613iqitbhxl

コメント

生きてて良いんだよと優しく教えてくれる。
一人ひとり生きる事を認めてくれる。

誰かのことを思って苦しいのなら、どれだけ自分が非力でも苦しむべきだと、私は思う。その苦しみを大切にすべきだって。

自分の存在を、自分自身で力強く認めることが、一番難しいのかもしれない。他人に決めてもらったり、他人に認めてもらうほうが、安心するし、手っ取り早く、より強い判断な気がしてしまうから。

僕は未だにアイデンティティという言葉にしっくりくる日本語を見つけることができずぼやけたままだったんだけど、この物語を読んで、まだ言葉にできないけれど、なんとなくアイデンティティというものの輪郭を感じられたような気がする。
マイノリティ(社会的少数弱者)に対する、主役を取り囲む登場人物たちの様々な価値観を通した視点からのアプローチは、とても興味深く、新しい発見もあり、感動させられた。読み終わった時の感じよりも、こうして言葉にまとめている今の方が、この本の良さを感じてしまう不思議な感覚。

マイノリティというものが、社会的少数弱者という言葉でいいのかも、まだしっくりきていないけれど。。。

存在を認めること。自分という人間を愛すること。

今ここにあることについて考えて考えて、想像し続けること。

「アイはこの世に存在する」
この解答に至るまでの、長い長い証明過程の話。

西さんは「どんなに遠い国のことでも、事件や社会現象の中で自分に無関係なものは何1つ無い、ということを書きたかった」と言っていた。それをこんな視点から伝えられる西さんはやはり天才だなと思った。

「渦中にいることで語る権利を得る」という考えの傲慢さと、「渦中にいなくても想像して苦しんでいいのだ」という答えと、そこに愛があるのなら、という条件と。

ソートフルに生きなければ、と改めて思わせてくれる作品だった。

最後気づいたら泣いていて自分にびっくり。
自分にある気付かないふりをしているモヤモヤをこうして言葉にしてぶつけられたからかも。
西さんの胸に飛び込んで、ありがとう!と言いたい。今読めて良かった。

「生(生きる)」ということに、こんなにも真正面からぶつかってこられた小説は、自分の中では初めてで、読み終わった今、正直、震えが止まらない。
小説の持つ「力」というものに、すごく、すごく、驚かされました。

すごい小説が生み落とされた。「誰かのことを思って苦しいなら、どれだけ自分が非力でも苦しむべきだと、私は思う。その苦しみが広がって、知らなかった誰かが想像する余地になるんだと思う。渦中の苦しみを。」久しぶりに文章を写真に残した。2017.12

家族との関わりに悩んでいる時に、主役のアイだけでなく、登場人物それぞれの気持ちを想像しながら読みました。ズシンと心に響く小説でした。

読んでいて身につまされてきた。幸せと感謝は努力して思うことではない、そんなのそうであるけど
何故かハッとしたり。
『誰かのとこを思って苦しいのなら、どれだけ自分が非力でも苦しむべき』
見て見ぬ振りとは確実に違うこの考えは忘れてはいけないかなと思う

ひとりの若い女性なんだけど力強い!自分の存在を求めてる。

読んで本当に良かった。

シリア人の子として生まれ、裕福なアメリカ人と日本人の夫婦の養子として育てられたアイ。自身のルーツに悩み、幸福過ぎる環境を与えられたことを恥じたアイは世界中で命を落としていく人々に想いを馳せながら成長していく、という話。
とことんネガティブなアイはどん底まで突き落とされるが、最後には明るい希望が用意されている、非常に西加奈子さんらしい人間愛溢れる物語。『サラバ』ロスに陥った人にオススメ。

物語後半の
「自分に起こったことではなくても、それを慮って、一緒に苦しんでくれることは出来る。想像するという力だけで〜私の心は取り戻せる。」
という台詞が最も心に響いた。想像することの意味を考えさせられた。

一気読み
力強い文章で大好きです
他人の痛みを想像するとは「心を、想いを寄せること。」

期待通りの良作。西加奈子の眼差しには母なる大地のような母性を感じる。全てを受け入れるような器の大きさ。このような書き方は、西加奈子にしかできないだろう。

ちょっと難しい本でした。
ただ、自分だけ生きてていいのか、そうやって考えている主人公に少し惹かれた。
他人の、全然他人の知らない人の、会ったことない人の事まで考えている主人公に、すごいなぁって感心しました。

3.11の時わたしも同じような感覚を抱いたことを思い出した。
忘れてはいけないのではない。それでも私は生きていく。誰かと笑いながら。
この世界にアイは

自分を認めるって難しい。
「誰かのことを思って苦しむのなら、どれだけ自分が非力でも苦しむべきだと、私は思う。」
すごく心に残るフレーズ。
感動の余韻が残る作品だった。

読者

Fc21eabc 8710 4731 b02e 86321f277882485da432 00da 4fcd aba0 a07dc18973fa6c2012b8 e608 4961 a0b3 aa855b1a6e1fC88fe124 d7b7 4918 9e5e b1b0e3b749cf8ff30fff faff 480e 8f87 14f1a1ac0780Icon user placeholderC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bC65d0da4 f9a5 4a64 91ee ee27389bae61 224人

西加奈子の本

おまじない

おまじない

00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585

ソヤマ

大学生 22歳

まだ読んでいる途中だけど。 帯の「あなたを救ってくれる言葉が、この世界にありますように。」という作者の言葉が、この本を表しているなあと思う。 社会から生み出される「正しさ」は、確かに筋が通っていて圧倒的に正しくて、しかもこのSNS時代、国民総ライター時代には何度も何度も正しさがいかに正しいかぶつけられる。 だからこそ、正しい考え方にしんどくなってしまったり、押しつぶされそうになることがある。その逃げ場として、この本がある。 今の社会に基づいた、現代を象徴する一冊だった。

5か月前

F7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37e53aeda8b 256f 4a32 8dd7 8e9f659b34f2Cba3559f 2040 495e 911b 953916d3cd38 55
絵本 きいろいゾウ

絵本 きいろいゾウ

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585

yosshy

ただの心臓

登場人物(人ではないものも含めて)がみんな個性的で素敵で愛おしく思えてきます。それぞれがしまい込んだものを持ってる上で現在があって、表面上は見えないけどまだそれが生々しく存在してることがありありと感じられる、そんなお話でした。

5か月前

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74
サラバ! 下

サラバ! 下

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

一気に読めました。 楽しかったし、興味もそそられた。 ただ、上中下とも表装が好きじゃない。 物語は良かったよ。

6か月前

0107fc93 5315 4e72 9f9b 52cbc63bd285Icon user placeholderC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b 58