Btn appstore Btn googleplay
51l0yfmu7fl

友だちは何よりも大切。でも、なぜこんなに友だちとの関係で傷つき、悩むのだろう。人と人との距離感覚をみがいて、上手に"つながり"を築けるようになるための本。 続き

コメント

【友だち幻想】
(おすすめ度★★★☆☆)

人と人との繋がり。付き合い方。

友だちや親しさについて考えながら読む本でした。

人は人、自分は自分の精神が一番楽だと思うし、生産的。

みんな仲良くという教え方から
自分と合わない人間とも無理に仲良くするのではなく、並存、共存することが大切と教えて欲しかった。

合わないやつは無視するか、関わらないようにするしかなかった。
そんな人に自分の時間を費やすのは無駄だと思うし、余計なエネルギーを使う。

仕事場でどうしても合わない人と共存できるかが不安だな。

「愛せない場合は通り過ぎよ」ニーチェ
無理に関わるからこそお互いに傷つけあう。

ルールというものは、できるだけ多くの人にできるだけ多くの自由を保障するために必要なもの。

私たちには無限の可能性もあるが、限界もある。

学校では教えないこと。
①気の合わない人間とも並存しなければならない。
②君にはこういう限界がある。

自分で学ばなければならない。

友だち幻想という題名ですが、人間関係全般に関する内容でした。人と話してて疲れる人や人間関係、自分の本当の姿を隠している人は読んでみると心が軽くなると思います。

何でも捉え方で変わるな。解釈の仕方は多いにこしたことはない。

#読書記録 #読書 #本 #読書ノート #読書好きな人と繋がりたい #本好きな人と繋がりたい #Book #2020 #読書男子 #読書女子 #読書家 #読書の日 #読書人 #友だち幻想 #菅野仁 #ちくまプリマー新書 #ryogabooks #書評 #読書感想文 #読書会 #13冊目

0171
2020/01/16読了
人との距離感について。家族でも友達でも自分以外の人間は「他者」だから、100%の理解なんてものはない。
今は友達との距離感よりも後半の教育や家族についてのほうが刺さった。
読む年代によって変わるんだろうな。
社会学という学問も気になった。

大人も子どもも全ての日本人が通る道。(特に女子?)人付き合いに正解は無い。でも、一定の距離感が必要だってことはよく分かった。どっぷりと依存することのないように。どこかでドライな目をもたなければ。
育て方という視点でも勉強になりました。

つながりを考える事がとても、気楽になったと思う。どの年代が読んでも新たな認識を得ることができる内容だと思います。さっと読めるし、分かりやすく、説得力もあります。ある程度、経験や年齢を重ねていて、幻想にとらわれていない人も、再度確認として読むのも良いと思います。

小学生に戻って、この本を読みたかった。
人との距離の取り方や、やり過ごす事、自分の中のモヤモヤが一気に飛んだ。そうか、自分の距離感は決して変な物ではなかった。色々な人に読んで欲しい!

幻想を打ち破る=一定の枠内でのきちんと希望を示す、ということだと思います。世界は自由で満たされ、個人は無限の可能性に満ち溢れ、友達の輪は広がる。こんな現実とギャップありありのメッセージを発信するから絶望するのだ、という地に足つけた示唆を与えてくれる。

友だち=他者との繋がりによるメリデメをきちんと認識した上で、過度な期待だけを抱かずに(でも全く失うことはせずに)、適度な感覚で接することが大事だと思います。もちろんその中から付き合いが深まることもあるけれど、須らくそれを期待しない。

かつての日本社会におけるつながりはムラ社会に代表される密度の濃い共同体感覚を持つつながりだった。現代ではそうした社会が変革し、以前のつながりは保てなくなっている。しかし、我々日本人にはかつての強いつながりが中途半端に壊れた状態で残ってしまっている。これが日本人が対人関係に困難を覚える理由の一つではないだろうか。一年生になっても友達は100人できない。教室でみんな仲良くし、イジメがなくなることはない。筆者は一見ドライな目で人間関係を眺めているようにみえる。しかし、そこから生まれる対人関係のメソッドは地に足の着いた、かつリアリティを備えたものである。我々にこびりついた固定観念を取り払ってくれる一冊。

⭐︎3

読者

F4e86bc3 ea3f 4736 93a2 c6c0d76cc0408882723f c37f 49b9 88aa 82ac48c104982087e143 7dfb 4637 b0f3 324010bf8badF4b18e54 e60b 4e0c bec9 3eeded307fea0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c4207709b f77a 41a8 a12b e329c0275d221af78609 f55d 4878 a89a 3d0997357484Cc6fcec3 d1dd 4fb7 97dc 155aaca949c1 64人

菅野仁の本

愛の本: 他者とのを持て余すあなたへ

愛の本: 他者とのを持て余すあなたへ

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3

S

立命館大学

脅威の源泉。他者とは自己中心的物語を相対化してくれる存在。エロスの源泉は、自分の意見や考えあるいは行いを認めてもらう承認の歓び。それは生の味わいをもつ。自分自身でほんとうに納得がいく活動、自分の能力をきちんと発揮できる活動、自分らしさを表現できる活動。こうしたものが自己充実をもたらす活動。それに加えて、ただいっしょにいるだけで心が安らぐ人たちがそばにいたり、自分の活動をきちんと承認してくれる他者に出会えるとが他社との交流。その2つを軸に、自分なりの形に幸福をデザインする。社会の人を他者とみなすから、配慮ある行動ができる。家族以外の人間関係は、お互いを知らないことを前提としてそこから親しくなり、距離が縮まる中で、知らない部分が減っていくのに対して、家族関係だけは、よく知っているつもりなところから出発し、距離がうまれ、実はよくわからなくなってしまう。つまり、自分以外を他者と見なすことが大事。夫婦は、距離が縮まることを求め合う時期から、お互いの適度な距離を模索し合わなければならない時期に移行することが大事。

約1年前

C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d80bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561