51ggmjbshrl

東大生が1番読んでいる「大学4年間」シリーズ最新刊! ソクラテス、デカルト、カント、ニーチェ、フーコー…… 重要人物の考え方を押さえながら、哲学史をざっと... 続き

コメント

なるたけ短く、なるたけ分かりやすくで面白かった。全般的に、哲学の総体的な知識は日本に足りない部分。点と点がなんとか一本の線になりそう。でもやっぱり、覚えることは多い

読者

Ae81a140 fa95 4336 aba5 cde241309298097b2bc0 f764 439d 8eb1 309c33c757b8C3c5948a 46dc 4471 abfc 816b7a7cfc136caeedda 9871 4696 852a a77336dca3edF64adade 26bd 472c ac66 0aa7661a28f0799da31c fdb2 4d40 899c 2e4dabea94ef91e4ea0d da72 4a44 bb52 0c035f3ac80eB3bc024c 3e45 4d54 8184 d0b5f9e1ef8e 9人

貫成人の本

となりのカントくん:4コママンガでカント哲学

となりのカントくん:4コママンガでカント哲学

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2

天パ太郎

特になし

題名の通りの内容。 個人的な印象だが、バランスがうまくない。 カント哲学の内容を理解するには、断片的なキーワードが出てくるだけ。 ギャグにふるなら面白さが足りない。 カントの散歩を見て、周辺の住民が時計を直したという有名エピソードを一番に持ってくるのはまあ分かるんだが、史実かどうかの注釈がないので、ただのつまらない4コマに見えてしまう。 エピソードを入れるなら、「1人で食事をすることは、哲学する学者にとっては不健康である」という言葉を言ったとか、言わなかったとか。 だから、3〜8人でご飯を食べるようにしたみたいな話を入れても良いだろうし…。 哲学×4コマというコンセプトは面白いはずなので、もう少し面白く転がして欲しかった。

12か月前