61apsnxwkpl

西加奈子作家生活10周年記念作品 1977年5月、圷歩は、イランで生まれた。 父の海外赴任先だ。チャーミングな母、変わり者の姉も一緒だった。 ... 続き

コメント

西さんの10年を、これでもかと見せつけられた。
色んな伏線が、果たして下巻でどう回収されていくのかな。期待。
”僕はこの世界に、左足から登場した。”

人がもつ個性だとか、信念って、こんなにも人に影響力をもたらすのか。
とにかく濃い、とことん濃い。
大好きな一冊になりそう。

「10年間の私の成長を見てください!」という、西さんの意気込みに、非常に感動しました。
本当、この本に関しては、ぜひぜひ多くの方に活字で読んでいただきたい作品です!

個人が影響力を持つ、持つように見える現代。誰かを「信じる」こと、「信じられる」こと、そうして生きることを考えた。

この本に出会えて良かった。
と、言いたい。

全部のキャラクターに共感できる部分がありました。姉の動向が常に気になる感じでハラハラしたし、主人公はなんでそんな冷静なんだ子供なのにってツッコミたくなるとこいっぱいでしたが、次早く読みたいってなります。

★★★☆☆
はじめての西加奈子さん。正直…長い!初めはなかなか辛かったけど、途中からハマり出しました。1人の人間の壮大な人生を見たような読後感はなんだかすごくスッキリ。

まさか、最後に泣けるとは思わなかった。
人ってなんて傲慢で脆い生き物なんだろう。

自分が精一杯なんだよね。愛されたい子どもだよ、みんな

めちゃ面白い!
汚い感情とか弱い心を真っ直ぐに見つめ、受け入れ、肯定する優しい作者の眼差しを感じる。芸人さんが舞台でやってる芸事と似ている。

勿体無くて積んでいた本。
読むべき時に読み終えた感じ。
閉じて深呼吸。
凄い小説を読ませてくれてありがとうと思う。

どんどんひきこまれていきます。いつの間にか、上巻の話が懐かしい自分の記憶になってます。

西加奈子は、人間のコンプレックスの部分をよく描写する。俺は歩に似て、兄弟関係からか、自分を失くしてどの場面にも寄り添える力を持っている。須玖のまばたきはいつも、僕達よりわずかに遅く。

この世界観は何とも言えないです。

ページをめくる手が、スピードアップする。サラバ!の世界にぐいぐい惹きこまれる。主人公の微細な感情に猛烈に共感する。

まだ途中。面白い。

読者

F6cf6f38 51a6 4d63 8464 c341795ba2c943fba9de 306f 4619 a425 e02e6f1e91fc3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be0df5f4d3 7eba 4a66 a641 4541c100da51A1a7853d b225 46af a441 79d2ff2082bfE2e9bee1 56f2 4e81 a63d 5cafce33af1b96a8e0e1 9820 4301 bb8f b55f8113d71eCf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176 200人

西加奈子の本

うっとり、チョコレート

うっとり、チョコレート

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

チョコレートを切り口として、エッセイストや小説家、タレントの文章が一堂に会しました!という作品。 勉強になった。 そして、ああ人の感性ってばらばらで雑多でわけわかんなくて、 だから人と話すのは面白いんだなぁと思った。

23日前

D4139b3c 2ba4 4c30 901a 8a8f374739499c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afd20bdbde9 151e 4f80 baf3 01d3999b8546 13
炎上する君

炎上する君

9bf08c61 71ea 457c bc63 c574c7067a2c

ジュニ

サスペンス、ミステリー、推理、ホ…

”この三年間であなたが一番得意になったことは、あきらめることだ。” ”でも今、数々の「あきらめ切れなかった」事々を思い出し、あなたは不思議に思う。”

4か月前

F4203be0 41e6 49bd 8c12 dc29baeda02eEf3755db 66f1 4464 b596 09af95625a9f33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737 14
おまじない

おまじない

00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585

ソヤマ

大学生 22歳

まだ読んでいる途中だけど。 帯の「あなたを救ってくれる言葉が、この世界にありますように。」という作者の言葉が、この本を表しているなあと思う。 社会から生み出される「正しさ」は、確かに筋が通っていて圧倒的に正しくて、しかもこのSNS時代、国民総ライター時代には何度も何度も正しさがいかに正しいかぶつけられる。 だからこそ、正しい考え方にしんどくなってしまったり、押しつぶされそうになることがある。その逃げ場として、この本がある。 今の社会に基づいた、現代を象徴する一冊だった。

10か月前

E17fdca3 bb9a 4b79 a84b b5f397b43df7Icon user placeholder603338b4 baec 4f04 b1f8 a822a230aabb 66
絵本 きいろいゾウ

絵本 きいろいゾウ

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585

yosshy

ただの心臓

登場人物(人ではないものも含めて)がみんな個性的で素敵で愛おしく思えてきます。それぞれがしまい込んだものを持ってる上で現在があって、表面上は見えないけどまだそれが生々しく存在してることがありありと感じられる、そんなお話でした。

10か月前

7996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb84907e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d921554619C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b