51wviqjuyvl

『オトラント城』はゴシック文学の先駆けであり、今日のホラー小説の原点。『崇高と美の起源』はゴシック美学をはじめて理論化した古典的エッセイ。奇跡、幻影、魔法... 続き

コメント

オトラントの城〈ゴシック叢書27〉/国書刊行会

読者

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd

文芸

数字を一つ思い浮かべろ

数字を一つ思い浮かべろ

3e223e12 b768 4f8d 9a12 56e647614378

REO

趣味:読書、カメラ

本の雑誌で見つけて何気なく読んだ、久しぶりの本格ミステリー。メチャクチャ面白くて一気読み。 事件の導入から、徐々に明らかになっていく感じ…そうだったのか!ってなって楽しかった〜!

2日前

C9584f8f 2258 4507 a920 cb169b4ce7158817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe
ifの迷宮

ifの迷宮

Icon user placeholder

tonji

jiji

進展が遅くて、半分で投げ出す。 この作家はウンチクが多すぎ!

2日前

絶叫城殺人事件

絶叫城殺人事件

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

有栖川先生(実在)のこだわりのお陰で、目次開けただけで惚れ惚れする短編集。真相が悲しい事件が多いかも。惨めな悲しさではなくて、どこか綺麗なんだけど。月宮殿のFaxのシーンがすごくどきどきしてすき。月明かりの中、有栖川先生がひとり月宮殿を見に行く情景が綺麗です。

3日前

B1af3c18 b6d4 4350 8e97 2d5137b6b5fb05869e97 438c 425a a124 54c865af4a1f