Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51 t1kung6l

行動科学、集合知、マーケット理論、コンピュータ・サイエンスなど、最新の科学の発展は、人間の不合理な部分、無意識の部分を考慮したうえでの、直観に反する賢い意... 続き

コメント

集団の中で感じるプレッシャー、集団の中での議論の進め方、不協和音が生じる集団の関係など、本書は集団での議論の問題を一つ一つを紐解いていく。

課題解決の為に、最も効果の高い選択をしたいとする。その為には、様々な選択肢を出すと良い。偏りのある選択肢だけを揃えてしまうと、他に良い選択肢を見落とす可能性がある。様々な選択肢を出す為に、集団で意見を出し合うことが良い。

本書は上記の内容を前提として、集団で意思決定する際に陥る罠を解説する。

集団で決めようとすると、発言力の高い人物の影響、多数派の影響を受ける。すると、発言力の低い人物や少数派から異なる意見が出なくなる。

では個人で決めるのがいいかというと、そういう訳でもない。ケースバイケースではあるが、個人で決めるデメリットは、その個人が知らないことを知ることなく進んでしまうリスクがある。

読者

B07f5688 1ed2 4102 a122 8b292238f74c89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

キャス・サンスティーンの本

選択しないという選択: ビッグデータで変わる「自由」のかたち

選択しないという選択: ビッグデータで変わる「自由」のかたち

B07f5688 1ed2 4102 a122 8b292238f74c

Wataru Ono

本に読まされてる

個別化によるAI(レコメンド)を人間に受け入れてもらうには、選択肢が「個別化したデフォルト・ルール」に適している必要がある。選択する楽しみがあったり、選択に苦痛がない場合は、適さない。また、選択肢が生成されるルールが人間に信頼されることが重要。 行動経済学を深化させていく本書は、営業トーク、商品オプション、政策など様々なところに出現する選択肢を俯瞰して、「デフォルト・ルール」「能動的選択」「個別化したデフォルト・ルール」の3つの特徴と共に人間心理を探る。 選択肢は身近なものであり、特に意識することなく選択したり除外している。例えば、レンタカーを借りる時の保険。会員登録する時の利用規約への同意など。感覚で理解している人も多いだろうが、これらの選択はどう在るべきなのかを、本書は実験と論理で立証していく。

18日前