51bsjhtrmvl

コメント

短編なので読みやすいです。
不思議な暗い感じの余韻があるお話です。

でも物語の情景が浮かび、特に第一夜のお話が好きです。

「あなたの1番好きな本は?」と聞かれたら、夏目漱石の『夢十夜』と答えます。第一夜の衝撃たるや。儚くて愛しくて、言葉に出来なくて、悲しくて切ない、日本語だから表せる世界。それを味わえる幸せ

短編と詩的な文章。って言うものあるからなのか、しんみりした結末はなく中身の濃い話が10篇。
わたしは読んでる間全て青色がかっている映像が流れる妄想でした。
スパッと終わってしまう話しは少し儚い感じが漂っていました。

10、11 2016 草枕は本当に大切な一冊

読者

18408e5b f9e2 46e7 99b2 c9365be137731ca6db25 d162 41dc 9881 a70df25b9aef7f2b2e65 8fbb 4f3a ac4a d3b03f83111d49c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a7245e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41Icon user placeholder514bfccf 76bc 42a4 83be 1a1c78511c6e5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 22人

夏目漱石の本

三四郎

三四郎

C7ff48ab 6db1 475c a7a8 2c64c59e5911

三日月

乙女です

5年くらい前に、漱石の「坊っちゃん」を読みましたが、面白さが全くわかりませんでした。 なので、漱石は苦手だというイメージかあったんですが、「三四郎」は最初からすっと物語に入っていけました。 田舎から出てきたはかりの学生と東京育ちのお嬢さんのなんとももどかしい恋。 三四郎の不器用さに時には吹き出し、時には「めんどくさっ」と思いながら読みました。

6か月前

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 12
彼岸過迄

彼岸過迄

002afacd 03e0 43cb b351 f3a04e318b71

okome

japanese

◎ 水のモチーフ 水蒸気、雨、悪い水 ステッキの役割 恐れる男と恐れない女

6か月前

A1d2f246 e8f9 4a3a a31c b88c8d3fa4634fba8f39 a492 4087 9784 74dbe1042f73
門

5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

ちょっとした落ち着きを感じる、夫宗助と、その妻御米(およね)、夫婦はひっそりと暮らしていていたのですが、宗助の弟小六(ころく)の学費の事で問題が発生し、交渉を行わなければならなくなったのですが...というのが始まりです。穏やかそうにみえた暮らしを営む夫婦の今はどのようにして成り立ったのか?またある救いを求めさまよう宗助の心の置き所は見つかったのか?という作品です。 「三四郎」と「それから」に続く3部作として名高いようですが、私はまだその前の作品を読んでません。 内容に言及しています! どんな時代であったとしても、不変的テーマの一つだと思いますし、安易な解決策が示されるわけでもなく、それでいて破滅的な局面があるわけでもなく、それでも読ませる作品でした。「こころ」も好きですが、今現在「門」を読み終わった後としては私は「門」が作品として、私の好みとして好きです。 宗助の性格の変化、諦観に至った状態、そしてある偶然からかき乱される心情、どれもとても理解できますし、妻御米をいたわる部分がリアルに感じられました。最初のエピソードでもある、ある漢字が気になって疑り始めると全く分からなくなってくる、という部分に宗助の傾向を納得させられてしまいました。やはり文章がとても上手い、奥行きがあるのもそうですが、月並みですが風情ある、季節感じられる描写、不自然でない対比、作為をきちんと隠す技術、匂いたつ描き方、次第に明かされる過去といった構成、そして比喩。どれも素晴らしかったですし、この世界に入り込んでしまいました。比喩にいたってはほとんど全編に至って出てこないのですが、計算されたにしても見事なくらいのタイミングで、カタルシスを感じさせるタイトルとの直喩が、私にはとても重く、感嘆しました。あたりまえかもしれませんが、上手すぎです。いろいろな読み取り方が出来るのでしょうけれど、簡単に抜け出せない日常と日々積み上げてきた、あるいは積み上げるしかなかった物事の結果を受け入れる(それももがいた挙句の!もがく事をしない最初からの諦めではない)宗助と御米の穏やかな日常に帰ってゆく部分が最初の場面と重なってまた良かったです。 新聞でこのレベルを連載されたら、みんな新聞読みますよね。また、当時としてどんな評価だったのか?も気になります。今の作家さんでいったらどんな方に該当するのでしょうか?人気がある新聞作家、もう絶滅してしまったように思われます。 淡々とした日常から、宗助や御米の人柄を浮きあがらせ、少しだけ不明な部分をフックとして読み手を惹き付け、なお展開まで伏線とは気がつかれにくいようにし、その上キャラクターが読み手に充分伝わったところで過去を語ってゆく構成など、本当に素晴らしかったですし、王道です。だからこそ少し気になる点について。 私は新潮文庫版を読んだのですが、この新潮文庫の背表紙に作品のあらすじというか紹介があるのですが、サイテーの文章だと私は思うのですが、いかがでしょうか?2人の過去が分かっていたら、ある邂逅を知らされていたら、こんな不親切で、おせっかいで、知ったかぶりたがる紹介はサイテーだと思うのですがどうなんでしょうか?酷いと私は思います、親切でもなんでもなく、この文章の書き手のセンス無さと虚栄心がにじみ出ていて非常に気に障ります。この点が不満でした。 夏目漱石さんがお好きな方に、あるいは全ての日本人の方に、オススメ致します。私の中では「こころ」がどんな方にでもオススメするベストの作品に変わりは無いですが、個人的にな好みとして、作品の扱う世界の大きさとしても、「門」が1番好きです(まだそんなに読んでませんが)。 2008年 12月

約1年前

843f7463 f023 4cfe 9c2e 1532a7b3f9394fba8f39 a492 4087 9784 74dbe1042f737cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5