51vf urrvfl

姉と絶縁中のOLと、ルームメイトの毒舌女子。怒りん坊の妻と、そんな彼女を愛しているけれど彼女のかぞくに興味を持てない画家の夫。バツイチのアラフォー男性と、... 続き

コメント

家族または家族未満の登場人物たちの家族小説。
人は皆、別々の人間なのだから決して100%満ち足りた関係にはなれないと分かっていても、「家族」という関係にあるというだけで人は相手に多くのものを求め、傷つけ、傷ついてしまう。
とは言え、本書の登場人物たちは妙に物分かりがいいかも。
それも「家族」未満の良さかもしれないけど、儚い繋がりだなぁとも思う。

読者

7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea438aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a219b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935dAd8491c8 7d79 4bfe 8cab 340eb81a809a 4人

奥田亜希子の本

透明人間は204号室の夢を見る

透明人間は204号室の夢を見る

807a63ad 5d2a 4e56 967f 55980bfaec41

Yu Aki

出版社で働いています

孤独な私は、誰からも見えていない。 自分は、本当に存在しているのか。孤独を感じる主人公が抱いたのは「自分は透明人間だと思い込む話」。 透き通るかのように清らかな文章の中に、感情の機微が輪郭を持ってはっきりと描かれる不思議な筆致力。次回作も読みます。

約3年前