Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51ygmvzf2xl

一本の木が少年に与える、限りない愛情を描いたロングセラー絵本が、 村上春樹の新訳で再登場。「あなたが何歳であれ、何度もこのお話を読み返していただきたい」(... 続き

コメント

子どもにはしんどい、大人になるとやるせない気持ちになるのになぜか読み継がれている本。子どもの頃読んでもらって人生は無常で無情だと怖くなりました。

大きな木になりたいのにいつまでも自分は少年の側とたまに読み返しては反省するばかり。1番多くのひとに贈ってる作品です。

無償の愛ってこういうことなのかな・・と考えさせられる、とても好きな絵本です。

じーんとくる絵本。
大好きで子供によく読んでいます。子供には難しいようですが・・・。
絵のイメージを自分なりに色をつけて想像できるのもいいです。

ほんだきんいちろう訳を読んでから村上春樹訳を観るとまるで別物。残念でやんす。

幼稚園の卒園式で頂いた絵本です。
今のところ一番印象深い絵本かもしれないです。少年に寄り添う木のやさしさがたまらなく心に沁みて来ます。でもどこかほの悲しいやるせなさがあったり……。
個人的にほんだきんいちろう訳の方が好みです。

読む年齢によって、
全く感想が変わることが面白いですよね。
人生経験と重ね合わせて、樹木の年輪のように深みが変わる、面白い絵本です。

22歳の感想は
木は、本当に幸福だったのかな。
でした。

与えてもらうことばかり求める自分への戒めとして読む。2017.1

調子が良い時、落ち込んでいる時、人に優しくできなかった日、こうだったらいいのにを人に押しつけてしまった日。わたしの中では、立ち止まって考えるときに必要な一冊。

読者

C6babf18 4a1d 4470 91fe 0ebd639a94d0A1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb9D9a85c76 22fc 49f4 9aa5 1c5eb0f06396C8446d58 c4a1 4580 b3d3 91bd25e8e0e2D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef3184655218 1bda 4234 a92d b901d6ca2cab2cfb4cb0 4aa9 4224 8d5b 59bd1c2602f24937cc5c 10b9 4531 890c 83e7a6b357eb 22人

シェル・シルヴァスタインの本

めっけもののサイ

めっけもののサイ

D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31

ぬっぴー

川端康成好き。

コート掛けになったり、お母さんのお叱りから守ってくれたり。サイが家にいたら、こんなに便利で優しい生活が待ってる。子どもって、こういう色んなパターンが出てくる本好きだよなぁ。2017.2

9か月前

おおきな木

おおきな木

6080093b f6c4 478e ab44 307bdfeab0dc

引用しています。

主人公のことをひどいと責められるひとっているのかなって。

2年前

F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd492bfeb0 8f45 401b a708 347648511754Cb228f24 c1e9 4160 88a4 0b90b9c7909b