Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
61u5 mpqkql

同じ商店街で幼なじみとして育ったみひろと、圭祐、裕太の兄弟。圭祐と同棲しているみひろは、長い間セックスがないことに悩み、そんな自分に嫌悪感を抱いていた。み... 続き

コメント

節操のかけらもない。
性衝動を抑えようともしていないように感じる。
間接的な近親相姦かな?
エロ小説としてはまぁまあかな。

思っているけれどうまく言葉に出来ない事を窪さんはいとも簡単に言葉にして紡ぎだしてくれる。
正直なお話で後味は悪くなかった。

友人に進められていて、たまたま夏文庫コーナーで目にとまって購入。
1つの物語があって、その物語に対して登場人物1人1人がどう感じているのかが生々しく書かれています。
想いが届かない切なさ、まさかの展開、面白いです。

夫婦でも恋人同士でも、月日の長さだけでは築けないこともある。だけど、恋愛や結婚という関係性を通して人と繋がること、幸せだなと思う。

読者

946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059dbEc679746 fc9c 4986 84d1 d548053f0ab481b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57Icon user placeholderIcon user placeholderD19df9af 6f16 4143 94fc 792ccd17bfd19dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3edF952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44 35人

窪美澄の本

ふがいない僕は空を見た

ふがいない僕は空を見た

1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8

persimmon1a

専ら室内生息し、ネットか惰眠を貪…

映画を見る前に読んでみようかな、と。 各登場人物の生活がどれも生々しくて、読んでて心がヒリヒリした。 友だちとしてつきあっていたのに、その友だちのとんでもない秘密をバラすチラシを投函しまくる高校生。うまく表現できないけど、なんかわかるというか、やっちゃうかも?!と思った。 あと、チラシをばらまかれた高校生の助産院を営む母親の別れたオトコに対する言葉で響いたのがあった。「彼の自由な生き方を無責任におもしろがって結婚したくせに、子供が出来た途端、夫や父親としての責任を彼につきつけた」と言って自責する。そんなに自分を責めなくても、本来なら自然にそういう役割をこなすようになれない男を責めたっていいのに、と思った。 一方で、自分は未婚なんだけど、もし仮にも結婚してたとしたら、彼女が選んでしまったようなタイプの男とだっただろうし、同じような結末となったに違いないと思った…

3か月前

04b3ec22 7468 4a40 83b4 4ace156b43fb86c4f927 2a46 4d23 ad87 0c3ba70c19219dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3ed 15