51ls9vwomgl

産経新聞記者時代の司馬遼太郎が、本名である福田定一名で刊行した“幻の司馬本”を、単独としては著者初の新書として刊行する。古今の典籍から格言・名言を引用、ビ... 続き

コメント

デビュー前後のこの時代はまだあの司馬さんらしい文章が完成されていないと感じました。でもやはりよく学ばれ考えられた内容で面白かったです。

読者

D0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144bEe9def6f 327c 4ccf a0fa f25ecabd77dd 3人

司馬遼太郎の本

義経〈下〉

義経〈下〉

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

絶頂から鵯級の転落を経て、最期の悪へ。 作者の一貫する「残念な子」認定に納得しつつも、やっぱり先生の書く九郎義経は魅力的。落ち行くラスト、門前での暇乞いが美しい。どうしようもない馬鹿さがその所以なのか。個人的に、平知盛の不運が破格。

約2か月前

D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b937eb9965 e75a 4437 a921 e26d592f43abD0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f
大盗禅師

大盗禅師

Icon user placeholder

Kenichi Ietsugu

司馬遼太郎さんの小説は全て読みたいが、これは途中からストーリーについて行けず断念。兵法を磨く主人公浦安仙八の夢物語

約2か月前

B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947E838e091 bdb6 4601 8377 189daf22e9eb