414bbd8aqil

室町幕府はなぜ自壊したのか-室町後期、諸大名が東西両軍に分かれ、京都市街を主戦場として戦った応仁の乱(一四六七〜七七)。細川勝元、山名宗全という時の実力者... 続き

コメント

「名前を聞いたことはあっても、どんなものだったか思い出せない応仁の乱を、わかりやすく解説した本」と某番組でカズレーザーが絶賛していた本。
細川・山名の対立、将軍の後継者問題、斯波氏の家督争い等が絡んでごたごたした内乱、ということまではわかったものの、如何せん華がない。丁寧に書かれているので、わかると言えばわかるが、ドラマチックさに欠ける上、戦国時代のように華々しい英雄が登場するわけでもないので、読み終わってもやはり印象には残らない。

興福寺の別当経覚と、門跡寺院、大乗院の門主尋尊、この二人の残した日記を中心として話が進められていくので、「応仁の乱」というよりは「応仁の乱時代の大和国」的な側面が強いかな。

とはいえ、個人的に室町時代大好きなので、垂涎のバラエティ作品だった。観応の擾乱とか、嘉吉の変、後南朝、明応の政変とか、この時代は一般知名度低いけど、面白い事件がたくさんあるのでもっと知られてほしいところ。

以下、面白かったことメモ。

・鎌倉期より大和国は守護が置かれていない。興福寺がその代わりを果たしていた。
・当時の京都、武家屋敷は屋敷の周囲の道路を掘り下げて濠とし、周囲の市街地込みで要塞化していた。市街戦なのに長期化した理由の1つ。
・この頃から足軽が登場し始める。
・「名を籠める」興福寺縁の寺院が一丸となって敵対者を呪詛を送る宗教的制裁(なんかスゲー)

応仁の乱の足利義政・義視、日野富子、細川勝元、山名宗全以外の登場人物を初めて知りました。

図書館返却日、200頁を読む一日。登場人物が出揃ってくると一気に読み進められる。ねほりんぱほりん「将軍の弟」回でねほりん(CV南キャン山里亮太)「えーっ西軍についちゃうのぉーーー!」が印象的でした(放映いつされるのかしらん)。

何故どのように始まって結果がどうだったのかいまいちはっきりしないこの乱を扱った新書なのにめちゃくちゃ売れてるというので興味を持ち、帰省のお供に買ってみました。
何より驚いたのは読み易いことで東京と奈良の往復かけて読もうと思ってたのに片道でほぼ読み終わるという誤算が…読み易さの主な原因は興福寺の高僧二人をいちおうの主人公めいた位置付けにしていることかな。複数の有力な守護大名の内紛が絡み合ってなんとなくダラダラと続いたこの内戦の流れを追い易くしてある。
室町幕府がこの乱で実質的に崩壊し戦国時代の幕開けとなった、くらいにしか教科書では扱われてないこの乱。必ずしも幕府がこれで滅んだわけでもないのだが…当時の体制全体が限界に来ており新たな社会構造に生まれ変わるためのマグマの蠢動のようなものっだったのかな、という感想を持った。確かに凄く売れてるだけのことはあってなかなか面白かった。

読者

421b7531 6270 43bb 98c1 c6004cdc45c8Icon user placeholder95ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093B0441dfe 37c1 46c1 8e6a ae2b4b5865171ce180bd be6c 4fa0 aff8 b50c818038235965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b 38人

新書

読書力

読書力

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0

菜奈

生きてるうちに出来るだけ多くの本…

課題で読まなきゃならない本だったけど、読み進めていくとなるほどと思わされ、本という物について改めて考えさせられた。 それから本を読むときの姿勢が変わった。

4日前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Icon user placeholderBe2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa3 42
系統樹思考の世界

系統樹思考の世界

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

standで気になって手に取ってみたが思う以上に難しく歯ごたえありな内容。系統樹はなんらかの発想法に使えるかな?と思ったけど、「教科書としての理解」にはまだまだこちらの知識が必要だなあ。

12日前

4976b151 097c 43d7 896b 58281275a51d07acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65890882a8fa e055 408a aaa9 a81db4c11e6e
男性論 ECCE HOMO

男性論 ECCE HOMO

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c

ハイパラ

週に1冊、年間で50冊くらいは読…

テルマエロマエ、大好きな漫画です。男性論でありながら、日本論でもあります。自分自身で時間をかけて、オリジナルの辞書を作り上げていく。そしてその辞書を持って、外に飛び出してみる。場所としての外というだけではなく、想像力を駆使して自分の世界の「外」に出てみること。痛快さが良い。

14日前

46180684 68a3 4ac7 9a96 28c49e42800dIcon user placeholderIcon user placeholder 11