51kdhpkgxgl

これぞ、疑似科学ならぬ「疑似ファンシー」な、マンガの最先端! 月刊コミックビーム出身、超スーパーな幻のギャグ漫画家であり、 桜玉吉のアシスタントで作中キャ... 続き

コメント

なんとこの漫画内におじいちゃんが水素水でミドリガメを洗う描写は出てきません。そもそも水素水要素もミドリガメ要素もありません。なんてこった。

すごいタイトルが気になって読みました。一見ほっこりする絵なのに、セリフをよく読むと「!?」となるシーンの連続。「ユーチューブで楽して大金をGETしてオマエを大学に行かせてやれたらと思ったんだが…」という不穏なセリフから始まる「おじいちゃん、ユーチューバ―やめて。」など…。
あとがきを読んで知ったのですが桜玉吉先生のアシスタントをされていた方で、色々あってこの本を出すまでに10年以上のブランクがあったとのこと。その間何をしていたか、なぜ戻ってきたか、そして関係者への謝罪にあふれた鬼気迫るあとがき。作品のユルいシュール感とのギャップがすごいです。僭越ながら応援させていただきたい作家さんです。

読者

3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2C2ddccda cd8e 4a9f 8ada b03e408e23baAfbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535843acee9 79eb 40e9 816a 05eb45c4739c 5人

コミック

51u1z4wonul
4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

中田さんのアシさん探し 製版会社の女性の結婚 あゆちゃんのアルバイトと塾 持ち込みした漫画家さん 付録 の話でした。 今回の巻は「つながり」の話が多かったです。漫画家さんと編集者さん、アシさん。または家族。または応援してくれる人。お互いの繋がりを見つめ直す話が主軸のような気がしました。 その中でも、あゆちゃんの話はもう涙でした…。こころって、「今!」って時にパッと言葉が出て来て素敵だなぁって思います。時に詰まってしまうこともあるけれど、自分の発する言葉にちゃんと責任を持っているのが分かるし(無意識かも知れないけれど…)、吟味して発したんだなってことが分かる一面もある。おちゃらけてるようで、他人と無意識に打ち解けられるその心根の良さが魅力的! それに、塾の先生も言葉を濁さずにあゆちゃんと向き合ってくれてたのも素敵でした(最後のシーン)。 あと、付録の話は最後ほっこりできました。私も親と一緒に作ったりしたなぁと思い出しました。笑

約19時間前

E829a2b0 dcc1 4eaa 879f 53e0982a8bc78b72f30b 1e29 4ef2 bd0e 3bcc7062972870c679a8 051c 463d be3a 04f64f2a4544
51camolfocl
5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

娘が図書館から借りて来ました、時代の流れか女性の伝記作品が最近は増えたんですね。大河ドラマと同じか^_^

約21時間前

51nnkbels l
649f3f90 d3a0 4eba 8441 c5be6ac265e8

ももはる

しがない中年書店員

続けて33巻も読了。 銀魂は文字多くて小さいから夜読むのは辛い辛いと言いながら読みました。

5日前

51rmmmvac0l
649f3f90 d3a0 4eba 8441 c5be6ac265e8

ももはる

しがない中年書店員

アニメで好きだったマダオ観察日記の回と銀さんが猫になる回収録巻。 マンガで読んでもやっぱり好きだ。

5日前