61ofqsxpuhl

一匹の白い蝶がそっと見守るのは、光と影に満ちた人間の世界-。認知症の母とひっそり暮らす男の、遠い夏の秘密。幼い兄妹が、小さな手で犯した闇夜の罪。心通わせた... 続き

コメント

先日、道尾秀介さんの「光媒の光」を読みました。

この小説は、連作短編集なんですが、あんまり、道尾秀介さんぽくなかったですかねえ。

それでも、「隠れ鬼」と「虫送り」は、道尾秀介さんぽかった気がします。

で、この小説は、それぞれの話がつながっていて(ひとつの短編の中に出てくる脇役が、次の話の主人公になったりします)、前半は暗い感じなんだけど、後半に行くにつれ、話に光が射してくる、というのは前情報として知ってはいたんですが、実際に読んでみると、たしかにそういった雰囲気はあるんですが、それぞれの話の登場人物たちが、ちゃんと救われるといった感じではなかった気がします(あくまでも、そういった雰囲気といった感じ)。

ということで、久しぶりの道尾秀介作品でした。

世の中にはいろんな人間関係がある。一見複雑にみえても別の角度から見たらシンプルだったり。ちょっとしたことがきっかけで自分が今まで何に苦しんでいたのか、その原因が他の誰でもなく自分であったことに気づかされたり。道尾作品は読み終えるたびになにかに気づかされます。

向日葵が独特で良かったので購入しましたが…「こんな風なの君たち好きでしょ?」って感じと、妄想だけ書きましたってシーンがいくつもあって私は駄目でした

悲しい、楽しい、切ない、儚い…幸せって、どんな形でしょう。

読者

0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b11a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5fC7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74534be5e6 2dc9 4113 9ecf a65b448dbc8d90cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8a9a5ec021 5ffd 46ff 8967 4ef7527b15662c6d3829 6955 4aba b6b3 a92c287975a1 14人

道尾秀介の本

風神の手

風神の手

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

一粒の砂の話が全てだろう。 優しい人達のミステリー、10年以上掛けてとけてくる謎。謎を想像しながら読んでいる自分の上を行く登場人物に驚かされた。 最初の風はどこから吹いてくるのか?私に触れる風は、どうして私の元に届いたのか?この風に触れるためにここにいる私は、人生の綾をたぐらなくてはいけない。普段は考えない。 「歩実」は、その綾の先端を偶然見つけた。すべては、風と共に。

約1か月前

6fb3c6f1 44e2 48b2 89fd 0e4ddc1ea1d78ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184
満月の泥枕

満月の泥枕

35b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438

mou

ブログ的感覚で、読んだ本の感想を…

先日、道尾秀介さんの「満月の泥枕」を読みました。 読んでて、ちょっと長過ぎるかなあと思ったりしました(このシーン、こんなに長く詳細に書く必要ある?って、読んでて思ったりとか・・・)。 まあ、道尾秀介さん自身も、長編小説2冊分の魅力を詰め込んだ1冊、と言っているので、もともとそういうコンセプトの小説で、しょうがないとは思うんですが・・・。 なので、もうちょっと削れるところは削って、もうちょっとコンパクトな形にしたほうが、もっと読みやすくなるんじゃないかなあと思ったりしました。 あと、道尾秀介さんの小説って、大雑把に言うと、普通っぽい世界観のミステリー小説と、おどろおどろしい世界観のミステリー小説と、2種類あると思うんですけど、今作は前者で、前者のタイプの作品の場合、複数の登場人物たちが、みんなでなにかを成し遂げる、みたいな設定が多いですね。

8か月前

6fb3c6f1 44e2 48b2 89fd 0e4ddc1ea1d7427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b27975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41 9
サーモン・キャッチャー the Novel

サーモン・キャッチャー the Novel

35b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438

mou

ブログ的感覚で、読んだ本の感想を…

先日、道尾秀介さんの「サーモン・キャッチャー」を読みました。 いわゆる、それぞれ別の話がつながっていくタイプの小説なんですが(ネットでの感想だと、伊坂幸太郎さんぽいという感想が多いみたいです)、そういったタイプの小説としては、「こことここがつながるんだあ」という意外性だったり、それぞれの話がだんだんつながっていく、物語のうねりだったり、ドライブ感がちょっと弱いかなあと思ったりしました。 道尾秀介さんなら、もっとすごいの書けると思います(今作は、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんとの企画ということで、いつもとは違ったものを書こうと思ったのかもしれませんが・・・)。 でも、タイトルの意味はうまいなあと思ったりしました。

9か月前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b035febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e4 10
光媒の花

光媒の花

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

短編と短編の繋ぎ方が好きです。長編を読んでいるようでした。 これに連なる、連作小説「鏡の花」読むのが楽しみになりました。

約1年前