41t04brempl

詩人の「わたし」と恋人の「S・B」と猫の「ヘンリー4世」が営む超現実的な愛の生活を独創的な文体で描く。発表時、吉本隆明が「現在までのところポップ文学の最高... 続き

コメント

いつか再読しなければならない。2016.12.23

詩(S・B)を失い、小説(トーマス・マン)は存在せず、戯曲(ヘンリー4世)は死ぬ。そんな世界で、それでも彼は「詩人」としてしか存在できない。

大学生のときに読んで、意味分かんなくてもおもしろい、というのがあってもいいんだ!と気づかされた本。勇気をもらえる。

わけわかんないのに読んでしまう
わかんないのになんか残る
「わけのわからないもの」の正体が何なのか、わたしにはわからないのだ。

最高の本です。図書館に、文庫じゃないのがあったらそちらをお勧めします。
オーバーオールを着た著者の写真を眺めつつ時代を感じるのもまた一興…

読者

A64b9974 87c6 40ad bba0 d75f88dae8904039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d69909b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dAbb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141F060dddb 03e9 4547 8591 84afdcd4d7794fba8f39 a492 4087 9784 74dbe1042f73A6b0ef35 9a46 455b b852 42e12b1a3197 16人

高橋源一郎の本

恋する原発

恋する原発

Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141

はる

、。

これはヒドイと読んでいたが、最後まで読むことでヒドイことの意味がなんとなく分かる。 ただヒドイだけじゃなかった。 ヒドイ事とか汚いことに目を逸らして生きてるな人間って、そういうのが創られ過ぎてて、それは本当に綺麗なの?って自分にも言いたくなる。

8か月前

Icon user placeholder238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d69900e812377 5019 4a4b 9f61 8f482e1f71b5