61gmagm0hql

誰もがみな本能的に失敗を遠ざける。だからこそ、失敗から積極的に学ぶごくわずかな人と組織だけが「究極のパフォーマンス」を発揮できるのだ。オックスフォード大を... 続き

コメント

とても良い本だった。失敗とは、失敗そのものではなく失敗から学ばず改善もしないこと。医療業界での例などがあげられていて、身近に感じる人もいるのではないだろうか。最後の方に出てきたプロジェクトが始まる時にプロジェクトの失敗を仮定する手法はとても使えそう。

 この本は、まず経営者など組織を率いる人が読むべき。組織の一部分ではここに示されていることはなかなか広まらない。
 しかし、個人としても示唆を受けることも多かった。

読者

77518169 9eb4 470a 8af0 f88a7aee25f3E4b154a8 67f3 428d b36e db3536068a87Icon user placeholder4519ff0e 0972 40a5 97c5 48e6350e3b94E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f01e6b3b6 40b7 4b8c b8dd 1e751c5863d0Icon user placeholderIcon user placeholder 13人

ビジネス

世界一やさしい右脳型問題解決の授業

世界一やさしい右脳型問題解決の授業

84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

以前読んだ左脳型?と違い、実地で何を感じるか、自分の心の中のモヤモヤから始まる問い立てが新しかった。現実は心の動きや動機づけが多きく関わるので、以前にも増してより実践的な感じ。

1日前

7c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77aIcon user placeholder0dcb5aaa d20c 4720 836d 17f4b59812cc 8