が切ない。

2日前

Icon user placeholderE83fa325 76b4 406b 8830 e58f6cb5ba25238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990 36
街場の文体論

街場の文体論

F88eefad 0ce8 432b a8ab f28f102a9a5c

hello

hello

文才とは、生得的な才能ではなく「読み手に対する敬意」と「伝えたい強さ」が全て、と説く内田さん。 この本は大学での「創造的な文を書く」ための講義、クリエイティブ・ライティングの授業が本になったものです。ですが、これは特に創作をしないひとにも、ひとへことばを届ける、ということ全般に対して響く示唆ではないでしょうか。

2日前

0959a163 82d6 40fb 98be e921686f5b3475e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec03040c1f4a 5718 4ca3 b0ed 54c32f508fc3 10
それでもなお、人を愛しなさい 人生の意味を見つけるための逆説の10ヵ条

それでもなお、人を愛しなさい 人生の意味を見つけるための逆説の10ヵ条

47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55

らいこ

ファンタジーハッピーエンドが大好…

根底にある宗教観が日本とは違うから、ニュアンスが読み込めないこともあるけど、他者を尊重すること、まるごと全部を受け入れることを考えることができる。 自分が傷つくこともあるけれど、損得なしに他者を大切にすることは難しいことだけど、少しでも感化されて、少しでも他者に優しくなれたらいいな。

7日前