Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
21dwac2vvtl

コメント

何のために生まれ、何をして生きるのか?を考えすぎて病んだり、悩んだ末に自ら死を選ぶ人すらいる世界に住む私は、「おいしく食べてもらうために生きて、食べられて死ぬのが幸せ」と言いきるミノアはまぶしくて否定できない。

おいしく食べてもらうために全力で生きて、食べられ、味を賛美されて、死ぬ。シンプル。
納得したつもりでもどこかモヤモヤが抜けないのは、ミノアが人間と同じ体を持っているからなのか。理由は本当にそれだけなんだろうか。

藤子不二雄の短編集カンビュセスの籤にも入っているお話です。

面白すぎてわくわくする!

地球や人類の終末を描く作品がとても面白くて、 原子力や、放射能、人口の増加や減少、戦争や疫病を 大局的に捉えていて、自分がいかに『今』しか考えていないか 思い知らされます。

おもしろいなぁ~藤子先生!!!

読者

E973acc1 b8a0 43bc bb6a 0732d20be3d7Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f6a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a574912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab4Icon user placeholderB797b0a3 09ee 4a52 a3aa d08a18330049Icon user placeholder3d88a0b6 0fa2 406b b8d1 d386e5513b96 16人

藤子・F・不二雄の本

ずるずる、ラーメン

ずるずる、ラーメン

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

ラーメンに関する随筆集。 以前読んだ「ずっしり、あんこ」に比べ、感動的な話もなく、どうでも良いような内容ばかりだけど、楽しく読める。 読んだ後の頭の中は完全にラーメン。早くラーメンを食べたい!

1年前

B269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85fAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a7642691de89c3f 8172 4db4 a4d1 df85a332742f
大長編ドラえもん のび太の海底鬼岩城

大長編ドラえもん のび太の海底鬼岩城

5fb86683 8545 4058 88dc 4ebf2ad43724

タイツ

はじめましてをはじめました

僕は買いますよ。バギーちゃんのネジがフィギュア化されるなら!と、藤子映画歴代のキャラの中でもリルルと並んで人気の高いバギーちゃん。彼はロボットだけど、ひいきをするし見捨てもする。だから友達になれたりもする訳で。そんなバギーちゃんと過ごす海底での物語。バミューダ伝説からアトランティスにムーまで、流石F!拾い上げて回収します。哀しくて儚くて、だけど楽しかった。正に夏のような一冊。

2年前