61o3yv2bfwl

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作! 続き

コメント

本屋大賞、おめでとうございます。
納得のいく作品でした。
こんなにも人の心の機微、ピアノの鮮やかな音色を言葉にできるこの本に感動しました。
確実に私の人生で1番好きな本です。

ピアノを弾くかのごとくストーリーが流れ込んで来て、読むスピードが頭の中の映像に追いつかない感覚。文字を読み飛ばさないよう必死にしがみついてる感じで、気がつけば読み終えてた。ストーリーをそのまま文字にした感じがあって爽快。

様々な曲のタイトルが出て来ますが、クラシックの素養がない私には1曲もピンと来ませんでした。
しかし音楽やコンテストのことを知らなくても、そこに携わる人達のドラマを感じることができます。
作中の冒頭に「小説には言葉の壁があるが、音楽にはそれがない」という言葉がありましたが、言葉で音楽を表現しているのは見事の一言です。
最後のページに審査結果が出ていますが(絶対に先に見てはいけません)、最年長のコンテスタントに感情移入していた私はそれを見て涙が止まりませんでした。
結末を早く知りたいのに、終わらずにいつまでも読み続けていたいと思うような作品です。

楽しかった。

本の中にいる間は、限りなくコンテスタントであり、審査員であり、スタッフの内の一人でいることが出来た。

天才故の余裕綽々にもいろいろあり、ここに至るまでの葛藤に触れると、身震いがした。
この境地に耐えることができるのだろうか。

教養系書物(勝手に呼んでいるジャンル)は、
こちらの世界を広げてくれて、且つ作家さんの緻密な取材努力の上に成り立っているからこそ、
こちらは、手放しでどっぷり浸かるだけ。

素晴らしい音楽と、美しい文章で成り立っている本書は楽しかった。

新しい世界へと
背中を押してもらったような気がする。

ピアノ科の学生や、コンクールを受ける側の描写がとても細かくて、恩田陸さんって音大生だったのかな?コンクール受けたことがあるのかな?なんて思わせられるほどでした(わたしは元音大生andピアノコンクール経験者)。
昔ピアノを通して感じていた、とても大切な、心の根源を思い起こさせてもらいました。

ここ最近で一番好きな作品。

ストーリーの展開や登場人物の心理描写も圧巻だが、「音楽」という壮大なテーマに対してここまで核心を突いた作品は今までなかったのではないかと思うほどでした。

ピアノやクラシックが好きな方はもちろん。音楽に興味がないという人も音楽に引き込まれるような素晴らしい一冊でした。

恩田陸さんを好きになった
きっかけはこの作品でした。
大好きな作品です。
読んでるだけで音楽を感じます。ピアノの鍵盤から奏でてくる音色、会場の空気感、演奏者の映像、何故か浮かんでくるんです。本当に素晴らしい作品です。

恩田陸読んだのは学生時代以来。見事だった。読んでる最中からクラシックを耳が求め始め、iTunesでクラシックをダウンロードしたりタワレコのクラシックコーナーを徘徊したり。これって、私の人生変えてるってことじゃない?クラシックを求めるようになるなんて思ってもいなかったよ?そう考えるとすごい本かも…風間塵は私にとってもギフトだったんだ…と。ええ、感動しました。人物設計が実にうまい。

音楽という、目には見えないものを捉え、言葉で豊かに表現できる恩田陸さんは、やっぱりすごい。

どの登場人物も魅力的でしたが、私は28歳のコンテスタントの彼の、働きながら自分の夢を描く姿に心を打たれ、応援しながら読んでいました。

直木賞を獲ったという事もあるけども、どの書店でも売れているようなので、久しぶりに恩田陸を手に取る。分厚さにびびったけども、一気読み。続きが気になる!って気持ちは久しぶりだったなぁ。やっぱりこの人の小説は凄い。
音楽を文書で書き留めるのは、困難に思えるが、「物語」への愛によって見事に達成されている。遅くなりましたが、直木賞おめでとうございます。面白いので、皆さまも是非に!

4人のピアニストによって「音楽とは何か」ということが語られる。
自分の中にあるもの?生活の中にあるもの?外に連れ出したいもの?
塵、マサル、亜夜という(分かりやすい意味での)天才と、彼らとはまた違う場所から音楽を志す明石。それぞれがピアノ(音楽)を通じてそれぞれの生き方に影響し合う姿に胸が熱くなりました。

積んでた本、読了。

久しぶりに恩田さんを満喫できた本。
雪月花黙示録から少し恩田本から離れていたけれど。
厚さにワクワクしながら読み始めてあっという間に読み終えた。

いいなぁ。こういう小説が読めるって幸せ。

音楽を聴くことはもちろん
小説を読んだり映画を観たり、友人と話したりするのは
こういう瞬間のために、こういう喜びのために
求めているからだし
仕事をすることも、日一日を暮らしていくことも
生きている時間の全てがこういう風に祝福されているといいなと
思い出させてくれた。
読み終わりたくなかった。
音楽が聴きたい。

読めば途端に音楽の世界に引き込まれ、コンテスタント演奏中の描写では、そこに居るのと同じようにわたしの頭の中にも音楽が響きわたり、聴衆と同じように心揺さぶられ涙した。濃密なピアノコンクールが行われた二週間をまさに共有した読書体験。『人間の最良のかたちが音楽だ。』20161015

音楽の素晴らしさが、綺麗に表現されてます。コンクールの曲を聴きながら、読み進めました。読むのがもったいないくらいの本でした。途中、曲の表現がしつこく感じることもありましたが、私もホールでコンクールを聴いている様な気持ちになりました。

ピアノ好き、クラシック好きは是非読んでほしい!
演奏中の描写が想像を掻き立てます。曲を知ってもう一度読むと尚更興奮。
登場人物の個性も好きでした。
私自身音楽の道に強く憧れていた分、挫折や葛藤や憧憬全部含めて、キラキラした世界に見えました…(*´-`)

対比が美しい作品。
音楽に愛された人々と音楽を愛した人々、どちらもその人なりに音楽に向き合っている。瑞々しい。臨場感がある。

本から音がこぼれてくる。あふれてくる。目の前に景色が広がる。すごい、の一言。久しぶりに夢中になった。

読者

0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd195b95716f 620f 4cd5 9824 e4394702c8fe8ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184Icon user placeholderC86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c78424ff58 6f3b 4fbc ab8b 5d1df084f564Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e990a75e30 a2dc 40fc b779 5ebad57b901d 555人

恩田陸の本

劫尽童女

劫尽童女

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

「蜜蜂と遠雷」を読んでから恩田陸さんのファンになってしまった。特殊な能力を持つ少女、遥。追いかける秘密組織との闘い。劫尽とは世界の破滅をいう。 恩田陸さん曰く、「SFというのは、世界と直面し始める思春期に、自分と世界について考えるための絶好の手掛かりであり、永遠の青春小説でもある。」あとがきより

2か月前

八月は冷たい城

八月は冷たい城

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

『七月に流れる花』の続編に位置付けられるお話。 『七月に〜』でお城自体の秘密が明かされた後の、「みどりおとこ」の秘密の話。

5か月前

B409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef32920b0282 2ef3 4ce4 94aa f963c9b6650eIcon user placeholder 9
七月に流れる花

七月に流れる花

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

隠されていた謎は、寂しくて悲しいものでした。 かくしていたものは、優しい優しい嘘でした。 しっとりとした物語。 真夏の日差しの中で読み返したいな。

5か月前

F60f649a 83fa 45fb aafe bcf6a4abf8acA79a3eb1 108c 41f6 9191 3ec772c8110bB409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef32 11