514dutdy%2bzl

映画『赤い影』の原作となった表題作をはじめ、日常を歪める不条理あり、意外な結末あり、天性の語り手である著者の才能を遺憾なく発揮した作品五編を収める粒選りの... 続き

コメント

ニコラスローグの赤い影は全然ピンと来なくて途中でやめたくらいだったけど、デュ・モーリアのいま見てはいけない、知らずに読み始めたけどたちまち「あ、これ赤い影じゃん!」となったから、けっこうインパクトあったのかもなと。不気味な短編だった。鳥といいレベッカといいどれも、デュ・モーリアの不穏さはやっぱりいいなあ。

著者の名前は知らなくても、ヒチコック監督の「鳥」「レベッカ」は誰でも知っていると思います。
本書はデュ・モーリアの不思議な味のミステリー短編集。5作品からなり、どの作品も30分から40分ほどで読めますが、どれも奇妙な読後感を味わいました。特に各編の題名を考えながら読むと、「なるほど」とストンと来ます。

一番のお気に入りは、表題作の「いま見てはいけない」。この作品は「赤い影」という題名で映画化されています。
中年夫婦がベネチアを旅行中、幼くして亡くなった娘の姿が見えるという双子の老姉妹に会います。そこから夫婦の間に微妙な葛藤が生まれます。ミステリーなので詳細は書けませんが、読んでて鳥肌が立ちました。
「赤い影」はYouTubeで全編見ることが出来ます。妻役が私の好きなジュリー・クリスティ(ドクトルジバゴ)。こちらも不思議な感覚の映画でした。

5編の舞台は、ベネチア、ダブリンから離れた田舎、ギリシャの島、イギリスの片田舎、エルサレム。各地の描写が映画的で、楽しめます。
「いま見てはいけない」は文句なしの★★★★★。他の4編は★3つから4つというところでしょうか。短編集をお探しの方におすすめです。

表題作の「いま見てはいけない」をはじめ、語りの見事さにひきこまれ一気に読んでしまう。
「あーそっちに行ってはだめ」と主人公に何度も声をかけたくなるが、一方で結末がどうなるのか知りたくて仕方がない。
上手い作家だなぁ。

読者

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c4daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0C9bfa862 ee91 4a8b 89c7 3446bbeb2117A16c3265 00ea 44e1 bba2 1bf64b42edd49727e8b0 10dd 4c31 b733 85abb59bdfbb55630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd5120 14人

文庫

絶対城先輩の妖怪学講座 十一

絶対城先輩の妖怪学講座 十一

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

白澤まで片付いちゃって、次はどうするんだ?と思ったら、次で完結ですか!よい終わり方をしてくれそうなので、最後まで楽しみです。 今回はユーレイちゃんと先輩の距離感が変わったという点で大事な巻ですねーやっとここまで… というか、あの瞬間は計算だったのか本能だったのか。どっちでもいいか!ご馳走さまです。

約4時間前

ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー

007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d264

empty

プロフィール

サスペンス?映画を観てるような感覚。 それともこれは警告なのか。 自動化されていく社会の中でいずれありえないとも言い切れないのではという小さな棘が頭の片隅に残る。

約6時間前

24d7722a d09b 4caa 987c d8850f1ffd00Icon user placeholderC3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e415 120
きみの鳥はうたえる

きみの鳥はうたえる

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

佐藤泰志作品は一見、重く暗いと捉えがちであるが(もちろんその側面もあるが)「言い終わらないうちに、左の奴に脇腹を蹴られて、思わずうめき声をあげた。体勢をたてなおそうとすると、もうひとり男の腕が斜めからでてきた。あやうく顔をそらした。こぶしが耳にあたって、切れたように痛んだ。そらした顔に別のこぶしが当たった。よろめいて地面に手をつくと背骨を思い切り蹴られた。続いて、めくらめっぽうに脇腹を蹴りあげられて、腹が熱くなり、胃液がこみあげてきた」素手喧嘩の流儀をわかっているというか実は躍動感あふれるリアルな暴力性が魅力でもあったりする。 8月に映画が公開になったが下記はその感想 「延々と流れるクラブと夜遊びのシーンのように若さと3人の関係はいつまでも続くと思われたが、突然にそして静かにその終わりを迎える。しかし終わりがあるからこそ始まることができるのだ。ハセガワストア、鈍色に光る市電のレール、佐知子の上げた髪。」 良い映画を見た。

約11時間前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a217759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026bC0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746
白い犬とワルツを

白い犬とワルツを

2c5dfb8e fbd8 4eee bb68 12fdbde93acf

__ppp

読んだ本と好きなフレーズ

コウラはこんなとき俺のそばに坐って本を広げていた。読んでいるふりをしながら、痛がっていはしないかと、俺の顔をそっとうかがっていたものだ。

約15時間前

Icon user placeholderA0500975 1da1 49a2 8a06 c884da5456ef2ca45f9c 2423 40ae 8733 77dde49f47bd 9