516h835mc0l

婚約中の男性の自宅に突然現れた一人の女性。男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺をはかった。男は自分との関わりを隠そうとする。醜い愛憎の果て、殺人は起こ... 続き

コメント

結婚式の最中に新郎が何者かに毒殺された。容疑者は3人。花嫁の兄と、新郎の仕事関係者、そして詩人である花嫁を担当する編集者。3人の視点から、事件が描かれ、加賀刑事が真相を探り当てる・・・という話。
衝撃的なのが「犯人はあなたです」というラスト。いや、あなたって誰?
巻末の「推理の手引き」を読み、もう一度本編をザッと読み直し、やっと理解できた。これは難しかった!

犯人が告げられずに終わってしまう結末にはまだ慣れなかったが、そこから推理し、読み直す作業がとてもおもしろい。

被害者を殺した加害者が誰なのか明かされぬまま終わる。読者が謎解きをしなければならず難易度は高い。そのため巻末に解説が付いている程。
容疑者は3人。だれも動機はある。しかし、被害者は殺されても仕方がない人物だと思うが殺人は殺人。一体誰が犯人なんだろうか、注意深く読み進めなければならないので読むスピードが遅くなる。そういった意味ではとても楽しい読み物だったと思う

東野圭吾の加賀シリーズ。

どちらかが彼女を殺した
と同じような話?と思って読み始めたけど、これは容疑者3人がみんな自分が殺したと思っている話でまた角度が違う。

容疑者3人の行動の中で犯人であるサインが隠されてる。

読みやすくてどんでん返しが気持ちよかったりします。

読者

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c79766b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aAb3c115f d76e 4529 a719 6b05724d3d8dD4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82aFcb59cf8 724e 4d01 b78d 3294e4e332b83e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beE9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5eE014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0 36人

東野圭吾の本

鳥人計画

鳥人計画

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

日本ジャンプ界期待のホープが殺された。ほどなく犯人はコーチと判明。一体、彼がどうして。一見、単純に見えた殺人事件の背後に隠された驚くべき「計画」-踏切のタイミング、空中姿勢、風圧、筋力、あらゆる要素を極限まであの男のデータに近づけよ。「計画」は極秘のうちに進行しつつあった…。拘留中の犯人が密告者を推理する、緻密極まる構成の本格スポーツ・ミステリー。

7日前

7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d27bf5885 8aa4 43d9 b152 506c814daece640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 8
十字屋敷のピエロ

十字屋敷のピエロ

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

ぼくはピエロの人形だ。人形だから動けない。しゃべることもできない。殺人者は安心してぼくの前で凶行を繰り返す。もし、そのぼくが読者のあなたにだけ、目撃したことを語れるならば…しかもドンデン返しがあって真犯人がいる。前代未聞の仕掛けで推理読者に挑戦する気鋭の乱歩賞作家の新感覚ミステリー。

7日前

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Fa1d4e69 319a 436e bec7 2d60ce37b8d7A9a02027 a076 40a9 8169 a19ebef08e88 11