51jjrydflsl

新人編集者が目の当たりにした、常識破りのあの手この手を連発する伝説の編集者。自作のドラマ化話に舞い上がり、美人担当者に恋心を抱く、全く売れない若手作家。出... 続き

コメント

嫁にも読みやすそうな本を探してて見つけた本。
短編集は久しぶりに読んだけど、小説家と出版社を主人公にとても面白い本でした!
あっという間に読了。話半分と思っても、面白い世界だな〜と思った。

小説家や編集者を登場人物に据え、出版業界を皮肉ったショートショート。同じ穴のムジナということもあれど、エッジが効いていて大変面白かった。
文を売って有名になりたい小説家と、ビジネス視点でばかり物を考える編集者の落差が読んでいて楽しい。新人賞を取って意気込む小説家の裏で編集者が「新人賞を取ったら、それはもう過去の人だよ」と言うシーンは小説家を使い捨てにする業界を鋭くえぐっている。

東野圭吾は売れない時代が長い人だった。そのため出版業界にまつわる「汚い部分」を長く観察していたのでこの本が書けたのかなぁ、などと想いを馳せないこともない。

読者

Icon user placeholderCf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b175273e223e12 b768 4f8d 9a12 56e647614378330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f0264273e d8bf 4e8f 930e bd3f1a13a8afC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991014253d4 6080 4951 9119 24735184a696D822530f 2e0d 4fb0 8ccd 12258c751f12 13人

東野圭吾の本

ダイイング・アイ

ダイイング・アイ

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

交通事故で死んでしまった女。その事故に関係している人達の話。東野圭吾さんの作品は、最終的は悲しいけど、どこかで納得出来るような結末。と、思ってましたが、これは違いました。 それはそれで面白かったんですけどね。読みやすいし、内容がスッと頭に入ってきます。

12日前

3e02af49 bbde 4dd1 8171 bc6325aff0625b7bf8af a562 41ac 9a73 a75603f776fc776e79d6 57d7 4aa5 b834 95f67ddaa5e8
秘密

秘密

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b

ゆうま

手紙を題材にした小説を探していま…

事故の被害者だけでなく加害者の親族側の描写も細かくするところが著者らしい。

約2か月前

7df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91bE9e1e1d4 8e15 4321 8b86 0f221baa5bad424675cd 957e 4c65 ac25 967eb33e8f0b 33
探偵倶楽部

探偵倶楽部

507febdf cc04 4a81 879c 833275baed62

朱林きつね

朱林きつねといいます

色んな目線から書いているところが飽きが来ない! どの話も人間ドラマがよく描かれていて、どんでん返しが来るよく仕組まれたトリックも文句無しでした。文も読みやすく、すごく面白かったです。

3か月前

3c7075ea f09f 43de 9f5d 2e48b1586e1eC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249910870dad6 67f8 4f30 813d 563bc051dd0a
鳥人計画

鳥人計画

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

日本ジャンプ界期待のホープが殺された。ほどなく犯人はコーチと判明。一体、彼がどうして。一見、単純に見えた殺人事件の背後に隠された驚くべき「計画」-踏切のタイミング、空中姿勢、風圧、筋力、あらゆる要素を極限まであの男のデータに近づけよ。「計画」は極秘のうちに進行しつつあった…。拘留中の犯人が密告者を推理する、緻密極まる構成の本格スポーツ・ミステリー。

4か月前

8703bfb0 92ea 4aab 8e09 297fcdc0d8857262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d27bf5885 8aa4 43d9 b152 506c814daece 9