Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41rnqebo4vl

優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設ヘールシャムの親友トミーやルースも提供者だった。キャシーは施設での奇妙... 続き

コメント

何かが違うとずっと読んでいる間ずっと思っていた。内容がではなく、文体というか、何かが。それは解説を読んでそれだ!と納得。
“我々の多くは、書き手があたかも抑制などいっさいかなぐり捨てたかのような、我を忘れて書いたように思える作品に仰天させられることを求めているのではないだろうか。中略、本書『わたしを離さないで』は細部まで抑制が利いていて、入念に構成されていて、かつ我々を仰天させてくれる、きわめて稀有な小説である”
つまり、私が読みたいのは抑制されているものなのだと強く自覚した。それは文学に限らず。
よくある制度をぶち壊そう!という話ではなく、疑問を持ちつつも、受け入れて生きる普通のキャシーが主人公。始まりの話でも終わりの話でもない真ん中の話。
本当に良いものって余韻で決まると思う。この本はとても長く、いい余韻でした。

思い出すと、一人の夕方に切ない気持ちになった時みたいになる。

普段は本や映画で心を揺さぶられることなんてあまりないのだけれど、これは珍しく泣きそうになった。

「それは、時間切れ、ということです。やりたいことはいずれできると思ってきましたが、それは間違いで、すぐにも行動を起こさないと、機会は永遠に失われるかもしれない、ということです。」

全てを知った後、このセリフが何よりも重く感じた。

ものすごく衝撃を受けた一冊。
読む前と後で、自分の中の何かが確実に変わったと思う。
ドラマ化を受け再読中。

人が生きていくのに必要なものって、主人公が子供時代に大切にしてた宝箱(+ささやかな思い出)なんじゃないかって思いました、どんな人にとっても…。

しんじられない宿命を、静かに受け入れて生きる子どもたちが育ってゆく話。あってはならないけど、この世界のどこかに在るのかも、ヘールシャムはそんな不思議な場所。

じわじわ、じわじわとくる本。文庫版よりハードカバーの重さがマッチするけれど。

登場人物たちの思い出話は、僕らの青春時代をくすぐり、その空気感を1冊の小説に漂わせる。子どもから大人になるときのちょっとした怖さ、慣れとかそういうの。リアルだけど、どこか浮世離れしてる不思議な物語。

誰かのために生まれ死んでいく「使命」を背負わされた「クローン人間」たちの物語。
臓器を提供するためにクローン人間が作り出されるなんて非人道的だとはわかっていても、自分の子供が、配偶者が、親が、友人が、不治の病に罹った時に同じことを言えるか、と問われると頷けないかもしれないと思った。
ドラマ化がきっかけで読んだ作品だけど、個人的にはドラマの方が好きかも。

凄まじいテーマ。抗えない力。いつかこういう世界になりそう。カズオLOVEやで。映画もよかった。大号泣。離さないで、って強く思う。

普通の小説だったら大騒ぎになって主人公が大泣きするような事実を、どうしようもない現実として淡々と静かに受け止めている無力感が好きです。他の方も書かれているけど、じわじわと余韻が素敵な小説。再読したい。

どんどん便利になる世間の裏を垣間見るような異彩を放つ作品。
鳥肌が何回もたちました。
物語の構成もさすがという印象でした。

密かな告白がじっとりと熱を持っていく。語られる相手を想像してみると印象が変わってくる。
読後感の情景は切なく綺麗。

ほかにも思ったことはたくさんあったけれど、女の子ふたりと男の子ひとりが出てくる話、という括りでみたときにも、読めてよかったなっていつも思う本

抑えた筆致で静かに語られる物語は結末まで予想させられながらも、その世界の異様さとその中で誠実に生きる存在に圧倒させられてしまう。彼らは私たちとどこもちがわない。

読者

991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea80dc05543 aa24 475d bce5 9e3e58524f637328cc82 7b69 4a9a 8e67 fbed9d25f8f00fa13e3d 4cf8 4ec2 87cb a492b92b1e171ad133c3 176e 4898 b934 b913a0bdff0a5f789a04 8222 44bc 9511 709d5bd5fceeIcon user placeholder52757853 4979 4685 8f0e 2287b9d2298c 116人

カズオ・イシグロの本

浮世の画家

浮世の画家

B67c853a d9fe 49ee ace7 fb82be84a225

Jun

一年のうちに何回か読書ブームがや…

今話題のカズオ イシグロさんの本ということで手に取りました。浮世絵が好きなこともあり。 淡々とした文体が苦手な私としては読書の途中で解説を読み、ようやく読み進めることができました。 いくつかのエピソードが、少しずつずれながら重なり合い、独特のリズムから浮遊感を感じました。 主人公の言動も浮世を漂う感じがあり、浮世絵(=floating world、正確には浮世絵画家ではないけれど)と、浮世を生きる画家を意味するタイトルに妙に納得しました。

19日前

9727e8b0 10dd 4c31 b733 85abb59bdfbbEcd0ac37 465d 4193 abbf fdc26ebbcdec7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5
忘れられた巨人

忘れられた巨人

2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d

aaooaui

読んだなら、書こう、なるべくなら…

記憶と忘却。記憶も忘却も私、貴方、彼、彼女による日常の営みであり、その記憶、各々の主観により様々に変容するそれら記憶は「事実」を「史実」に変える。 アーサー王という実在、不在が未だ解き明かされてはいない伝説の人物が亡くなってしばしの物語。 この物語、歴史の主観は誰のものなのか。語り部は?アクセル、ベアトリス、ガウェイン、ウィスタン、エドウィン、常に三人称の登場人物。最後の最後、唐突に現れる一人称。その存在。その役割。 示唆的な登場人物達と彼らの会話、行動は一読だけでは読み取れない意味が散りばめられている。いつかの再読必須。読み終えた誰かと語り合いたくなる一冊。

23日前

1f00d153 09b9 4aef ae95 b3ca6aaf28b5E186dcaf 76b3 4931 a8f2 f0b18cfb3deaB8dc54fb 1533 4bbf 89c7 aa00a4e3db57 10
わたしたちが孤児だったころ

わたしたちが孤児だったころ

D12499a3 7577 4a9e 9ed0 5c28fedebfaf

Ryuji

楽器メーカーで、音楽関係の仕事を…

ミステリーと幼年期の淡いノスタルジアが並列で描かれ、最後に現実と直面する。現実に放り出されてからの人生(親から離れ孤児になること)が本当のスタートなのだ。

約1年前

Icon user placeholderF4a8d2f0 ba0c 41a1 9336 7c952a8c4772
遠い山なみの光

遠い山なみの光

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

読後感さらり。池澤夏樹解説にあるように、カズオイシグロは自分の気配を消せる作家だなあと。会話のすれ違いは腹立たしくなる程に見事だった。

約2年前

7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5C41119d5 641a 4faa 92e7 bf677218f36eF4a8d2f0 ba0c 41a1 9336 7c952a8c4772