41xwkar38gl

今まで誰も読んだことがない文学 誰も見たことがないアート まったく新しい哲学 がここにある 窓と作りつけの暖炉のほかには何もない部屋、左上には2014年... 続き

コメント

なんというか道具みたいなグラフィックノベルだと思う。この本の「使い方」は人それぞれで限りないものだと思う。
ぼくの場合は「場所」について考えるキッカケになった。地球上にその場所は一つしかないわけでそこには固有の歴史があり、それがたとえ歴史書に載るようなものでなくても確かに歴史があるんだってことが頭に浮かんだ。自分の家がある場所はこの家が建つ前は何があったのか、どういう歴史を辿ってきたのか気になった。
あとは「言葉」。ある時代の発言と別の時代の発言が噛み合うシーンなどが描かれているが、それぞれは別の目的で発せられているものであり、それが噛み合うというのは、言葉の不安定さ、不確定さのあらわれなのかななどと思った。

哲学っぽい売り文句と分厚さ、価格の高さのせいで読むのが敬遠されるかもしれないが、わりとコメディー色もあって気楽にも楽しめる。

読者

C9bfa862 ee91 4a8b 89c7 3446bbeb21174168a2e8 88f2 4b89 b224 b136732a4ddb1d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc168279727e8b0 10dd 4c31 b733 85abb59bdfbbAfbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535E0847e01 2d22 4357 9d04 e6c28170c4c87cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5 7人

コミック

おかえりピアニカ

おかえりピアニカ

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

マンガの短編集。ドラえもんのタケコプターが出てくる短編。タケコプターが使える世界で少女がタケコプターで空を飛び飼い犬を探すが、どうやらタケコプターが使えなくなる年齢に差しかかっているらしく少女も飛べなくなる「俯瞰少女」。職場がなくなるとお父さんが家族に報告する場面からはじまる家族劇。家族それぞれが何かしらの不満や問題を抱えていて、話のはじまりの方ではそれでも家族っぽくまとまろうとするけれども個々の生き方が家族の形を変えていく「ファミリー・アフェア」など、この本に収録されている短編は静かなものばかりですか、普通の世界の中にも少し面白かったり昨日と違うことがあるんだということをそっと教えてくれる、ということを感じる短編集です。

約10時間前

東京グッドバイ

東京グッドバイ

774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a8

takeharu

主に漫画についての記録を投稿しま…

タイトル、装丁から醸し出される雰囲気そのままの詩的な一冊。絶妙な清涼感、破滅的なモノローグ、なぜか癖になります。

3日前

舞妓さんちのまかないさん 6

舞妓さんちのまかないさん 6

47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

新しい仕込みさんが入って、百はなちゃんも「お姉さん」に。なかなかいい度胸した仕込みさんも加わって、ますます賑やかに! ときどきちょろっと出て来る男衆の兄さんがいい事言ってくれます。 今回の美味しいご飯は、ミートボール、ウインナーコーヒー、牛丼、お夜食ラーメン、和定食、クラムチャウダー、ロールキャベツ、バースデーケーキ、ティラミス、長いもすいとん、干し餅。

4日前

38f86b66 592c 488a b0f0 b374ac1f9fcb53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2