516h835mc0l

婚約中の男性の自宅に突然現れた一人の女性。男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺をはかった。男は自分との関わりを隠そうとする。醜い愛憎の果て、殺人は起こ... 続き

コメント

犯人が告げられずに終わってしまう結末にはまだ慣れなかったが、そこから推理し、読み直す作業がとてもおもしろい。

被害者を殺した加害者が誰なのか明かされぬまま終わる。読者が謎解きをしなければならず難易度は高い。そのため巻末に解説が付いている程。
容疑者は3人。だれも動機はある。しかし、被害者は殺されても仕方がない人物だと思うが殺人は殺人。一体誰が犯人なんだろうか、注意深く読み進めなければならないので読むスピードが遅くなる。そういった意味ではとても楽しい読み物だったと思う

東野圭吾の加賀シリーズ。

どちらかが彼女を殺した
と同じような話?と思って読み始めたけど、これは容疑者3人がみんな自分が殺したと思っている話でまた角度が違う。

容疑者3人の行動の中で犯人であるサインが隠されてる。

読みやすくてどんでん返しが気持ちよかったりします。

結婚式の最中に新郎が何者かに毒殺された。容疑者は3人。花嫁の兄と、新郎の仕事関係者、そして詩人である花嫁を担当する編集者。3人の視点から、事件が描かれ、加賀刑事が真相を探り当てる・・・という話。
衝撃的なのが「犯人はあなたです」というラスト。いや、あなたって誰?
巻末の「推理の手引き」を読み、もう一度本編をザッと読み直し、やっと理解できた。これは難しかった!

読者

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093Lbb1pwey normal59b5d0d7 efdb 4f49 85bd 375a1d54ba856ad43702 cb02 47b4 89fd 60c9f90cef45C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991Db0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b17693d805 41a6 49ad ba0a 6e9e1ddaafec51aa5d13 8527 41f2 a0b8 ee0b98587cb1 21人

東野圭吾の本

片想い

片想い

85c24291 c4b4 4b87 8d57 b9672f2a95f0

saki

よろしくお願いします

初めての東野さんの小説でした。あまりミステリーを読まないので、最初は軽い気持ちで読んでいましたが、だんだんと惹き込まれるあたり、さすがだなと思いました。物語を楽しむだけでなく、性についても考えさせられました。真実がだんだんと結びついていって、最後にひとつの線になる所がミステリーの面白さであり、その面白さにハマりそうです。

6か月前

642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d5 20