Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
513pwt56wgl

昔、ママは、骨ごと溶けるような恋をし、その結果あたしが生まれた。"私の宝物は三つ。ピアノ。あのひと。そしてあなたよ草子"。必ず戻るといって消えたパパを待っ... 続き

コメント

すごく好きな小説。こんなに純粋に誰かを想えるって素敵。でも痛々しくもある。
ラストが好きです。

「私は現実を生きたいの」という一言にハッとさせられた

こんなにも人を愛せるなんて。
狂おしくて、どこか淋しい。

いつも娘の草子の立場になって読んでしまうけれど、いつかは葉子に共感する日がくるのだろうかとドキドキしながら読みます

すぎたことは絶対変わらない、いつもそこにある。

江國香織さん本人も言うように、ただ静かで優しく温かい狂気の物語。

過去の事実は揺るがない。
想いは永遠。
これほどの愛に出逢えたら、どんな境遇にあっても幸せと自信を持って言えるのだろう。

淡く、儚い、移ろいゆく波に身を任せて、ボートはふわふわと漂う。...この雰囲気にひきこまれる。

タバコとピアノとチョコレート。小さい時母が持つものすべて羨ましくなってマネしたいって気持ちを思い出した。

自分の将来とか生活をそれに捧げるような恋。とても偉大なことのように思える。

草子が年齢とともに変わっていく中で母親が留まり続けているコントラストが後半にかけて徐々に痛々しさとともに迫ってくる。「空は心おきなく晴れていて」ってすごい表現。さすが。

何度読んだかわからない。著者の江國さん曰く、狂気の物語。

活字離れしていた高校生の頃、リビングに置いてあったこの本を読んで、本の世界に引き戻された。

些細な日常の描写が美しく、何度でも読み返したくなる。今はどこにいるか分からない男性を待ち続ける母親と、その娘の物語。

初めて読んだ、江國さんの本。この人の世界観が好きになって、その後いまもずっと読み続けてる。

江國香織さんの本の中で、一番の狂気がある話だと思う。シチリアンキスというカクテル、実際に飲むと甘いのだけれど、どこか哀愁のようなものを感じれます。影響受け過ぎかw

あまり自分と本を共有しながら読むことはないんだけどこれまでの人生と重なってみてしまうところがあり驚いている、 静かにきれいに狂ってる親子だなとおもった

きらきらひかると同じくらい大切

狂気。
ママは本当に心から信じていて、ラストは現実だったのか。
それとも信じていたい、夢で、ラストは幻覚だったのか。
そんなことはどうでもいいのかもしれない。ママにとっては。

ひたすら待つ本。ぐったりしながら主人公と一緒に待って待って、からの、ラストが大好き。

読者

09b7e494 6ab2 4afe b328 9e314b3c1406B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335eC63ab005 2b22 4a6d 81d3 e3beb0840276A6f35b9e ff78 4349 af5b 80496a9e88aa705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c553e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aAfdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae00134ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60 53人

江國香織の本

41rorqigw6l

犬とハモニカ 江國香織

Abeb4ab9 db16 413c b42e 9a0d46ebfb1b

chiroecchi

図書室に居ります。

久々に江國作品読んだ。やっぱり好きだなぁ。短編だけどどれも良い。 なつのひかりのときも思ったけど、江國さんの描く季節、特に夏はみずみずしくて冬でもあの感覚を思い起こさせてくれる。そういう意味ではおそ夏のゆうぐれは最高でした。

8か月前

2b76cc50 6a3e 4320 a72d 2218f6d4d53f18d2694b a8cc 4091 a62d 30453f59d20b0d306957 5b49 4253 b7b2 0007a4a8d687