51mcd2i6ogl

講談社創業100周年記念企画として刊行された全集「興亡の世界史」の学術文庫版。大好評につき第2期スタート! 「ロシア」は初めから現在のような「大国」だった... 続き

コメント

世界史取ってなかったこともあって新鮮に読めるこの興亡の世界史シリーズ。切り口がいろいろ面白くて順次読むのが楽しみ。今回手に取ってみたのはロシアの通史。かなり駆け足にノルマン人がロシアという国の元を作ってからロマノフ家が互選で王に選出され、そしてロシア革命からソビエトの誕生、そして崩壊までをまとめてある。あの広大な領土は国ができてすぐにモンゴルに支配されてしまったことから経済面というより安全保障の目的で必要とされたこと、欧州の一員であろうと王室がリードしてかなり頑張ってきたこと、また格差社会をどうしても解消できずついに革命に至ったことなど、興味深いあの国のことがコンパクトにまとまっていて楽しく読めた。第二次大戦でも一番被害を受けたのはソビエトだしそれ以外にも何度も大きな損失があっていやいや大変でしたね、という感じ。そりゃ多少荒っぽくもなるかな、という印象を受けました。面白かった。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

新刊

マスカレード・ナイト

マスカレード・ナイト

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

マスカレードシリーズ3作目、これもラストでしょうか。 今回は多くの登場人物がそれぞれの思惑で動き、複雑に絡み合うため、最後に頭の整理が必要でした。序盤から出てきた「密告者」の使い方が本当上手いと感心させられました。 気になることが2つ。藤木総支配人は、何故こんなタイミングであんな提案を受けてしまったのか。あの2人は記念撮影はできたのか。ラストまで読んでも解決しませんでした。

約6時間前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 75
自律神経を整える最高の食事術

自律神経を整える最高の食事術

24249490 c6b8 4eef a753 5e6fc02be739

まるさん

15万人施術した 背骨とお話しす…

自律神経と腸内環境から健康的なカラダを目指すというコンセプトの食事術 水を重視しながら、食べ物ではなく、食べ方から見直そうという提案は参考になる。 糖質制限の問題点についても言及しつつ、糖のもたらす悪影響も語っていたり、コンビニ食の上手な活用法まで書いているのは現実的。 これが健康的かと言われたら、少し疑問を感じるものもあるが、真っ当なことを書いていると思う。

約19時間前

侠飯5 嵐のペンション篇

侠飯5 嵐のペンション篇

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

ご飯が美味しそうなシリーズも5段目になると、過去の登場人物はもう全員は出て来ないですねー舞台も奥多摩なので、場所的にも難しいかな… 今回の迷い人は若者二人。かと思いきや、もう一人二人三人…結構いっぱいいました。 ちょっと不便な奥多摩のペンションで、5億円強奪事件も絡んで、ちょっと面倒な人々と、頼りないペンションのオーナーさん。 人間模様も魅力です。

約21時間前