Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51kzt4zchyl

【文学/日本文学小説】黒田みつ子、もうすぐ33歳。男性にも家庭にも縁遠く、一人で生きていくことに、なんの抵抗もないと思っている。ただ時々、迷ってしまうこと... 続き

コメント

私の人生って、つまんない?正直に答えてよ、A!──おひとりさま満喫中な32歳独身みつ子と彼女の脳内にいる「A」。この2人のやり取りが面白かったり共感したり。
ある種の恋愛哲学本かもしれない。
語尾にハートマークをつけるような喋り方をすればいい、という「A」のアドバイスはなるほど!と思った。男でも女でも、自分に向けられたハートマークは嬉しい、っていうの。
これから私も語尾にハートマークをつけることを意識しよう(♡)

一人が一番心地いい、と思いつつ、そんな自分に焦っている人にぴったりな作品。

自分で作り上げた脳内人間"A"に励まされたり、諭されたり。ちょっと病的にも思えるけど、とんだ妄想癖、と切り捨てられず、ちょっと感情移入しちゃう可愛さがある主人公。
オレンジジュースはなくても死なないけど、あると嬉しい。水のごとく、私にはこの人が必要!でなく、オレンジジュースのような気持ちでもって他者に臨めたら、きっと楽。2017.2

「ううん、多田くんは何も悪くなくて。
自分が根本的に人を必要としていないことがショックだったの。
人と一緒にいるのは楽しい。気の合う人だったり、好きな人ならなおさら。
でも私にとっての自然体は、あくまで独りで行動しているときで、
なのに孤独に心はゆっくり蝕まれていって。その矛盾が情けなくて」

主人公のみつ子とは年齢は違うものの、ひとりが楽で、自分から恋愛に距離を取っている、そんなところが似ていて、とてもスムーズに読めました。
心がすっと軽くなるAの言葉が心地よい。
みつ子が涙を流すのと一緒に、私も涙を流しました。

明日から私も語尾にハートマーク付けてみよう!(♡)

私と脳内のAとのやりとりにはくすりとなるところや共感できることがたくさん。
綿矢りささんは残念なこじらせ系の女子を書かせたらピカイチだなって思う。

独りでいることに慣れて 人との距離感に戸惑い そんなときに 脳内人間「A」がいつも側にいて アドバイスくれたり 慰めてくれたら 生きやすいのはすごくわかる
だけど弱い人間のままでいたら それがなくなったときに どうしようもなくなってしまうから 少しずつでいいから 強くなっていかなければと思います

読者

Icon user placeholderAc547423 9cab 40b9 ae31 b05c9c0f480eF4887ac7 757f 4a17 b005 ef2d9ddeb08538aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a215e4964f7 2747 42fa b8c8 4bd948e9437bAd47faf1 f79d 468f 9bd2 444ce25056feB8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e6df80f6b 2edc 4384 ac11 0ab9c8d2fc7c 21人

綿矢りさの本

41zpw07b7yl

蹴りたい背中 綿矢りさ

Icon user placeholder

ふか

日本 北海道

主人公の気持ちがわかるような、わからないような… でも、心に染みるものがあった。主人公の心や主人公が見た物の表現が良かった。好きな作品。

約1か月前

04b3ec22 7468 4a40 83b4 4ace156b43fbC9bb437b d9e8 48f6 8ade b4e97d008f76E0ad993d 295b 4d2b b936 cc56c26edbe2 10
410%2bx1mpwyl

憤死 綿矢りさ

Be3807a6 ec38 42ae b99b 14e7294097de

kiyora1028

小説が好きです。

綿矢りさの短編集。 短編4つ全部が、小学生時代の不思議な体験から始まって、大人になってそれを思い出すっていう話の流れだったのはわざとなのかな。 子供時代から大人までみたいに、描かれている時間が長い作品は、 短編だと読み終わったあとにもの足りなくて、もっとこの物語読みたかったなーって思うことが多いんだけど 今回の4つの短編は読み終わった後に、この物語はこの長さで完結してるから面白いんだなという謎の満足感があった。 多分、物語の大事なシーンとそうでないシーンで描写の細かさが、絶妙なバランスで混ざっててるからかなと思った。 うーん、なんでだろう。

5か月前

7c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef48b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd96988
41dzamgmqll

ウォーク・イン・クローゼット 綿矢りさ

35b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438

mou

Stand始めました。

(ちょいネタバレあり(?)の感想です) 先日、綿矢りささんの「ウィーク・イン・クローゼット」を読みました。 二つ話が収録されてるんですが、「いなか、の、すとーかー」は、最終的に真っ当なオチにたどりつく、「世にも奇妙な物語」っぽい(?)話で、タイトル作の「ウィーク・イン・クローゼット」は、その時々で服装を変え、いろんな男の人とデートをし、彼氏を探してる女性が主人公の話で(去年放送された、「ゴロウデラックス」の中で紹介されてました)、読む前は、嫌な感じの女の人の話なのかなあと思いきや、意外とそうでもなく、アラサー女子の青春小説といった印象を受けました。 しかし、綿矢りささんは、純文学の作家から(なにをもって純文学とするのか基準はわかりませんが・・・)、エンターテイメント作家として、成長してる気がしました。

8か月前

Abac7821 ba1f 4b12 a824 e026a5559b3907895c62 8b09 41e2 bf35 ea148408d3367afc49fd 4299 4bf6 8c4e a0e5167998fc