41z8rkp8fbl

「FBIが最も恐れた」史上最強のハッカーケビン・ミトニックは、コンピュータやネットワークの優れた使い手であるとともに、"ソーシャルエンジニアリング"という... 続き

コメント

企業が守ろうとしている情報をハッカーはいかにして手に入れているかを様々なエピソードをまじえて紹介している。
すべてのエピソードは数々の企業のハッキング経験のあるケビン・ミトニック氏自らの体験を元にしていると思われる。
中心となる技法は「ソーシャルハッキング」。セキュアなシステムを突破するのではなく、内部者(インサイダー)をターゲットにし、彼らを利用して情報を抜き出す。
情報セキュリティというのは単なる技術の問題ではなく、そこには社会学や人間学への理解が不可欠であることが痛いほどわかった。
最終章の情報セキュリティポリシーは数多くの企業がこの章から借用してポリシーを作っていそうだと思うほど精緻な内容だった。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c1e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55

社会

LIFE SHIFT

LIFE SHIFT

7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4

yklsa

100歳まで今の生活を維持しようとすると、今の時間の使い方やお金の使い方を考え直さないといけないと感じた。

2日前

D35676fc 436e 48c3 b25b 7e8405e7ef23E1fbbdac b3c9 4e6a 9f42 ff2bbcb68876E8e7efb3 e061 4dcb b68d d92b19e44a1f 140