516h835mc0l

婚約中の男性の自宅に突然現れた一人の女性。男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺をはかった。男は自分との関わりを隠そうとする。醜い愛憎の果て、殺人は起こ... 続き

コメント

犯人が告げられずに終わってしまう結末にはまだ慣れなかったが、そこから推理し、読み直す作業がとてもおもしろい。

被害者を殺した加害者が誰なのか明かされぬまま終わる。読者が謎解きをしなければならず難易度は高い。そのため巻末に解説が付いている程。
容疑者は3人。だれも動機はある。しかし、被害者は殺されても仕方がない人物だと思うが殺人は殺人。一体誰が犯人なんだろうか、注意深く読み進めなければならないので読むスピードが遅くなる。そういった意味ではとても楽しい読み物だったと思う

東野圭吾の加賀シリーズ。

どちらかが彼女を殺した
と同じような話?と思って読み始めたけど、これは容疑者3人がみんな自分が殺したと思っている話でまた角度が違う。

容疑者3人の行動の中で犯人であるサインが隠されてる。

読みやすくてどんでん返しが気持ちよかったりします。

結婚式の最中に新郎が何者かに毒殺された。容疑者は3人。花嫁の兄と、新郎の仕事関係者、そして詩人である花嫁を担当する編集者。3人の視点から、事件が描かれ、加賀刑事が真相を探り当てる・・・という話。
衝撃的なのが「犯人はあなたです」というラスト。いや、あなたって誰?
巻末の「推理の手引き」を読み、もう一度本編をザッと読み直し、やっと理解できた。これは難しかった!

読者

3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beE9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5eE014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0Df2bb78b c139 417c a9e7 3ae0491d324e425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06dIcon user placeholderA9a02027 a076 40a9 8169 a19ebef08e88D95a121b 0486 4746 b4b6 bfdcde9dcee9 31人

東野圭吾の本

虚ろな十字架

虚ろな十字架

922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d

ともちゃん

本屋さんでは早送りの時間流れる

「死刑制度」「償い」がテーマ。(オウム真理教13人の実刑により考えてみようと…)お腹の奥底に重い石を投げ入れられた苦しい気分。考えれば考える程に答えが出ない。被害者も加害者も周りの人も、すべての人の些細な感情の動きを自分も持ち合わせている事に気づく。誰にもなり得る自分が怖い。

20日前

57e191c5 a69d 4aaf b8a3 5625582531f18a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb5425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06d 26
人魚の眠る家

人魚の眠る家

72c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a6

大学生② 土日に読み貯めます。

生きているとはどういうことなのか、今の日本の医療の在り方や臓器移植の問題について考えさせられました。 こんな介護の仕方があるのかと驚きました

約1か月前

57e191c5 a69d 4aaf b8a3 5625582531f1F7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37e0508ce27 f36d 47ad 8a43 cd82b1c976ea 35
ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133

千野久美子

海の近くに住んでいます。

夢中になって読みました。 しかしさいご、あれっと思い結末だけを読み返しましたが、それまでの迫ってくる文章の最後としては、物足りなく思いました。

3か月前

C3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e415733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac80c53aa4 34ca 4e28 addc 8b268be3bda4 67