5162r9rgmxl

「この国の老いた暦を斬ってくれぬか」会津藩藩主にして将軍家綱の後見人、保科正之から春海に告げられた重き言葉。武家と公家、士と農、そして天と地を強靱な絆で結... 続き

コメント

最後まで飽きない素晴らしい本でした!

 北極出地等を通じて信頼を勝ち取った渋川春海は、遂にこの国独自の暦を作りあげるよう命じられる。挫折を味わいながらも、春海は自らの事業を成し遂げるために奮闘する、という話。
 老成した春海が反対派を切り崩すために、一手一手を打っていく様が爽快。そうした春海の手も様々な人々助けを得て彼らの意思を受け継いだからこそ、と思うと心に染みるものを感じた。
後半になればなるほど面白い本だった。

面白い。感動、感銘を受ける時が私は生きてるなかで結構好きなのでおもしろかった。

いろんな人の支えと自らの強い意志により、改暦事業に挑む渋川晴海の物語。とても、キレイに纏められた作品。解説の養老孟司の『読んでいて、淀みがない、すらーっと読めてしまう』ってところに共感。

読者

1e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320f4b866375 cfdc 45cc 9ffa 4dbd8ba92319Icon user placeholder883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e040931525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e278682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c06746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6 14人

冲方丁の本

SF JACK

SF JACK

0b510c0b 9b50 415e bb87 86f711ef2cf5

岩田昂士

読んだ本しか登録しないのだが、全…

8/10点 買い。 内容には触れず独断採点のみ書く、何様スタイル。

4か月前

戦の国

戦の国

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

戦国時代の連作短編集。語りつくされた戦国の人物を短編の中で活躍させるのは難しい。中では、大谷刑部吉継の話が面白かった。

7か月前

214e5862 3263 4a86 b0a9 70053bd33b5b84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690
〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

10か月前

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 9