Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
61o3yv2bfwl

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作! 続き

コメント

本屋大賞、おめでとうございます。
納得のいく作品でした。
こんなにも人の心の機微、ピアノの鮮やかな音色を言葉にできるこの本に感動しました。
確実に私の人生で1番好きな本です。

ピアノ科の学生や、コンクールを受ける側の描写がとても細かくて、恩田陸さんって音大生だったのかな?コンクール受けたことがあるのかな?なんて思わせられるほどでした(わたしは元音大生andピアノコンクール経験者)。
昔ピアノを通して感じていた、とても大切な、心の根源を思い起こさせてもらいました。

ピアノを弾くかのごとくストーリーが流れ込んで来て、読むスピードが頭の中の映像に追いつかない感覚。文字を読み飛ばさないよう必死にしがみついてる感じで、気がつけば読み終えてた。ストーリーをそのまま文字にした感じがあって爽快。

恩田陸読んだのは学生時代以来。見事だった。読んでる最中からクラシックを耳が求め始め、iTunesでクラシックをダウンロードしたりタワレコのクラシックコーナーを徘徊したり。これって、私の人生変えてるってことじゃない?クラシックを求めるようになるなんて思ってもいなかったよ?そう考えるとすごい本かも…風間塵は私にとってもギフトだったんだ…と。ええ、感動しました。人物設計が実にうまい。

直木賞を獲ったという事もあるけども、どの書店でも売れているようなので、久しぶりに恩田陸を手に取る。分厚さにびびったけども、一気読み。続きが気になる!って気持ちは久しぶりだったなぁ。やっぱりこの人の小説は凄い。
音楽を文書で書き留めるのは、困難に思えるが、「物語」への愛によって見事に達成されている。遅くなりましたが、直木賞おめでとうございます。面白いので、皆さまも是非に!

青春、とはまた違うけれど
すごく鮮やかな青を感じる作品。

文章と音楽が合わさって、共鳴しているかのような感覚を覚えます。しかも、それぞれのコンテスタントの個性をしっかりと表現されている。圧巻のショーを見せていただいた気分です。

積んでた本、読了。

久しぶりに恩田さんを満喫できた本。
雪月花黙示録から少し恩田本から離れていたけれど。
厚さにワクワクしながら読み始めてあっという間に読み終えた。

いいなぁ。こういう小説が読めるって幸せ。

音楽を聴くことはもちろん
小説を読んだり映画を観たり、友人と話したりするのは
こういう瞬間のために、こういう喜びのために
求めているからだし
仕事をすることも、日一日を暮らしていくことも
生きている時間の全てがこういう風に祝福されているといいなと
思い出させてくれた。
読み終わりたくなかった。
音楽が聴きたい。

なるほど、これが天才ピアニストというやつか。読んでる最中はずっとこんなこと考えてました。ピアノはもちろん音楽の世界になじみのない私でも、一度コンサートかコンクールを聴きに行ってみたいなと思わされました。

読めば途端に音楽の世界に引き込まれ、コンテスタント演奏中の描写では、そこに居るのと同じようにわたしの頭の中にも音楽が響きわたり、聴衆と同じように心揺さぶられ涙した。濃密なピアノコンクールが行われた二週間をまさに共有した読書体験。『人間の最良のかたちが音楽だ。』20161015

対比が美しい作品。
音楽に愛された人々と音楽を愛した人々、どちらもその人なりに音楽に向き合っている。瑞々しい。臨場感がある。

本から音がこぼれてくる。あふれてくる。目の前に景色が広がる。すごい、の一言。久しぶりに夢中になった。

難しい内容がとても爽やかに読みやすくなっていてさすがだなぁと感じました。
私に音楽の知識がもっとあれば良かった。

色々なジャンルを書かれている作者さんですが好きなジャンルの作品がまた一冊増えました。

2017-6-17
すごい。押し寄せる言葉と音がすごい。
少しだけ出てくる生け花のくだり、10年くらい習い続けてるのでハッとさせられた。

例えばリストのソナタが謎のストーリーで表現されてる箇所など抵抗感あった。

たとえこの演奏をライブで聴いたとしても、これを読んだ以上に心を揺さぶられることはないだろう。

読者

F88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249919f7a896d 3e0d 45f4 b79b 49d552e27487Bf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c034fc4d1d2 1398 48ef b5d7 1022bca7fde9Icon user placeholder87880b7a 897b 4f56 8fd1 56261784aefe 244人

恩田陸の本

私と踊って

私と踊って

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

19の短編集。 表題作『私と踊って』が良かった。 19編のお話、私は図書館で借りたので1編だけ未読。さあ、いつ読めるかな。

10日前

夜の底は柔らかな幻〈下〉

夜の底は柔らかな幻〈下〉

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

先に「終わりなき夜に生まれつく」を読んでいて良かったかも。普通に読むよりは面白い読み方が出来た。 ミステリーとはまた違った恩田ワールドは、「遠野物語」の頃よりパワーアップしていて、現実離れしたこれこそ小説の醍醐味だよねと思う。 ラストのもやもや感も恩田ワールドだったなぁと。

約2か月前

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4B69a4a02 80f7 46c6 91dc 5f18242eca6c
夜の底は柔らかな幻 上

夜の底は柔らかな幻 上

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

先に「終わりなき夜に生まれつく」を読んでいて良かったかも。普通に読むよりは面白い読み方が出来た。 ミステリーとはまた違った恩田ワールドは、「遠野物語」の頃よりパワーアップしていて、現実離れしたこれこそ小説の醍醐味だよねと思う。

約2か月前

D3cc07da 0f68 4277 a71e 0a5dcd0f4730579a43ba 1d10 4545 a210 310fda0aa26e54b61ab2 431f 4207 86f5 192676cadd17 9