31qfjvejrdl

どうすれば自分の気持ちや考えを「文章だけ」で伝えることができるのか?この授業のスタート地点はそこにある。そう、僕らは「話せるのに書けない!」のだ。人に口で... 続き

コメント

書くことについて、小手先のテクニックではなく、文章を書くための考え方がまとめられている。章ごとのまとめのページもあり、わかりやすい。
書くことは考えること。

学校の先生じゃなくて、カリスマ塾の先生に教えてもらっているみたいでした。
書く事に不安になった時に、側に居て欲しい本です。

文章を書く上でとても参考になりました。

学校で教えてくれない文章の書き方を分かりやすく学べます。

読者

1e80f26e 82b1 4c26 9224 d05d63c6afadF5a1d64f b949 49a2 97d6 2c704537cff0Icon user placeholderIcon user placeholder2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0cF64adade 26bd 472c ac66 0aa7661a28f0Icon user placeholder48909f13 5e9b 4772 8e48 1168c29c8e91 85人

古賀史健の本

古賀史健がまとめた糸井重里のこと。

古賀史健がまとめた糸井重里のこと。

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

糸井糸井さんが、自分自身のことを語る。 こういう本がずっと欲しかった。 気を許すことのできる古賀さんがインタビュアーになることで、 本当のことを、 本当の言葉で、 誇張することなくまっすぐに語っている気がしました。 個人的に岩田さんとのエピソードにたっぷりページを割かれていて、すごくうれしかったです。 糸井さんと岩田さんのやりとりを、 もっともっと見たかった。 2人とも、心から尊敬しています。

約1か月前