51wviqjuyvl

『オトラント城』はゴシック文学の先駆けであり、今日のホラー小説の原点。『崇高と美の起源』はゴシック美学をはじめて理論化した古典的エッセイ。奇跡、幻影、魔法... 続き

コメント

オトラントの城〈ゴシック叢書27〉/国書刊行会

読者

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd

文芸

殺人鬼

殺人鬼

7c1b1289 399e 445f a1a7 2eea4c2ebab4

オダギリ

村上龍が好き。ジャンルは特に。

グロいとは聞いていたけどまさか文章でなぁ〜と思ってた。舐めていた。吐き気を感じながら休み休み中盤まで読むと後は夢中になって最後まで読んだ。ミステリーとしてはそんなにかもしれないけど中々楽しい読書体験でした。

約14時間前

Icon user placeholderDf016139 7043 4074 9caf d5b04be60007D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a
謎の毒親

謎の毒親

D08f6f81 82ba 48cd ba47 f5b2c82f6fde

小色鉛筆c

出歩くときに活字を持っていないと…

これを読むことは、毒親の真の意味を、じわりじわりと、知っていく作業だった。 一見、問題のない親に見えて、子ども自身もそれを疑わず、だけど、ゆっくり少しずつ、死なない程度に毒を浴びてゆく。親も子も、毒し毒されているとは、露ほども思わない。 親にとって我が子が課題であり、子にとっても親が課題。それから、自分の物差しで他人を計ってはいけない。

約15時間前

Blue

Blue

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

「青」=「ブルー」と呼ばれた男の子の一生を、時代の流れと共に追う。 平成元年に生まれ、平成の最後に死んだ。平成の社会問題を一身に背負った人生だった。 時代の流れと共にというのが趣旨なので仕方ないけれど、流行の説明はちょっと空々しいかな。

約17時間前