51mcd2i6ogl

講談社創業100周年記念企画として刊行された全集「興亡の世界史」の学術文庫版。大好評につき第2期スタート! 「ロシア」は初めから現在のような「大国」だった... 続き

コメント

世界史取ってなかったこともあって新鮮に読めるこの興亡の世界史シリーズ。切り口がいろいろ面白くて順次読むのが楽しみ。今回手に取ってみたのはロシアの通史。かなり駆け足にノルマン人がロシアという国の元を作ってからロマノフ家が互選で王に選出され、そしてロシア革命からソビエトの誕生、そして崩壊までをまとめてある。あの広大な領土は国ができてすぐにモンゴルに支配されてしまったことから経済面というより安全保障の目的で必要とされたこと、欧州の一員であろうと王室がリードしてかなり頑張ってきたこと、また格差社会をどうしても解消できずついに革命に至ったことなど、興味深いあの国のことがコンパクトにまとまっていて楽しく読めた。第二次大戦でも一番被害を受けたのはソビエトだしそれ以外にも何度も大きな損失があっていやいや大変でしたね、という感じ。そりゃ多少荒っぽくもなるかな、という印象を受けました。面白かった。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

新刊

なぜ京急は愛されるのか: "らしさ"が光る、車輌、サービス

なぜ京急は愛されるのか: "らしさ"が光る、車輌、サービス

19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750

Masahiro Kishi

書店現場購入主義

京急電鉄は関西の鉄道と並んで、こだわりの強い気質な鉄道会社と聞く。京急の底力を見せようと台風が来ても対応し、雪が来ても耐雪ブレーキではなく、対雪ブレーキで雪に挑む。運行管理もコンピューターは最小限にし、運転主任といった駅・車掌・運転士の全てを経験しないとなれない役職を通じて、信号機は手切替、連結もスピーディーにこなす。お陰様で『いっとけ(逝っとけ)ダイヤ』が公式に使われており、最近簡単に起きる輸送障害にも臨機応変にやってるなぁ、と思うことがある。次のこだわりはステンレス車体の完全塗装だそうで、まだまだ『らしさ』を生み出し続けていく。

9分前

関東エリア 一都六県 コミュニティバス図鑑

関東エリア 一都六県 コミュニティバス図鑑

19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750

Masahiro Kishi

書店現場購入主義

関東地区に限られるが、コミュニティーバスの図鑑。子供向けではあるものの、今まで出てきた本が学術的なものが多かった中で、写真を中心に取り上げている貴重な1冊。「地域のバスだろう、要らなくね?」とからかわれそうだが、東京では島嶼地区も取り上げられている。絵本なのでお手頃でもあった。また中型〜小型バスの、生きた例を呈した本ともいえよう。

約1時間前