311hj6pp5ql

テレビの現場で培ったノウハウをすべて公開。 続き

コメント

著者の職歴を読まされたような‥そんな印象です。

リードをつける、地図を描く、図解
見出しを考えてから再び原稿を直す
大変なんですという隠れワード
また読み直そ。

講義の内容くらいのボリューム。読みやすく、わかりやすいのは池上さんらしく、メディアの大きさや種類問わず大切なことが書いてあるというか、池上さんのエキスみたいだ。

「わかりやすい説明というのは、複雑な物事の本質を、どれだけ単純化できるかということ」。そのための技術がわかりやすく、コンパクトに紹介されている本です。

①話にはリードをつける
ただしリードで5W1Hをすべて伝える必要はない
たとえば「これから○○分間、何々についてお話しします。私が言いたいのはこういうことです」

②まずは、話すべき内容を箇条書きにしてみる
そうして流れを作った上で、つかみや話の展開の仕方を工夫して躍動感を出す
つまり「地図→対象化→階層化→地図という構造」

③誰に向かって話をするのか、まずは相手のことを考える
相手が何を知らないか、それを知ることから始める

④接続詞をなるべく使わないようにする

⑤メモはA4一枚におさめる
30分までなら一枚、1時間半で二枚半程度

⑥矢印の使い方を意識する
因果関係、時間経過、移動などを適切に使い分ける

⑦マジックワード
隠れマジックワード「大変なんです」、複眼思考の「言い換えれば」、補助線となる「つまり」

⑧しゃべり方を工夫する
本質をつく、違う視点を提供する、期待を裏切る、いったん否定してからかってからフォローする

⑨三の魔術を活用する
過去ー現在ー将来、施策ー提案ースケジュールなど

⑩キーワード力をつける
とことん詰めて考える、寺山修司のようなリズムのいい考えさせられるフレーズをストックしておく

読者

Icon user placeholderEc84d964 6a3d 4fed a6e5 2da9d983bb390b510c0b 9b50 415e bb87 86f711ef2cf59289d293 703b 4c28 bf26 15fc9b86b87eB357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b70265399Icon user placeholder1887da38 3934 4a69 9419 3975f33c0161D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0 12人

池上彰の本

池上彰の「天皇とは何ですか?」

池上彰の「天皇とは何ですか?」

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696

くすまり

読書だいすき

ちょうど我が家でも、天皇ってどんなことをしているの?皇室の人たちってどこにいて、何をしているの?とか、毎日なにが起きているのかが気になっていたところで。ぴったりの本でした。天皇のお仕事、大変なんだなあ。恐れ入りました。譲位をきっかけに興味を持つ人が増えるのはいいことですね。税金の使われ方にもなにかのきっかけで気がついたり。皇室の方々もひとりの人として生まれているのだけれど、お立場上、なかなか難しいのだなあとこの本を読みながら改めて思うのでした。

4か月前