Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51zaazc6iul

もうひとつの「カーネーション」がここにあった! 日本統治下の1930年代の台湾に「洋裁」に夢を託した少女がいた。『主婦之友』『婦人倶楽部』…日本の婦人雑誌... 続き

コメント

NHK朝ドラ「カーネーション」が好きだった人は、楽しめると思います。台湾版「カーネーション」ですね。

あと、台南という街の路地の移り変わりを余すところなく伝えているので、
それはそれですごいなーと思う反面(下手な戦前の在台の日本人が描く台湾小説よりよっぽどよく書けている!)、
個人的に台南という街に行きまくっているので、
路地の詳細な説明をたやすく理解できるけども、
例えば台南に行ったことのない人が、
その箇所を見て、どこまで想像できるのだろうか……。
そんなところが、気になりました。

ただ装丁が素晴らしく、文字のインクまでセピア色にしていて、
デザイナーさんのセンスの良さを感じました。

最終章、晩年の主人公のおしゃれな姿の写真が忘れられない。日本統治下の台湾に生まれ、日本の洋裁雑誌を読んで手に職をつけ、戦後台南で洋裁学校を設立し(そして閉じ)た女性の一生を、その息子が振り返る。訳者解説に書かれている通り、日本人だとどうしても日本統治時代に関心が行きがちなところを、その後の長い戦後を丁寧に追い、そして一族の歴史を振り返る形で清の時代の台湾にも触れている。すぐ読める、短い、可愛らしい本ながら、相当に吟味された歴史叙述観が感じられる。それは著者の見識であるとともに、母と母らが生きた時代への敬意であるのかもしれない。

読者

6323d1bd 3212 4885 b9b3 0d182748c34167eac746 bb24 4280 83dd 45fe895a7c8a0b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1ae1cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d 4人

文学

食べごしらえおままごと

食べごしらえおままごと

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

追悼。「おなじ日本語を使いながら、言葉の意味がかぎりなくくずれてゆくのもかなしいが、言葉以前に、朝夕食べる野菜の味について、おいしい、といいあう舌の感度がまるでちがうことが、じつにものさびしい。根菜類も、グリーンピースもそら豆も、花かんらんも、ただ塩で茹でただけで、太陽とすこやかな土で育てられたものは、じつに豊かなおいしさを持っている。豊潤という言葉は、そういう作物を味わって来た者たちの共通認識から生まれた言葉ではなかったか。」 _風味ということーーあとがきにかえてより

25分前

Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa4Dff94a99 b9ca 4556 9326 3460233ee3ca
楽園のカンヴァス

楽園のカンヴァス

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

ひたすら面白かった。 原田マハは当たり外れがあるけれど、これは当たり。

約3時間前

9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f7426e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e9014B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee 56
家と庭と犬とねこ

家と庭と犬とねこ

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

装丁も石井桃子さんらしい雰囲気で良い。子どもの本を多く世に送り出した石井さんの人柄を初めて知った。多く共感できるところがあった。戦後間もなくの日本の暮らしを石井さんが語ると他の作家とは視点が異なり一等身近に感じられた。

約17時間前

ブラックボックス

ブラックボックス

Cbf33d7a 64dd 432c a6e3 f3aabc6f5f31

Nakano Miki

会社員

「野菜」ってなんだか健康なイメージがあるけど、実は本当にそう? なんだか根底にから崩れるような恐怖が、ひしひしと伝わりました。 少し前の話ですが、中国では野菜をよく洗うとか、野菜洗浄専用の家電があるみたいな話を聞いたことがありますが、確かに冗談ではない話だなと思います。

約21時間前

Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453