51p4hzdvy1l

コメント

図書館で借りたけど、いつか手元に置いておきたいなあと思った本(´ー`)
日常の風景を切り取ったイラストたちに心がほっこり。あーわかるわかる、と共感できる手書きコメント。
何気ないから、忙しいとスルーしちゃいがちな場面なんだけど、日常は面白いことに溢れてるなあ!
観察してみると楽しいんだよね。
家の外に出て、まちに住むいろんな人たちの日常を目に焼き付けたいなあなんて思った。
自分も下手ながらイラストで残してみよう。
こういうのはすぐ忘れちゃうから、ね。

耳をすませば、の監督さんの画集ですね
身の周りの日常をふんわり描いていて、たまに読み返してます。
昔amazonがないときに神保町をさがしまわったなー
「彼の絵は、線がウソをついてない」というコメントがいまでも印象に残ってます。

読者

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a75f34e3ea f884 4c5f 9be1 f0336fdf7bda2a3746a1 15dd 4d38 a5ff 8f45d7e95686 3人

アート

グスタフ・クリムトの世界-女たちの黄金迷宮-

グスタフ・クリムトの世界-女たちの黄金迷宮-

6d982d29 81f1 4766 a35b 260c0fe7bfe0

Leon Montana

1年で400冊読む!【2019.…

女性の肉体的美しさと精神世界との2面性を描いたクリムト。 「黄金時代」の平面的・装飾的美しさに惹かれます。 初期のアカデミックな作品や並行的に描いた風景画、後期の多彩な色彩の肖像画など異なる作風も良いですね。 男をほとんど描ない(シューベルトの肖像画等は例外、基本的には後ろ姿のみ)のも共感できます。 個人的には表紙にもなっている「水蛇」シリーズが一番官能的かつ幻想的な感じで好きです。

6日前

デュシャンは語る

デュシャンは語る

08501375 464b 47c9 88b3 a9e0ed2e7343

ぐーるど

定年過ぎても勤めから解放されない…

こちらは対談なので、もっと気軽に読める。で、デュシャンが何を考えていたのか、何をしたくなかったのか。カバーの後ろにはさも革新的芸術家!みたいな解説があるけれど、結局、自由な高等遊民芸術家。そしてその思索は知的でクール。

16日前

Ebaa1b06 d245 4a4a 8a19 a4ba564fedef1fec7c92 782f 45e7 9759 3d94af3e93ef50592606 6c0f 453d 89f7 e97110e4d3be 13