61hsutzqn8l

祝!芥川賞受賞 村田沙耶香 最大の衝撃作はコレだ! 10人産んだら、1人殺せる。「殺意」が命を産み出す衝動となる。 今から100年前、殺人は悪だった。1... 続き

コメント

『消滅世界』の手前の世界が描かれているように思う。私は村田沙耶香作品のほとんどに共感できるのだけど、それはきっとマイノリティなんだろうと思う。村田沙耶香作品に描かれる恋人関係に憧れもする。セックスと恋愛と家族制度はもっと合理的に分けてもらった方が生きやすいのになー。正常と異常はいつだってひっくり返る可能性がある。

普通だと思っている価値観が、必ずしも当たり前ではないことに気付かせてくれる本。この感覚、海外旅行にいったときみたいだ。

語彙を、失う。
読後に漏れた言葉は

「マジか」

でもそれしか言えない。
短編集。全て現代社会では存在しない、有り得ない(とされている)ことばかりなのに、起きても不思議は無いような説得力がある。
忘れられない一冊になりそう、。

小説が苦手な私が珍しく一気に読めた。
設定が面白いのもあるけど、文章って相性があると思う。

読んでてまったく映像が浮かばないものもある。

正義とは何か?

ちょーおもしろかった。他の短編もおもろい。本人のやりたいやりたくないという感情の前に制度はもう回っちゃってるってやるせなさを描くのがとてもうまい
トリプルに関しては、もうポリアモリーって生き方があるやんけ とはじめ思ったけど、セックスの仕方があたらしかったから、ここで変化をつけたんだねーと思った

ほとんどの人が性行為によって妊娠することのなくなった世界。
人口を保つため政府が打ち出した、10人出産したら1人誰でも殺す権利を得られる「殺人出産制度」が施行され、当たり前となった世界。
「産み人」が神聖な存在として崇められる世界でどこかそれを迎合できない育子は、同僚が「産み人」となった時もそれを純粋には喜べない・・・「殺人出産」他3編

村田沙耶香さんの描く世界はどこか皮肉めいているけど反骨精神とかではなく、全て真面目で冷静な感じがして好き。

今の異常が当たり前な世界、という話。
設定は斬新で新しい世界を覗き見てしまったような感覚でわくわくした。

独特の世界観にどんどん読み進めていけたけれど、その割には読み終えた後の読了感というか感想が特にないような感じだった。
なんと言えばいいのか分からないけれど、読み終えた後に余韻とかが何も残っていないような感じ。

もしかしたら私には向いていなかったのかも。

10人産んだら1人殺していい、3人でのカップル、完全にセックスを介入させない結婚、死がなくなった世界の4つのミライ(?)を描いた短編集。
どの設定も面白い!読み終わったあとの気だるさが私はすごく好き。

今の常識から考えれば、おかしい考え方が常識となった世界の話が4編。

何が正しいか、何が正義かなんて、その時代その瞬間によって違っていて、どんな狂気に満ちた考え方だって、世の中がそれを正しいとしてしまえば、それが自動的に「正常」になってしまう。今自分が正しいと思っていることも、時代が違えば悪となることもあるのかもしれない。そんな世界の曖昧さと虚しさを、淡々と描いている作品だった。

でも正直、この作品の世界で生きたくはない。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06Dc3928cc 40a8 45a7 99dd 6b2ee6663a2329fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4fDfbd1143 4c06 47d5 b974 471791c7d8c0Bcea89aa 021f 4633 8bb4 9c85f19bc213F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 50人

村田沙耶香の本

コンビニ人間

コンビニ人間

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

わたしは自分をマイノリティだと思ってるけどきっと多数派なんだろうと思わされたほん

24日前

5d18af28 0dce 48f0 9884 654130010f92B98d5186 6e16 44db 849c 31247722c512A4df591e d36b 4b5b bfbe 423ad64e732e 182