51wviqjuyvl

『オトラント城』はゴシック文学の先駆けであり、今日のホラー小説の原点。『崇高と美の起源』はゴシック美学をはじめて理論化した古典的エッセイ。奇跡、幻影、魔法... 続き

コメント

オトラントの城〈ゴシック叢書27〉/国書刊行会

読者

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd

文芸

新章 神様のカルテ

新章 神様のカルテ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

大学病院編。四年振りの新作というのに、読み始めたら登場人物達が脳みその奥から湧いて出てきました。 静かで遠回しな苦言とジョークをそこはかとなく吐く栗原先生に拍手喝采ですが、当の栗原先生は、そんなことしかできない力不足を嘆いている。 「真面目というのは真剣勝負」漱石好きも相変わらずです。文学的な台詞回しも素敵です。

約13時間前

作りかけの明日

作りかけの明日

5a18ee37 88c4 4116 b20f 1a2e9ceed0f7

のぶコ

吉本ばななさん大好き

三崎亜記さんの本が好きでほとんど読んでいます。「作りかけの明日」を読んで、また全て読み直したくなりましまた。

約24時間前