51lnoaikrrl

勝利を、信じろ――。 足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。 埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、百年の歴史を有する老舗足袋業者だ。といっても、... 続き

コメント

池井戸さんの作品を読むのは、実は初めてだったのですが、、、見事に泣かされました、ランニングシューズ「陸王」を作りあげるために集まったメンバーたちの絆に。

1日1章 のペースで読み進めていたのですが、本当、連ドラを見ているかのようなワクワクとドキドキの連続で。。。

入り込みやすい題材なので、池井戸さん作品初心者の方にもオススメだと思います。

老舗の零細企業が挑む、熱き誇りを賭けた感動のドラマ。
大手企業に果敢に挑む様は、大変読み応えがあった。
ラストは、池井戸作品お約束の大逆転劇!!
最高に面白かったーー!!

ランニングしたい気持ちにさせられました^^

この本めっちゃ面白いですよ

社長の根性と努力、人柄の良さで1つのランニングシューズを完成させていく様子は感動しました

空飛ぶタイヤに続き読みました。これも、入り込んでしまいました。老舗の誇り、時代の波いろいろな物と葛藤しながら前へと進もうともがく人々。決して特別な人々ではないです。仕事に悩んでる人。就活大変な学生さん。読んで下さい

下町ロケットに通じる面白さでした。さすが池井戸さん。最後の方、逆境にもめげずにみんなで団結するシーンは目頭が熱くなりました。最近読んだ本の中でもピカイチです。

足袋からランニングシューズがどうつくられるのか、その過程がすでにおもしろい。そこに人間模様や社会が絡んできて物語が膨らんで吸い込まれていく。読後は、俺もがんばろ、と思った。

逆転ホーマーになるのは分かって読んでるのに、不屈のベンチャー魂に相変わらず感動させられてしまう。まいった

途中から止まらなくなり、一気読み!誠実に生きていく事の大切さを感じます。

陸王 読了。100年続く老舗足袋屋の挑戦の始まり。ランニングシューズ業界への参入に立ちはだかる難題の数々。しかし、そこは池井戸流の感動方程式で次々とクリアする。相変わらずのハラハラドキドキ、ジェットコースター展開でページが進んで行く。この作品は大地の成長ぶりがいい。

池井戸潤さんらしい正統派な感動作品でした。
経営者や銀行の考え方が学べる。ただ、そんなうまくいかないだろ、と思うこともあり…。
ま、娯楽の読書なんだからいいか、と割り切って読むととても面白い。

何をするにしても「実績」があるのとないのとでは大違いなのか。知識だけじゃなく、気持ちの面でも自分の仕事に活かせる言葉が多くあった。
長かったけど、良い読書時間をもらえたな。

先細りの老舗が新規事業に手を出す事は、かなりのリスクを伴う。
成功する事は稀だと思う。
ただ、大手企業に中小企業が逆転するラストは単純にスッとします。

池井戸方程式、此処に極めり!という秀逸な作品。ハートが熱くなり通読。

読者

5772d796 3338 4161 8824 95bd0c393c93D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c8f93e7c0 d3e3 4a41 8541 e0a5b6fb8deeIcon user placeholder9160443d f74c 448a 9541 de36f8ebe2cb865fadca 5273 4ec0 a42c 9a58c52348eaE70ad272 544f 4613 a86d a2e1d53ea09b 53人

池井戸潤の本

オレたち花のバブル組

オレたち花のバブル組

330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f

Hajime Ishida

楽しく記憶に残す読書 【記憶に…

何年か前のドラマ「半沢直樹シリーズ」を思い出しつつ読んだ。 一度は精神的に病んでしまったこともある、半沢の同期の近藤が、意外にも活躍していて驚くとともに頼もしかった。 半沢直樹の相変わらずの不屈の闘魂には脱帽。 ドラマで内容を予め知っていても楽しめました。

約2か月前

銀翼のイカロス

銀翼のイカロス

3e223e12 b768 4f8d 9a12 56e647614378

REO

趣味:読書、カメラ

やっと読めた。半沢の芯の強さを見習いたい。やっぱり、読んでよかった!

9か月前

3fd02c7d 938e 4822 97c2 e101f588f5e241b0bf11 a584 4506 8c5a bb5636882dedIcon user placeholder 25
民王

民王

052a661e 4f81 47ce b2ab 6c7ccb990fda

なおこ

歴史・事件もの好き

池井戸さんらしい、細かく刻んで上り詰めていくサクセスストーリーだった。必ずしわせな気分になれる池井戸さんの作品はたまに読んだ方がいいな、。

10か月前

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b8b219c3f 69c4 4306 b0eb 35674eb1a19322c27c37 7179 40b2 9482 d8654d34ff90 15